日野山#5(中平吹コース)

日曜日は日野山。
中平吹コースです。

s-IMG_5680.jpg

登山口には雪はないのですが,登って行くうちに少しずつ積雪が増えてきます。

s-IMG_5682.jpg

それにしても本日の日野山は大盛況でした。
ワカン背負ってる人やら長靴にアイゼンつけてる人やらいろんな方がいらっしゃってました。ええ,僕はいちおう軽アイゼン持参で長靴ではなくトレッキングシューズで。

s-IMG_5691.jpg

道はできていて踏み固められているので長靴あるいはトレッキングシューズだけでも十分登山可能かと。

s-IMG_5693.jpg
室堂

室堂まで39分でした。雪道にしてはよく頑張った方だ。
頑張った人にはNCAA!(←コレ分かる人はオッサンまあはオバハンの証拠ww)

気温が高いため雪はガリガリに凍っているわけではないのですが傾斜のあるところではやはり滑っちゃうのでここで軽アイゼンをつけます。

ここから急登になるんですよね。

アイゼンをつけた僕の感想はと言うと・・

matsu3.gif

いやーこれが僕の源だね!
話半分だとは思ってましたが,こうも頼りになるとは驚きました


まあ確かに歩きやすくなりますが,雪が完全に締まっているわけではないのでときどき雪が崩れて滑ったりしちゃいます(これはどうしようもないのでキックステップで登っていくしかない)。

s-IMG_5697.jpg

急登をはあはあいいながら登っていると,いつの間にか前回ツルっとすべっておケツを強かに打ちつけてしまったあのにっくき「大比丘尼ころばし」まできていました。ああ,来週うちの娘の入学試験があるので本日以降はすべるとかそういう言葉はできるだけ控えようかと思ったり思わなかったり。

s-IMG_5703.jpg s-IMG_5704.jpg

この表示がなければここが「比丘尼ころばし」だとはわかんないなあ。ロープなんて完全に雪に埋まってるから。そして,ここはどう考えても雪があった方が登りやすいですわ。まったく難所という感覚がありませんでしたから(ただの急登としか思えなかった)。

このあとも容赦ない急登が続きますが,何人もの先行者を抜き去り・・

s-IMG_5734.jpg

山頂に到着です。
登山口からちょうど1時間30分でした。

この埋まった鳥居を見たかったんです。

s-IMG_5711.jpg

鳥居の頭にタッチして奥の院,そして三角点広場へ。
三角点の方まで行く人はそれほどいないようですな。

s-IMG_5720.jpg

s-IMG_5723.jpg
三角点広場(794.4m)より今庄方面

s-IMG_5724.jpg
奥の院より白山方面

白山は霞んで見えません。
日野山から白山を見れる確率はあんまり高くないんだよね~(個人の感想です)

s-IMG_5726.jpg

s-IMG_5727.jpg
北の社より福井方面

避難小屋でコーヒーを沸かして飲もうかと思ったんですが,水を持ってくるのを忘れてしまったおバカさんは計画を変更しスポーツドリンクを飲みすぐに下山します。

s-IMG_5729.jpg
さよなら,キンタくん(キンタくんを見たのは2度目です)

下る途中でも何人もの方とすれ違いまして・・この時期の登山道はは田舎の鉄道と同じで単線なものですれ違いにちょいと時間がかかっちゃいました。
しかし疲れましたわ。
家に帰って疲れた疲れたと言ってたら「そんなに疲れた疲れたというくらいなら登らなくていいじゃないか」という家人のもっともなツッコミに適切な言葉を返すこともできずぼくはお昼寝タイムへと。


【実績行程】
駐車場08:53
登山口08:58
室堂09:37(休憩10分)
日野山山頂10:28(休憩21分)
登山口11:44
駐車場11:50

登り:1時間30分(休憩10分含む,登山口から)
下り:   55分(休憩3分含む,登山口まで)
歩数:約14,800歩(駐車場~山頂間)
標高差:750m(駐車場~山頂間)
歩行距離:6.5km




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック