2015登り初めは文殊山

年明け一発目(姫始めww)の登山はやはり文殊山で決まりでしょう。
自宅から比較的近くて雪が積もってても僕のようなヘタレでも多少天候が悪くても登れてそれなりに満足感が得られるちょうどいい山なのです。

1月4日の今日,小雨混じりのこんな日に文殊山に登ったのにはワケがあります。
新春初売りで防水・防寒・耐衝撃仕様のタフネスコンパクトデジタルカメラを購入したためうれしくなって条件の悪い中での撮影をいろいろと試してみたいという不埒な考えがあったからなのです。
ほら,ちょっと性能のいいものを買うとわざわざその性能を発揮させるためにやらなくてもいいことをやっちゃうってことあるでしょ。おバカさんがよくやるパターンですよ。いわゆる僕は「機械を使いこなすんじゃなくて機械に使われてしまうタイプ」(笑)・・・女性にも同様です(ウソ)

s-DSCF2031.jpg

さて,二上登山口までのアクセス道路が除雪されておらず僕のクルマでは亀になっちゃっう恐れがあったので手前の道路に路駐させていただき,歩くことにしました(ほとんどの方がそうしてまして路駐が10台程度,駐車場には2台のみ)。

s-DSCF2032.jpg
登山口(9:17)

本日の主目的は,カメラのタフさを体感するということなので小雨まじりで気温は2℃くらいという今日は絶好の登山日和。上下カッパを着こんで「濡れ鼠なのにちゃんと写真が撮れたんだぜっ!」ていうブログ記事になるというストーリーがでカンペキにできあがってた・・・はずなのですが直前になって気が変わってしまいまして(笑),傘をさして歩くことにしちゃったヘタレです。やっぱさあ,寒いし傘の方が濡れないしカッパ汚したくないし楽なんだよ。「年をとってからの安楽は買ってでもせよ」と言うじゃないですか。
カメラはタフネスでも僕はタフネスじゃなかったというのが今回のオチ。

さて,雪が積もってからもう何十人(もっとかな)も歩いたであろう登山道はきっちりと踏み固められておりまして長靴で全然オッケー。凍っておらず非常に歩きやすい。

s-DSCF2036.jpg

s-DSCF2045.jpg

七曲分岐あたりで野ウサギも見かけました。僕の目の前に飛び出してくるとはなんてアホなウサギだよ。すぐ逃げて行ったので写真におさめることはできませんでしたが。

s-DSCF2046.jpg

s-DSCF2048.jpg
小文殊

s-DSCF2049.jpg

登山口から山頂(大文殊)まで57分もかかってしまいました。まあ仕方がありませんね。雪道だし途中で写真を撮る度にまだ慣れないカメラの設定をいろいろ触ったりして時間がかかってしまったもので。ただほとんど疲れることもなく・・この日は一滴も水分を摂りませんでした。

山頂では新しく買ったカメラのパノラマ撮影機能を使ってみました。ええ,この機能もね,山で使ってみたかったんです!ただ予想どおり残念な風景でありました。

s-DSCF2051.jpg

雨も降っているのでお参りしたらすぐに下山です。


あ,そうそう

s-IMG_5594.jpg
干支福鈴

まだこれ残ってました。正月に参拝すると頂けるもののようです。
住職によれば「今年は雪のせいで登ってくる人少ないからまだけっこう余ってるんやわ」とのこと。もしかしたらと思っていたんですがゲットできてラッキーでした。

下山中は,一人のおじいさん(おじいさんと言うと失礼かな)とのデッドヒート。この方は住職と仲良さそうに談笑してましたし腰袋に手鋸をいれており,登山道の整備も兼ねて登ってきている様子。この界隈では名の通った方なのかもしれません。
最初は僕が先行したんですが,すぐに後ろにぴたりとつかれ,スリップストリームに入られました。「僕より早そうなのでどうぞ先に行ってください」と声をかけるのですが「わしは人の後ろの方が楽やからこのまま行ってくれ」とのこと。僕はかなりとばしておりまして小走りになったりもするんですが,おじいさんは息づかいが聞こえるくらいの距離でピタリとついてきます。

途中,僕が写真を撮るために展望台へ寄ったときに抜いてもらいましたが,しばらくしたらまた追いつきます。だってそのおじいさんは登ってくる人に知り合いが多いようで挨拶して立ち話したり,邪魔になる木の枝を手鋸で落としたりしてるんだもん。その間にまた僕があいさつして再び抜き去り,僕が写真を撮るために立ち止まるとまた抜かれと・・その繰り返し。

また,僕がパノラマ撮影していたら追いついてきたおじいさんが「お,パノラマ撮影してるんか。こうやって目のところにカメラを持ってきて動かすとうまく撮れるみたいやで。Youtubeで見たわ」ってありがたいアドバイスまでいただいちゃいました。ファンキーな人だよ。

その後しばらくして追いつた僕がまた先行し(また先に行けと言われたのだw)後ろにピタリとつかれるという展開。ここ文殊山では箱根駅伝顔負けのレースが行われていたのです。

小走りに下りながら「しかし,元気ですね」と僕。「いやあ,ワシは付いてくのがやっとやわ」と言いながら余裕綽々の好々爺には敬意を表したい。

そのままほぼ二人並んで登山口付近まで。
お付き合いいただきありがとうございました。
そして下りのタイムは41分でございました。

今年も文殊山・三床山・鬼ヶ岳の三山が僕のベースとなるはずです。よろしくね。

【実績】
登り:54分
下り:41分
歩数:9,300歩


s-chizroid_map(2).jpg




この記事へのコメント

  • よっし~

    こんばんは

    縁起物ゲット良かったですね。
    これから残り11個集めてコンプリートしましょう(笑)

    腰に鋸を下げたご老体は恐らく大N翁という方でしょう。
    年間330日ぐらい文殊山に登られる方で、文殊山の草花、動物に造詣が深く、文殊山博士と呼ばれているお方です。
    あの方といい勝負されるとはさすがですね(笑)
    2015年01月05日 00:25
  • nippar

    えっと、、ブログでも今年もよろしくお願いします。
    家にいるとゆっくり拝見できなくて^^;
    スリップストリームがうけましたww強者のおじさんの記憶にも残っちゃったんじゃないんですか??wfacebookで何をいただいたんだろう??って思っていましたが、、かわいい~♪こういうのがあるなんて知りませんでしたヨ。
    2015年01月05日 11:32
  • poptrip

    >よたよたさん

    来年から毎年正月に登ろうと心の中で誓いました!(このパワーが持続するかどうかは微妙w)

    よたよたさんのブログにでてくる〇〇翁の一人だったんですね。駐車場に着いてからもアクセス道路の除雪をしたりと本当にあの方のボランティア精神には頭が下がります(「申し訳ないけどお先に失礼します」とぼくは帰っちゃいましたけど)
    2015年01月05日 19:31
  • poptrip

    >nipparさん

    明けましておめでとうございます。
    ブログでもfacebookでもよろしくお願いします。

    家で見れないから会社でブログ見てコメントまでしちゃうという模範社員(笑)のあなたに乾杯!!
    2015年01月05日 19:33

この記事へのトラックバック