経ヶ岳(大野市・勝山市)【後編】

(前回のつづき)

中岳から経ヶ岳を目指します。

いやあ下るねえ~・・そんなにくだらなくてもいいんだけど,思いっきり下るんですわ・・幸いにも本日の僕のお腹の調子はよく,まったくくだらなかったわけなんですけど(そんなことはどうでもいい)。

s-IMG_5494.jpg

ロープ場もあったりしてなかなかの急な個所もあります。帰りにはまたここを登らなきゃいけないわけだな・・ほんとに刺激的なコースだわ,この山。

切窓とよばれる鞍部でスマホの山旅ロガーを見ると標高は1384mとの表示。GPSには結構誤差もあるんだけどやはり事前の情報どおり240mの直登!ちなみに僕のホームグランドである三床山の標高は279mですから(笑)

s-IMG_5497.jpg

笹藪の急登をゆっくりとゆっくりと登っていきます(道ははっきりしています)。
他の方のブログによるとここは福井県三大急登のひとつなんだそうで・・・ただちょっと調べてみたんだけど他のふたつがどこなのかは判明しなかったw(ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。荒島とかかなあ・・)
ちなみに,僕の登った福井県内の山で疲労度の高かった登りは銀杏峰と日野山のふたつ。人によって得意なコース苦手なコースがあるようですが(たとえば白山と三の峰と荒島岳のどこがキツイかってのも人によって意見が分かれる),この二つの山はぼく苦手です。銀杏峰はびっくりするような急登ではないんだけど,なんでだろうなあ・・・まったくペースが上がらなかったんだよなあ。同行のMくんも銀杏峰はもう二度と登りたくないと言ってたのでなんか似た者夫婦なのかも(いや僕はモーホーじゃありませんけど)


話をもとに戻します。
天気予報ってあたるんだね~こういうときだけ。雨ばぽつぽつと・・風も強くなってきます。急登+雨+風の三重苦。しかしここまで来たらピークを踏まないわけにはいかないだろう。

s-IMG_5501.jpg s-IMG_5505.jpg

ところどころに設置されているロープがほんとうにありがたい。
何度も何度も立ち止まり息を整えます。
雨を受けながら,息を切らしながら少しずつ少しずつ登っていくのです。

中岳を出発して35分。

ついに山頂に到着です!
いやあこの達成感はなかなかのもんですよ。

s-IMG_5507.jpg
経ヶ岳山頂(1625m)

県境を除くと福井県で一番高いところがここなのだそうで。
もちろん僕は三角点を探すわけですが・・・付近には見当たらない。三角点ハンターの僕としては三角点を写真に収めないわけにはいかないので,山旅ロガーを確認すると,どうも三角点はもう少し進んだ笹薮のなかのようです。三角点依存症の僕は藪の中にはいり少しだけ探してみますが,あいにくの風雨により泣く泣く断念しました。

s-IMG_5508.jpg
奥にうっすら見えるのは白山かな・・白山だと言ってくれ!

s-IMG_5511.jpg
先ほど通過してきた中岳,杓子岳

s-IMG_5518.jpg

なお,山頂でも携帯の電波はバッチリでした。LTEまで使えるって・・・俺の自宅では3Gしか使えないのに(泣)
さて,雨が強くなるまえにさっさと下りましょう。ここでデジイチをバッグにしまいます。どんな急登でもデジイチだけは首から下げたまま登るこの僕ですが雨でデジイチをおしゃかにするほどの甲斐性は持ち合わせていないのです(いちおう保険はかけてあるけど)。

足元も濡れてきているので慎重に下っていきます。何度かすべって尻もちをついたりもしたのですが・・ステッキ持って来ればよかったかなあ。
杓子岳を超えたあたりで雨が強くなってきたため,やむを得ずカッパを着用。泊まりがけの縦走なんかと違ってあとは下山するだけなので濡れ鼠になってもいいやと思っていたのですがさすがにカッパがないとちょっと耐えられないレベルの雨。カッパを使ったのはこれが2度目・・・たまには使ってあげないとカッパくんもすねちゃいますからね。

さらに下っていくとどしゃ降り状態になりまして(笑)コンタクトレンズにしてきてよかったよ。・・・あとは雨中行軍。自衛隊の訓練さながら,あるいは体育会系のトレーニングかってくらい二人とも無言でもくもくと下山します。脇目も振らずにひたすら歩くのみ。もうこうなったら山を楽しむというよりは作業ですよ,作業。登山道が川のようになっちゃってる個所もあったりして・・・写真など撮る余裕も全くありませんでした。途中,2つのパーティとすれ違ったんですがたぶん大変なことになっていたんじゃないかと・・

無事下山できたことを神様に感謝しつつ(無神論者ですがw),今回の山行を振り返ってみると・・残念ながら天候には恵まれませんでしたがなかなかいい山だったと思うよ。
秋にでも三角点を探すために(笑)リベンジしたいと考えております(帰ってからブログで調べたら三角点はやはり笹薮の中にあるようだ)。

そして,ザックカバーを買おうかと今悩んでいる最中(ザックカバー持ってねえのかよ!)

ちなみにこのレベルの山に登る人のほとんどは山頂で昼食を。ってな感じのようなんですが,僕の場合,ひとりで登る場合はたいてい早朝から登って午前中のうちに下山し,昼食はその土地のおいしいものを食べる(あるいは自宅で昼食)っていうパターンなのであります(こういうプラン,相方は驚いていた)。山頂で食べるごはんもおいしいけど,たいていコンビニおにぎりとかカップラーメンなんだもん(いやそういうものも山頂で食べると美味さが倍増するんだけど)。

今回の記事,字が多くてスミマセン・・

【実績行程】
林道登山口06:06
保月山山頂06:45(休憩6分)
杓子岳07:20(休憩10分)
中岳07:45(休憩3分)
経ヶ岳山頂着08:22
経ヶ岳山頂発08:40
林道登山口10:05

登り:2時間16分(休憩19分含む)
下り:1時間25分(休憩3分含む)
歩数:約20,300歩
標高差:約720m
歩行距離:7.3km




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック