村上さんのところ

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが,「村上さんのところ」という村上春樹が読者の質問や相談に答えるというサイトが期間限定で開設されています。


20150119.jpg
村上さんのところ/村上春樹 期間限定公式サイト


過去にも何度か同じようなサイトが期間限定で開設され,そのときのやりとりは書籍化されています。恥ずかしながら,僕はその4冊とも持っているのです。

s-IMG_5741.jpg

1996年の「村上朝日堂」というものが一番最初の読者との交流サイトだったのですが当時は画期的なサイトでした。だって今はtwitterやfacebookで有名人にメッセージを簡単に送ることができますが(うちのムスメなんてバカリズムや有吉のtwitterに書き込みをしているww),あの当時はブログなどというものも存在していなかったんですからね。あ,村上春樹はブログもtwitterもfacebookもやってませんので。

シャイで内気な僕は,いままではサイトを見るだけで一度もメールを送ったことはなかったんですが今回は,意を決してメールを送ってみました。テヘヘ。もし,返事が来たらこのブログでも紹介させていただきますね。なお,質問は1月31日まで受け付けているようなので興味のある方はメールを送ってみてはいかが?

なお,僕の好きな作品を3つ選ぶとしたら「ねじまき鳥クロニクル」「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」「ノルウェイの森」ですかね。

この記事へのコメント

  • ribahiruto

    私は村上春樹はあんまり読んでないんですよ。
    大学時代、風の歌を聴けを読んで「ヴォネガットもどきか」とそれ以来真剣じゃないですね。
    最初の印象は大事です。
    ヴォネガットはSF畑では(海外では)一番好きかな。
    あと、チャンドラーの翻訳は私的には違う(合わない)。
    嫌いというわけでは無いです。あくまでも私的です。
    2015年01月29日 16:32
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    村上春樹の作品が合わないって人は僕のまわりにも結構います。僕は大好きなんですけど・・・だから人に勧めたりはしないのです。

    ちなみにヴォネガットって人,ぼくは知らなかったのですが「村上さんのところ」で読者からの質問にヴォネガットについて答えていましたよ。

    http://www.welluneednt.com/entry/2015/01/29/113300

    2015年01月29日 20:52
  • ribahiruto

    う~む、チャンドラーやフィッツジェラルドは翻訳家が大したことないってこと?
    まあ、現実ヴォネガットでは版権持ってる早川書房もうんと言わんだろうが。
    売れんだろうし。チャンドラーならともかく┐('~`;)┌
    清水俊二に敬礼(^-^)ゝ゛
    2015年01月29日 21:34
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    ぼくは海外文学ほとんど読まないんでちょっとついていけないかも(笑)
    春樹の翻訳したやつも読んでないんですよね~
    「ライ麦畑」も村上春樹訳のやつ買ったんだけど途中で挫折してほったらかしなんです(野崎孝訳のやつは何度か読んでるんですけど・・)
    2015年01月29日 23:45

この記事へのトラックバック