北岳・間ノ岳2泊3日(その8)

これまで8回にわたってお送りした(そんなに細かく分割しなくてもいいんじゃねえか!とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。スミマセン)北岳・間ノ岳登山の山行記も今回で最終回を迎えることになりました(たぶん)。これだけの長編になったのはハワイ旅行以来であります。それくらい今回の山行は久しぶりに思い出に残る素敵な出来事だったのです(今になって思えば,ですけど)。



s-IMG_0278.jpg
八本歯のコル

さて,八本歯のコルに到着したのが6:38。北岳山荘から約1時間30分。ここまではそれなりのペースできました。僕らが乗れそうな帰りのバスは10時と12時30分広河原発。
道標のコースタイムどおりに歩けば10時のバスにも間にあっちゃうかも!登りではもうヘロヘロのおばはんも下りは得意なわけで。白山でもおばはんがすげえスピードで下りて行くもんだからあまり下りが得意でない僕はついて行くのがやっとだったんです(おばはんは白山でも登りで死んでたけどw)

このころには北岳方面は完全にガスの中。
まだ僕らは運がよかったほうかもしれません。なんとか午前中は天気がもったんだから。

ここからはハシゴの連続。20以上はあったんじゃないかな。

s-IMG_0285.jpg
八ヶ岳(左奥)も見納めです

だいたいは,前向きで下りましたが怖くて後ろ向きになって下りたハシゴもいくつかありました。僕,ビビリ君なので思いっきりへっぴり腰で下るワケでありまして,あまり人には見せたくない姿。

s-IMG_0291.jpg

この辺りから登ってくる人とすれ違うことが増えてきました。みんな死にそうな顔で登ってきます。
「いやあこんなところ絶対登りたくないよなあ」って小さな声でつぶやいたら,登ってくる人に聞こえちゃったようで「いや,ホントにつらいですよ。ハハハ」って。

ハシゴ銀座を終えるとガレ場に出ました。
道標を見ると

s-IMG_0292.jpg
広河原まで3時間

えっ。デジャブ?
さっき八本歯のコルでも広河原まで3時間って書いてあったと思うんだけど・・・これには一同憤慨します。いやいやいやそれはないよ~。
左には北岳バットレスと呼ばれる大岩壁があるのですがガスってあまりよく見えません。

s-IMG_0284.jpg

ここからの落石が多いらしく北岳山荘でも落石に注意してくださいと言われました。まあ注意してても落ちてくるものは落ちてくるわけで・・

しばらく休憩して出発します。
このころになると高山病から回復したマスターは絶好調中畑清です!状態。足取りも軽く口も動くようになってきました。

s-IMG_0294.jpg

しかし,逆に僕の調子が上がらない。昨日の間ノ岳ピストンが効いたんかなあ。いやもともとこういうガレ場の下りって特に嫌いなんだよな・・・何度も何度も立ち止まります。足にキテマスキテマス。

何度も休憩をとりながら,ある程度下りたところで後ろを振り返るとこんな感じ。

s-IMG_0305.jpg
この右奥が北岳バットレス

何度か雪渓をトラバースし,

s-IMG_0302.jpg s-IMG_0306.jpg
こういうところではストックがあったほうがいいね(今回は僕は置いてきた)

なんとか二俣分岐に到着(8:36)。
八本歯のコルからここまでなんと2時間もかかってしまったよ・・・orz

s-IMG_0308.jpg

この分岐点にはチップ制トイレがあります。僕としたことが迂闊にもトイレは使用しなかったので今回はpopさんのトイレレポートはありません。
ここから広河原まで2時間だそうで・・・これじゃ10時のバスには間に合わねえな。うん。もうゆっくり行こうぜ。

しばらく歩くと雪渓が消え,沢になります。
一旦,沢を渡り,

s-IMG_0313.jpg

ここからは樹林帯を歩きまぁす。

s-IMG_0316.jpg s-IMG_0321.jpg

もう一度沢を渡り返し再び林の中を歩きます。

そして,しばらくしてちょっとした事件が起きました。

前を歩くマスターは高山病から解放され相変わらず絶好調中畑清です!状態。
・・・そこが落とし穴でした。

調子に乗って丸太でできた橋を歩いているときに,僕の目の前でつるっとすべって後ろにひっくり返り・・そのまま橋から落っこちたのです。おばはんの「キャー」っていう悲鳴があたりに響き渡りました。

すぐに駆け寄った僕がなんとか橋げたにつかまり落ちないように耐えているマスターを引っ張り上げ,事なきを得たのですが・・・
いやいやいや。ホントにびっくりしましたよ。それほど高さはなかったんですがあのまま落ちていたら,山行の前日にみんなで加入したmont-bellの野外活動保険を使う羽目になったかもしれません(遭難してヘリとか呼ぶと1分1万円だとか1回100万円だとかいろんな噂があるため今回保険に加入したのです)。
もうね,マスターは一生僕に頭があがらないはずだ(・・と思ってましたがただの笑い話で終わってしまっているww)

ふつうに歩いていればなんの危険のないようなところでもこういうことってあるんですな。最後まで気を抜いちゃいけないよ。という見本のような出来事。

まもなく,この長い物語も終わろうとしています。
しかし,いったい何人の登山者とすれ違い,何人の登山者に追い抜いてもらったのだろう?この下りだけで少なくとも100人以上と出会ってると思います。
すれ違うために,あるいは追い抜いてもらうために立ち止まる時間もすげえ多かった気がします。

s-IMG_0329.jpg
白根御池分岐(10:38)

白根御池小屋から下りてきた人もたくさんいて,ここで合流です。
この分岐まで来たら,広河原まではあとは20分ほど。
さすがにホッとします。しかし油断大敵。さっき目の前で大けがをしかけたオッサンを見ているものだから特に気を引き締めて行かないと。
こういうところで気を抜くのが怪我のモトなんだよね。
慎重に,慎重に下っていきます。

そして,

やりました。
ついにやりました。
快挙です。ニュース速報を流したくなるほどの。

われわれは無事に帰ってきたのです。
このヘタレメンバーがやり遂げたのです!


s-IMG_0332.jpg
広河原山荘(11:04)

吊り橋を渡り・・広河原バス停に到着(11:08)。
不覚にも感動してしまった。マジで,広河原山荘が目に入ったときの感動と言ったら,北岳山頂に到達したときよりも,雨の中びしょぬれで泣きそうな状態で北岳山荘に到着した時よりも,間ノ岳山頂に到達した時よりも,朝日に映える富士山を見た時よりも・・何倍もうれしかった。こんなにうれしいことってあるんだと。この感動はとても口では言い表せません。思わずおばはんと抱き合ってキスをしてしまったのです(もちろんウソ)。
そして「やっべ。広河原やべぇ。広河原半端ねえ」って北岳山荘で富士山を見ていたギャルのように叫びたくなったのです(これもウソ)

いやでもね,マジメな話・・この達成感,満足感は半端ねえっ!
20数年ぶりのアルプスと泊りがけでの山行(オッサン3人&素人のようなおばはん)って考えてみると結構無茶なところもあったような気もするけど・・それだけによろこびもひとしおなのです!

【実績行程】
1日目敦賀発06:05
広河原バス停14:11
白根御池分岐14:40
白根御池小屋着17:08(泊)
2日目白根御池小屋発06:13
小太郎山分岐09:16
北岳肩ノ小屋10:47(昼食)
北岳山頂12:09
北岳山荘着13:10
北岳山荘発14:10
間ノ岳山頂15:30
北岳山荘16:50(泊)
3日目北岳山荘発05:13
八本歯のコル06:38
二俣分岐08:36
白根御池分岐10:38
広河原バス停11:08
敦賀着19:58


(1日目)
歩行時間:2時間58分(休憩含む)
歩数:約9,800歩
歩行距離:2.9km
標高差:730m 
(2日目)
歩行時間:10時間37分(休憩含む)
歩数:約28,700歩
歩行距離:9.0km
標高差:950m
(3日目)
歩行時間:5時間55分(休憩含む)
歩数:約17,500歩
歩行距離:6.0km
標高差:1460m

※標高差は当日の最高点と最低点の単純な差で累積標高差ではありません


えっと・・・


また亀仙人を使ってしまった・・汗

スマン。
まだ書き足りないことが有るんだよ。


(もうちっとだけつづく)



この記事へのコメント

  • あぶらがに

    いや~ お疲れさまでした。
    そして無事の帰還、おめでとうございます!
    山の苦しさと楽しさがダイレクトに伝わってくる記事で
    楽しめましたよ。
    山中のテント泊はしたことがないので、興味はあるのですが、
    雨だと本当に大変そうなので、やっぱり止めときます(^^;
    今回の記事でpopさんの逞しさを知り、好きという気持ちを
    押さえられなくなりそうです♥(ウソ)
    2014年08月14日 00:51
  • poptrip

    >あぶらがにさん

    いやあ,たくましいだなんてとんでもない。
    ひ弱で虚弱体質だからこんな泣き言ばかりの記事になっちゃったんですよ(笑)
    テントも楽しいですよ~(←今だから言えるw)
    2014年08月15日 07:21

この記事へのトラックバック