銀座立田野本店

年末に行った東京ネタがまだ残っているのでしばらくおつきあいください。

お台場からゆりかもめに乗って汐留まで。
そこからイルミネーションや都会のキラキラを楽しみながら新橋を通って銀座まで歩きました。

銀座でなじみの店なんてもちろんあるはずもないし,名前の聞いたことのあるお店はお高いお店ばかり。ということでいろいろ物色しながら銀ブラしてたわけですが,それなりの値段でそれほど重たくないものを食べれるお店を発見したのでふらっと入ってみました。

銀座立田野というお店です。
どうも有名な老舗の甘味処のようですが,店頭のメニューに釜飯や親子丼があったため入店。とりあえず1,000円ちょっとでディナーが食えればいいなと。

店内はおばさん天国
おばさんというかおばあさんと言った方がしっくりくるような方ばかり。我々ヤングファミリーが入店するまでは平均年齢は60歳くらいだったんじゃなかろうかと。
我々4人家族は完全なストレンジャー。でも浮き足立ったりもしませんし特に気にしません。もうね,この年になると細かいことは気にしてられないんです。汐留から銀座までずっとデジイチを首から下げて歩いてましたし,注文するときだって若いころのようにカッコつけて標準語を話そうなどと言う努力もしません。福井弁で何が悪い!おのぼりさん万歳ってな感じで颯爽と銀座を,肩で風切って歩いてきたわけですから。

さて,食べたのは以下のもの。

s-IMG_5275.jpg
秘伝の黒蜜で仕上げた親子丼

ええ,残念な舌を所有している僕には黒蜜が入ってると言われても普通の親子丼としか感じられませんでした。いや,おいしかったけれども。

s-IMG_5280.jpg
娘の食べた釜飯

せっかくなので+200円で追加注文したのがこれ。


ミニ壇蜜(エロおやじの恍惚の表情添え)

甘美で官能的でアダルト風味がたまらない・・・・(ウソ)

すみません。
食べたのはこれです。

s-IMG_5282.jpg
ミニあんみつ(クリスマスバージョン)

まあ実を言うと僕は和菓子が基本的には苦手でなのですが,,なんかあんみつの有名店ってことで(他のお客さんもあんみつ食べている人がたくさんいたのです)・・せっかくだから食べてみようと。いつもの悪いくせ(ミーハー精神)が出てしまいました。好きじゃない食べ物でも,「限定」とか「名物」って聞くと反射的に食べてしまうおバカさん。さすがに黒蜜の味はわかりましたよ。

銀座から地下鉄に乗って汐留まで帰ろうという軟弱な家族たちの声を無視して,また汐留まで徒歩で移動したのでありました。この日の歩数は久しぶりに20,000歩を超えたのです。


この記事へのコメント

  • エレコマニア

    都会に居ると、確かに歩きますね。
    地下鉄二駅くらいは歩くことも有ります。
    ちなみに銀座から新橋経由で汐留だと、徒歩の距離が、
    長いだけなので、歩くのが正解ですよ。
    2015年01月10日 13:49
  • poptrip

    >エレコさん

    なるほど。歩いて正解だったんですね。
    確かに東京の駅って同じ名前でも乗り換えで1駅分くらい歩かなきゃならなかったり別の駅なのにほとんど隣にあったりとややこしくてね。
    だいたい地下鉄が都営と営団(もうこの呼び方はないのねw)とあってややこしいし・・・うちのヨメは2年間一緒に東京に住んでましたが切符の買い方とかまだよくわからないみたい(爆)
    2015年01月10日 22:09

この記事へのトラックバック