「水芭蕉&つる八」は相変わらずツッコミどころ満載なのであった(前編)

久し振りに武生の「水芭蕉&つる八」へ。国道8号線沿いにあるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。ただしかなり怪しげな店なので(個人の感想です)入ったことのある人はあまりいないと思う。
ここは以前にも紹介させていただいているのですがツッコミの教材じゃないかっていうくらいツッコミどころが満載のお店なのです。

まず店名からして意味不明ですわな。



↑これは前回訪問時(2011年)の写真なんですが看板は「つる八&水芭蕉」と店名の順番が逆になってるんだよね(笑)
水芭蕉の「芭」の字もよく見ると間違ってないか・・なお,「味コン」って何?というツッコミは前回使用済みです(よく分からないけれど1位なんですww)。また「味」ではなく「昧」という漢字が使用されている点も前回指摘済みですからw
「つる八」と「水芭蕉」では電話番号が異なるようなのですが・・もちろんこの辺の事情は僕にはわからない。

なお,食べ終わった丼には

s-1421499462020.jpg
幸福食堂

と書かれておりました。
電話番号は「つる八」と一致しますので昔は「つる八」は「幸福食堂」という名のお店だったのかもしれません。水芭蕉&幸福食堂という名前だったのか・・なぞは尽きませんが店名なんていう些末なことは気にしてはいけないんです。

さて,駐車場に車を止め(もちろんこういう系統のお店にはありがちなんですが白線など引かれていません)。このお店大丈夫なの?というような不安げな息子とお店に入ります。

s-IMG_5671.jpg
いきなりの先制パンチ

話を先に進めるために,この某国の遊園地にいそうなマスコットキャラクターについては深く追求することなくスルーさせていただくことをご了承いただきたい。1枚目の写真にはジャムおじさんみたいなキャラクターの絵が見えるかもしれませんがあれはまぼろしです。

さて,おなじみの入口扉。

s-IMG_5670.jpg
半自動ドア

なにが半自動って・・・開けるときは手動なんだけど閉じるときは自動っていう。ただそれだけ(笑)
よくあるタイプのドアなんだけどこれは半自動ドアというらしい。ふつうはこういうの手動と言うんじゃないかと・・

なお半自動ドアというのは「鉄道車両の乗降口の自動ドアのうち、全てのドアが一斉に開閉するのではなく、利用者がボタンを押すなどしたドアのみ開閉するもの。冬季の寒冷地では一般的。地域によっては年中実施されている。無駄な開閉をせずにすみ、室温の維持、省電力に資する。」(はてなキーワードより抜粋)だそうです。ちょっと勉強になったでしょ。


店に入るとおじいさん(店主と思われる)がぼーっとテレビを見ていました。ええ,このお店僕が利用するのはたぶん4度目なんだけど僕が食べているときには他のお客さんがいたことがありません。

席に案内されメニューを見ます。
外にある手作りっぽい看板やPOPと違って,メニューだけはPCを使ったと思われるハイテク仕様。手作り感がないところがちょっぴり残念です。

s-IMG_5665.jpg

えっと・・・

ニューコピー丼(笑)って何だよ!

ということでおじいさんに尋ねてみます。このおじいさん(面倒くさいので店主ということにしよう),他の方のブログによるとなんと御年86歳だそうで!
ニューコピー丼というのは海老にシソの葉と豚肉を巻いて揚げた醤油カツ丼みたいなものだそうで。人気メニューだとかなり推してくるのです。グイグイと推してくるのでムスコはニューコピー丼(笑)をオーダー。
しかしニューコピー丼ってネーミングはどうよ。ニューってついてるってことはただのコピー丼があるのかよ(ないんだなこれが)。と心の中でツッコミながら,僕は武生名物ボルガライスをオーダー(ボルガライスは夜しかオーダーできないとメニューに注意書きがあります)。

すると店主(86歳)は,

「あー。すまんけど今日はボルガライスはできんのや。あれは作り方が複雑だから二人でしぇんと(←原文ママ)できんのやわ。今日はもうひとりがえんから作れんのや」

と。

そんな理由ありなん?
ひとりでは作れんのか?
「せん」のことを「しぇん」って言う人久しぶりに見たざ。

と僕は,激怒します。
というのはもちろんウソで「マジか・・」と笑いをかみ殺すのに必死。
いつもは二人でお店を切り盛りしているようですが,今日は店主しかいないとはついてないな。
しかたないので定番のナチュラル丼を!(ナチュラル丼って何だよというツッコミも甘受するが説明は後述する・・つもり)

テーブルについたときに店内は寒かったんだけどすこしずつ暖房が利いてきて暖かくなってきました。ええ,僕らが入店してから暖房をつけたようです。

料理が出てくるまでに,このお店のマンガライブラリーをチェックします。完璧に昭和マンガコレクションと化しているわけで,前回はあだち充先生の「ナイン」を読ませていただいたのですが今回は「タッチ」26巻を。生意気な後輩がタッちゃんとエース決定戦をしようとするんだけど転勤するっていうところまで読み終えたところで店主みずから料理を運んできてくれました(一人しかいないんだから当たり前だ)。

えっと・・思いのほか,文章が長くなってしまったので本日はここまで

s-IMG_5666.jpg

(つづく)

この記事へのコメント

  • ribahiruto

    期待で胸がドッキドッキですわ。

    2015年01月19日 08:52
  • nippar

    この記事、昨日の夜見てたら、寝れなかったかも。
    2015年01月19日 09:37
  • よっし~

    ナチュラル丼、10年ぐらい前に一回食べたことがあります。

    popさんの対応が楽しみです(笑)
    2015年01月19日 12:13
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    いや,尻すぼみになる予感がw
    2015年01月19日 22:04
  • poptrip

    >nipparさん

    ぼくって女性を寝かさない男(笑)
    2015年01月19日 22:05
  • poptrip

    >よたよたさん

    さすがですね~
    日野山の帰りにでも久しぶりに行ってみてはいかがでしょうか。いや,決して人にはオススメしませんが,あなたにはオススメできそうです(笑)
    2015年01月19日 22:09
  • nippar

    一睡もできなかったデス(*`^ω^*)=3

    あ、アルフィー来福おめでとうございます。私は小田に行きますw(ゴスも行きたいけど^^;)
    2015年01月20日 09:50
  • poptrip

    >nipparさん


    ちゃんと寝た方がいいよ~(ヒトゴトw)
    アルフィーは別にぼくがファンというわけでもないので複雑な気分。今のところ行くかどうかは未定なのです。
    2015年01月20日 21:52

この記事へのトラックバック