三床山#9 「古里をのろしでつなごう」

久し振りの三床山(みとこやま)。

この日は古里を”のろし”でつなごうというイベントがあったのです。地元壮年会の一員として参加しました。
イマイチこのイベントの全貌は見えないのですが滋賀県の小谷城から福井県の玄蕃尾(げんばお)城を経由して県内の約40の山(主に山城のあったところ)を”のろし”でリレーしていくというものです。三床山までのルートは,
玄蕃尾城⇒疋田城⇒衣掛山⇒天筒山城⇒鉢伏山城⇒燧ケ城⇒ホノケ山⇒杣山城⇒日野山⇒村国山⇒三床山城
となっております。他にもいくつもルートがあり,最終的には刈安山がゴール。

三床山にはその昔,御床山城というお城(といっても天守閣などはない)があり,南北朝争乱のときに北朝方の大将である斯波高経が一時期立て籠もったという記録があるそうです。最近鯖江市の文化財に指定されました。

さて,荷物もあるため集合した約30人がクルマに分乗し,林道を登って行きます。このコースは「登ってみねのふくいの山」には紹介されていないルートです。

s-IMG_3494.jpg

ため池を過ぎ,

s-IMG_3490.jpg

イノシシ除けのゲートを通り進んでいきます。

s-IMG_3483.jpg

この林道は20年くらい前に鯖江駐屯地の陸上自衛隊が作った道だそうです。施設中隊なのでこういうのが訓練も兼ねていたのかもしれません。

s-IMG_3482.jpg
林道終点(標高165m)

林道終点には車が数台停めれるスペースとベンチがありました。

能郷白山で肩ベルト切れてしまったホームセンターみつわで購入した1,039円のナップサック。



ヨメの手による修理も完了したのでそれを背負って登って行きます。僕の登山用の服は洗濯中のためジーンズとスニーカーというカジュアルな装いです。杭や竹の棒などのろしを立てるためのの荷物も運びます。

ずいぶんとクルマで標高を稼いだので歩き始めて20分ほどで山頂に到着。

s-IMG_3478.jpg

ちょっと霞んでますが白山も見えます。

s-IMG_3454.jpg

あれが荒島岳じゃねえか,いや経ヶ岳じゃねえか。あれが部子山だな,そんであれが冠山だろう。などとみなで見える山々を同定。まあ結局どれがどの山なのかよくわからなかったんですが。

s-IMG_3457.jpg
奥に見えるとんがった山は冠山だと思う

さて,のろしをあげる準備をします。
まあ,のろしといっても発煙筒なわけで。杭を打ち,竹に発煙筒を固定して準備完了。
あとは村国山からのろしがあがるのを待つばかり。僕は点火係に任命されましたので緊張の面持ち(ウソ)でスタンバイ。

s-IMG_3461.jpg
日野山からのろしがあがりました

双眼鏡で確認(笑)

s-IMG_3465.jpg
妙法寺山(たぶん)からものろしが

鬼ヶ岳でものろしがあがっていたようですが三床山からは木が邪魔して見えないんですよね~。このイベントに参加している人のなかには三床山登山道の整備をしているひとが多数いるため「鬼ヶ岳が見えるようにもっと木を切っちゃえばいいのに」と言ったら「なんでもかんでも木を切ればいいってもんじゃないんだよ」と諌められましたw

でもね,この前の登山道整備(ぼくは麓で買い出し担当w)のときに

img.jpg

三床山のシンボル(だと僕が勝手に思っていた)であるこの枯れ木↑が切られちゃったようです(笑)

s-IMG_3448.jpg

誰かが「ああ,あれ邪魔だったからこの前切ったよ」って・・・ハハハ。
やっぱ適当じゃん。と僕は心の中で思ったのですが,まああんまり木を切りすぎると日陰が無くなっちゃったりもするからね。

そして,ついに村国山からのろしがあがりました。携帯電話に「点火したよ」という連絡が入ります。

s-IMG_3468.jpg

双眼鏡・携帯電話・発煙筒・・この3つを現代ののろし3点セットといいます(ウソ)

さて時間になったら点火です。

s-IMG_3469.jpg s-IMG_3473.jpg

s-IMG_3470.jpg

誰かがホラを吹いてました。もとい,ほら貝を吹いてました。なんか雰囲気出ますね~。発煙筒だけど(←しつこい)

とにかくみんな初めての経験だったのでいろいろと手間取ったのですがなんとかのろし(発煙筒)をあげることができました。

s-IMG_3472.jpg
三里山からものろしがあがってました

三峯城からのろしがあがるのを確認し,軽食を食べてから下山したのでした。

s-IMG_3476.jpg
三峯城ののろし(見えるかなぁ?)

帰りはふもとまで歩きました。

翌日の福井新聞に安居城でののろしの模様が掲載されていました。さすが福井新聞ですね~,ちゃんとこののろしイベントの概要が書かれておりました。記事を引用すると「県内の歴史愛好家や山岳愛好家でつくる「ふるさと『のろし』の会」が開いた。戦国大名の朝倉氏と浅井氏の同盟関係になぞらえ,滋賀県内で開かれている「のろし駅伝」を県内にもつなぎ交流を図ろうと7年前から実施している」んだそうです。



この記事へのコメント

  • nippar

    三床山では子供達は参加しなかったのですか??
    こちらでは「なるべく親子で参加してください」って記載されてましたw
    ルートも書いてなかったと思う・・・。ちょっとおもしろそうだと思ったんですけど、風邪でダウンしてました^^;
    2014年10月23日 09:30
  • poptrip

    >nipparさん

    うちらのところは子供ゼロ。
    平均年齢は50歳くらいじゃないかな~(笑)
    地区によって,主催者によってやり方とかも違っているとっても自由なイベントなんだと思います。

    安居城までのルートはですね・・杣山までは三床山とおなじルートで

    杣山城⇒妙法寺山城⇒鬼ヶ嶽⇒栗屋城(金刀比羅山宮)⇒荒神ヶ嶽城⇒茶臼山城⇒鑓噛城⇒安居城

    となっておりまーす。

    2014年10月23日 22:51
  • nippar

    あざーす!^^

    杣山城(南条)⇒妙法寺山城(越前市)⇒鬼ヶ嶽(大虫)⇒栗屋城(越前町厨)⇒荒神ヶ嶽城(?)⇒茶臼山城(小羽?)⇒鑓噛城(清水町)⇒安居城(足羽7城の一つ)
    小さいお城が一杯^^ですね。へぇ~と思いながら検索しました(決して暇ではないw)ドラム缶でも試したみたいですが、発煙筒の方がいいってことになったみたいですw
    2014年10月24日 09:55
  • poptrip

    >nipparさん

    僕も気になったのですが検索はしませんでした(割と暇だけどw)。ありがとうございます。
    2014年10月26日 09:57

この記事へのトラックバック