常念岳・燕岳2泊3日(その5)

山小屋の朝は早い。
朝食は5時。4時20分に自然に目を覚ましますが辺りは真っ暗。とりあえずヘッドライトをつけてトイレへ。ええ,寝起きうんこです。暗闇でうんこです。小屋泊まりでもヘッドライトは必須ですからね!

部屋に戻ってしばらくして4時40分ごろパッと部屋の照明が灯りました。

5時になると主人の朝食ができましたよ~という声。
ぎしぎしと音のする廊下を通り階段を下りて食堂へ。

朝食はこんな感じ。

s-IMG_2820.jpg

うめーよ。こんなメシが食べれるのは小屋泊まりの特権。ちょっとしたブルジョワジー気分も味わいます。やっぱ自炊にはどうしても限界がありますからね。

本日の昼食も,この小屋で弁当を注文しておりまして朝食の時にお弁当を渡されました。

過去に小屋泊まりをしたこともあるんですがすべて素泊まりだったため山小屋のメシってはじめてだったんですが,さすがにこんなの食べたらもうアルファ米なんて食えねえよな・・・

さて,朝食をとったらイベントが待っております。
小屋の主人の案内で牛首展望台と言う所まで登って朝日を浴びる槍ヶ岳を見に行こうというものなのです。実は長老がわざわざ大天井ヒュッテを宿泊地に選んだ理由はこのためだったのです。

s-IMG_2824.jpg

外気温は2℃。

s-IMG_2828.jpg

牛首展望台まではなかなか急な道を登って行きます。

s-IMG_2833.jpg

10分ほどで展望台に到着・・

s-IMG_2836.jpg

ガスっちゃってて,うーんて感じだったんですがね。

しばらく待っていたら・・・

キタ━━━━ヽ(☆∀☆ )ノ━━━━!!!!

s-IMG_2845_1.jpg
雲海と朝日を浴びる槍・穂高連峰

s-IMG_2857_1.jpg
中央アルプス・木曽駒ヶ岳

s-IMG_2858_1.jpg
北岳・間ノ岳・塩見岳

このときのことが大天井ヒュッテのブログにも書かれています。あ,僕もそのブログの写真に写りこんじゃってました。テヘヘ。

宿の主人に小屋の前で記念写真を撮ってもらい燕岳へ向けて出発です(6:32)。

s-IMG_2868.jpg

さよなら。大天井ヒュッテ。
苦労してここまで来た甲斐があったよ。

s-IMG_2878.jpg
このピークが牛首展望台です

大天井ヒュッテは鞍部にあるため,ずいぶんと登らなくてはいけません。
きのう大天荘から350mも下ったんだからね・・

s-IMG_2897.jpg s-IMG_2887.jpg

大天井岳の西側を巻いて行くルートは地図には「クサリ場の連続」と書かれておりまして・・うん。スリル満点じゃないっすか。

s-IMG_2909.jpg s-IMG_2919.jpg

昨日,マスターが滑落しかけたのを目撃してからまだ僕は恐怖心が抜けず,慎重にビビリながら登って行きます。しかし張本人のマスターは死にかけたくせに何事もなかったようにけろっとしておりまして(笑)
また心配されていたおばはんは,どうもこういうところが得意なようで楽しそう・・・

s-IMG_2915.jpg

左手にずっと槍ヶ岳や裏銀座の山々を見ながら険しい道を進んでいきます。

s-IMG_2913.jpg

s-IMG_2932.jpg
双六岳・三俣蓮華山・鷲羽岳・水晶岳

双六,三俣蓮華,鷲羽岳は登ったことがあるんですが水晶岳は登ったことがないのでいつか行けるといいなあ・・・

50分ほど歩くと前方の視界が開けて

s-IMG_2936.jpg
燕岳(奥には鹿島槍,白馬岳)

の姿が拝めるようになりさらに安曇野方面には

s-IMG_2934.jpg
見事な雲海

が広がっておりました。
これはいいわ!

s-IMG_2938.jpg

分岐到着は7:32。
ここまでくると燕方面から登ってきた人たちの姿がちらほらと。
みんな大天井・常念方面へ。槍ヶ岳方面へ行く人はいなかったなあ・・
ここまで来ると危険な箇所はもうありません。

s-IMG_2945.jpg s-IMG_2947.jpg

分岐から30分ほど歩いた頃でしょうか・・・
いつもカラビナで腰につけているデジカメケースががないことに気づきました。ガーン。コンデジとモバイルバッテリーがはいってたんです。
どこかで落としたんだろうか?大天井ヒュッテに忘れてきたんだろうか?

とりあえずザックをフジシマくんにあずけて先に行ってもらい分岐まで戻ってみることにしました。走るように分岐まで戻りますが・・見当たらねえ(泣)
電波が安定したところで大天井ヒュッテにも電話してみることにして,再び燕方面へ走ります・・・泣きながら(ウソ)

s-IMG_2955.jpg

なんとか戦列に復帰。

s-IMG_2979.jpg

s-IMG_2984.jpg
蛙岩

s-IMG_2988.jpg

s-IMG_2998.jpg

燕山(えんざん)荘到着(10:18)
大天井ヒュッテから約3時間45分。標準コースタイム4時間5分を上回るという奇跡が起きました。だいたい僕はカメラ探しに余計に歩いてるんですよ・・

写真にはあまり写っていませんがたくさんの人がいました。100人近くいたんじゃないかなあ。土曜日でこの晴天だもんね・・・御嶽山にもこりゃあ人がたくさん登るはずだって。

s-IMG_2994.jpg
槍ヶ岳方面(ちょっと雲が出てきたかなあ・・)

s-IMG_2997.jpg
燕岳も目の前


(つづく)



この記事へのコメント

  • nippar

    う~~ん!すばらしい~~~!!こんな素敵な写真をありがとうございます!!
    山の学校っていうのがあるんですね^^子供が大きくなったら一緒に登りたいなぁ~。
    2014年10月03日 10:21
  • poptrip

    >nipparさん

    山の学校ってのは僕も知らなかったんですが,あの子供たちはたくましいですよ~。クサリ場とかも楽しかったって言ってましたからね。

    夏は暑いし午後からはたいていガスってくるので秋の山登りはオススメです。熊がちょっといやらしいですけど・・
    2014年10月04日 07:43

この記事へのトラックバック