Playback 80's & 90's 黒部五郎・双六・槍ヶ岳5泊6日(1991/7/25~7/30)

ここ最近山に登ってないので(週イチで山に登らないと最近山に登ってねえなあって思っちゃうのはもうバカとしか言いようがないですな。まさにジャンキー・・),Playback 80's & 90'sシリーズでお茶を濁します。

大学3年生の夏に登った,折立からの黒部五郎岳・双六岳・槍ヶ岳縦走といういわゆる西銀座ダイヤモンドコースです(この呼び方は表銀座,裏銀座と比べてあまり一般には浸透していない。僕も今回このブログを書くためにいろいろネットを見ていて初めて知ったw)。男性4人,女性1人の厳選された5人パーティでの山行です。

黒部五郎岳(くろべごろうだけ)は、富山県富山市、岐阜県飛騨市及び高山市にまたがる飛騨山脈の標高2,840mの山である。別名、中ノ俣岳(なかのまただけ)、鍋岳。黒部五郎岳は富山県側、中ノ俣岳は岐阜県側の古来からの名称。日本百名山及び花の百名山に選定されている。(wikipediaより抜粋)

槍ヶ岳については別の記事を参照のこと。

【1日目】
JR名古屋駅 電車 JR富山駅(泊)


富山駅で寝るのは2回目。駅ってトイレもきれいだし便利なんすよね。

【2日目】
JR富山駅 車(セダン) 折立⇒太郎平キャンプ場(⇔薬師平)


太郎平までは雲ノ平へ行ったときと全く同じコース。

【3日目】
太郎平キャンプ場⇒黒部五郎岳(2839.6m)⇒黒部五郎小屋キャンプ場(泊)


s-SCN_001501.jpg

s-SCN_001502.jpg

s-SCN_001503.jpg
黒部五郎岳山頂 なぜか3人とも同じ色のカッパなのですw


【4日目】
黒部五郎小屋キャンプ場⇒三俣蓮華山(2841.2m)⇒双六岳(2860.3m)⇒双六キャンプ場(泊)


s-SCN_001601.jpg

s-SCN_001602.jpg
双六岳山頂

天候にはあまり恵まれなかったようで,残念な写真が続きますが・・

s-SCN_001603.jpg
槍・穂高連峰

どこで撮った写真なのかというメモすらも残ってないんですよ・・


【5日目】
双六キャンプ場⇒槍ヶ岳山荘キャンプ場(泊)⇔槍ヶ岳(3180m)


s-SCN_001701.jpg
笠ヶ岳

s-SCN_001702.jpg

先頭を歩いているのが僕。傘も持ってきてたんですね~
この時使用していたザックを去年の北岳・間ノ岳でも使用したという(爆)
当時使用していた道具で今でも現役なのはさすがにこのザックだけです。
あ,いや・・昭文社の山と高原地図も現役だww

s-IMG_0029.jpg

当時の地図は,今と比べると山の標高が微妙に違っているのが興味深いですよ。大体の山が20~30cmくらい変わってますからね。測量技術が進歩したからなのか地形が変わったからなのかは分かりませんが。

s-SCN_001703.jpg

この厳選されたメンバーには写真好きな人がいなかったようで(ぜんぜん厳選されてねえじゃねえかw),あまりいい写真が残っておりません。槍ヶ岳山頂の写真すらないという(笑)

あ,先日木曽駒(宝剣岳)に登ったときにひしひしと感じたんですけれどもう槍ヶ岳なんて今の僕には怖くて登れましぇん。登りたいとも思いませんな。槍ヶ岳は見る山なんだよ!(負け惜しみ)


【6日目】
槍ヶ岳山荘⇒槍平⇒新穂高温泉(湯) バス JR高山駅 電車 JR名古屋駅



ほぼ同じルートのヤマレコの地図を張り付けておきます(薬師,水晶はパスして双六に登ってるところが違います)




この記事へのコメント

  • nippar

    駅で寝る!??(((゚Д゚)))床にゴロンと???

    前から言おうと思ってたんですけど、動く電車とかがかわいい♪
    右から左に動くのがアレですけど^^;
    しかし、物持ちいいですね~^^
    2015年07月09日 10:03
  • poptrip

    >nipparさん

    今風にいうとSTB(ステーションビバーク)ってやつですよ。
    いちおうマットを敷いてその上に寝ました。シュラフの中に入ってたのかどうかは記憶にありませんが,僕が学生のころの夏山シーズンにはすごくたくさん駅で寝てる人がいました。今はどうなのかわかりませんが。

    物持ちがいいというか,物を捨てられない性格なんですよね。
    2015年07月09日 21:37

この記事へのトラックバック