日野山#4 中平吹コース

日野山へ。
久し振りに定番である中平吹コース。

s-IMG_4738.jpg s-IMG_4739.jpg

公民館の駐車場から400mほど歩くと日野神社がありその横を登っていくと登山口があります。

s-IMG_4745.jpg

林道をずっと登って行きます。
しばらく行くと登山道との分岐があり,左へ進みます(林道をずっと進んでも山頂までたどり着けるんじゃないかと思われますが・・・)

s-IMG_4751.jpg

s-IMG_4752.jpg
日野山は各コースとも地元小学生によるこのような表示があります。

堰堤を過ぎてから少しずつ傾斜が急になってきますがまあ全然許容範囲。
途中,古道との分岐箇所が何ヶ所かあり,また林道を横切る個所もありとにかくいろんなルートが可能です。とりあえず登りは正規の登山道(小学生の書いた案内表示があるルート)で登ることにしました。

s-IMG_4763.jpg
焼餅石

ここをアベック(死語)で通るとお互いにわけもなく焼餅を焼きたくなってしまい最悪の場合下山するまでに別れてしまうことがあるんだそうです・・(もちろんウソです)

s-IMG_4764.jpg
石の切戸

大昔になんとかって人がここに隠れたんだそうです(ありがちな逸話)。

s-IMG_4766.jpg
弁慶の三枚切

昔,武蔵坊弁慶がこの石を切ったんだそうです(ほんまでっか!?これもありがちな逸話)

ここを過ぎてしばらくすると長い階段があり,10分ほどで室堂に到着。

s-IMG_4783.jpg s-IMG_4784.jpg

ここまで登山口から38分。
休憩をとって出発しますが,ここから急登が続きます・・おえー。マジかよ~(何度も登ってるんだけどほとんど記憶にないのだw)

そして中平吹コース最大の山場である比丘尼(びくに)ころばし。
昔この山は女人禁制だったのだが,尼僧(比丘尼)がこれに反して登ったところ神の怒りに触れここで転げ落ちたと伝えられているんだそうです。

s-IMG_4801.jpg

ロープがが続きます。
びっくりするほどの急登ではないのですが岩が滑りやすく注意が必要。
この日は足元が濡れていてしかも落葉がたくさんあるので気を付けて登って行きます・・

って言ってたオレがここでツルって滑って臀部を強かに岩に打ちつけてしまいました。

オーマイガッ!

いや僕れっきとした男なんで神の怒りに触れるようなことはひとつもしてないと思うんですけど(山では本当に真面目なんです!)・・・・

痛みをを我慢して登って行きますが,大比丘尼ころばしを登り切ったところでさすがに一旦休憩をとります。ちゃんと休憩用の丸太が置いてあるんです。はぁー,サイアクじゃねえか。日野山ってさあ,絶対僕の天敵だと思うんですよね。なんかいい思いをしたことがあんまりないような・・標高800m弱の山なのにいっつもめちゃくちゃ疲れるんだよね。僕とは相性の悪い山なんじゃないかと(他には銀杏峰も僕の苦手な山です)

気を取り直してゆっくり登って行きます。
なんとか山頂に到着しました。登山口から1時間29分でした。
先客の数名が避難小屋の中にいらっしゃいました(声が聞こえてきた)。

s-IMG_4819.jpg

いちおう三角点のある場所まで行ってみます。

s-IMG_4817.jpg
二等三角点 日野山(794.42m)

なぜか795mとなっている標柱。Yahooの地図を見ても標高は794mなんだけど,wikipediaでは標高794.8mとなっています。うーむ。なおwikiには「五六豪雪のあと山頂が崩壊した」という記述があるためその時に標高が40cmほど低くなったのかもしれません。あるいは三角点よりも40cmほど高いところを山頂としているのか・・ご存知の方がいらっしゃったらご教示ください。


s-IMG_4828.jpg
天気はいいんだけど,白山方面は雲の中

s-IMG_4829.jpg
手前:村国山,中央:三床山,奥は国見岳とかかな

s-IMG_4824.jpg
青葉山

ここでスマホからfacebookに写真をアップしました。
ええ,前回登ったときには3G(LTE非対応)のスマホだったため,docomoのLTE対応スマホ使ってた同行者があっという間にアップロードできていたのに3Gの電波が不安定なため僕はすんげえ時間がかかって悔しい思いをしたんです。この出来事が僕がスマホを買い替えた一因。

さて,今回はどうでしょうか・・えっと。LTEも全然つながんねえんだけど。どうなってんだよauさん!って言いかけたところで少し場所を変えると快適にLTEを受信することが分かりましてほっと胸をなでおろした次第。

いちおうコーヒーセットも担いできたんだけど,とにかくおケツが痛いのでさっさと下山することにします。帰りは林道および古道を使います。にっくき比丘尼ころばしはバイパスですよ。二度と通るもんか!

古道は全部で6箇所あり,6つとも利用しましたが,どこもよく整備されていて迷うこともないと思います。ただ傾斜は一般登山道よりは急なので注意が必要。でも,ぼくは古道の方が好きだなあ。地面が土ってところが一番の理由。なんか林道とかは石を敷き詰めててさあ,あれ歩きにくいんだよね・・

s-IMG_4854.jpg s-IMG_4863.jpg

古道にはハシゴなんかもあります。

s-IMG_4859.jpg s-IMG_4858.jpg
古道途中の「二王子の梨」。もちろんなんなのかはよくわかりません

慎重に歩いたつもりなんですが,下りでも何度もすべって転びそうになりました。
やっぱ安物の靴が悪いのかなあ・・

s-IMG_4842.jpg
ヒマラヤで購入した5,990円のアディダスの登山靴

いちおう店舗には本格登山用って手書きのPOPがあったんだけど(笑)

4万円の靴はいてる知人もいますからね・・・やっぱり道具はある程度いいものを買わないといけないのかなあ。でもどんな靴はいてもすべるもんはすべる気がするし。とりあえず今の靴が壊れたらもう少し高い靴を購入するつもりです(予算上限は2万円かなあw)。

おケツの痛みに耐えがたきを絶え,忍びがたきを忍び,早足で下山いたしました。


【実績行程】
駐車場07:35
登山口07:41
室堂08:19(休憩7分)
大比丘尼ころばし上08:51(休憩4分)
日野山山頂09:10(休憩20分)
室堂09:52
登山口10:13
駐車場10:17

登り:1時間29分(休憩11分含む,登山口から)
下り:   43分(休憩なし,古道利用,登山口まで)
歩数:約13,400歩(駐車場~山頂間)
標高差:750m(駐車場~山頂間)
歩行距離:6.3km


※僕の使用している山旅ロガーのログでは歩行距離が1~2割ほど短く記録されることが最近分かりました。実際には7.0kmくらい歩いていると思われます。記録を収集する周期が長くなるとその間が直線と認識されてしまうからではないかと推測します。






夜になってもおケツの痛みがひかないので患部をヨメにデジイチで撮影してもらい確認。

siri_1.jpg
幸せの黄色い半ケツ(追悼 高倉健)

いちおうブログに載せようと思うんだけどとヨメに話をしたら「割れ目だけは隠しなさい」としつこく言われたので大き目のモザイクをかけたんですが・・・「まだ割れ目が写ってるじゃない!」と。でもね,これ以上モザイクを隠したら何の写真かわからなくなっちゃうじゃねえかと。僕のブロガー魂がそれを許さなかったのだ。これくらいの攻めなきゃいけないといいう強迫観念にかられ,またヒトカワむけるチャンスじゃねえかと掲載を決断したのです(ウソ)

いやほんとはもう少し大きめの画像を載せようと思ったんですけどね,僕が思っているほどきれいなオケツじゃなかったので画像を縮小したのです(爆)
あ,ワタクシ露出狂ではありませんので今後ともよろしくお付き合いのほど・・・

この記事へのコメント

  • nippar

    別の角度で。。巨乳??
    2014年12月05日 09:17
  • poptrip

    >nipparさん

    Gカップですw
    2014年12月05日 21:51

この記事へのトラックバック