読書日記(2015年2月)


s-utsukushii.jpg
うつくしい人/西加奈子

鯖江市立図書館で借りました。相変わらず西加奈子の本は出払ってます・・
いつものとおり最初はとっつきにくいというかそんな感じなんだけど途中からぐんぐん引き込まれていくという。またいつもの不思議小説。純文学ってのはこういうのを言うのかもしれませんね。



s-loss.jpg
ロスジェネの逆襲/池井戸潤

鯖江市立図書館で借りました。
半沢直樹シリーズの第3弾。
恋愛というものが一切省かれた小説(笑)ですがこのシリーズは安定感抜群です。ふつうどんな小説にも魅力的な女性が一人くらいは出てくるんだけど本書ではすげえむかつく社長夫人がひとり出てくるくらい。


s-gin.jpg
銀二貫/髙田郁

コメントでオススメされて鯖江市立図書館で借りました。
まったくもって素晴らしい作品でございました。読み終えるといままで全く興味のなかった寒天と心太をちょっと食べたくなりました。
なんていうんですかね,音楽に例えたらカーペンターズみたいな汚れのない小説でした。泣きましたよ,何度も。ファンになっちゃったので図書館に行ったらこの人の他の作品を探すことにします(西加奈子はとうぶん借りれそうにないし)。


s-sonohi.jpg
その日の前に/重松清

tetoteで借りました。なぜかティーンズのコーナーに置いてありましたが気にしない。
生と死,家族の絆みたいなものが題材の泣ける小説。実際に泣きましたけど,どうも読後感がよくないのは個人的な問題と思われます。重松清って初めて読みましたが(映画「アゲイン」見てはじめて知った作家),どうなんでしょう。僕がハマる可能性はあるんだろうか。あと1,2冊借りてみようかね。


s-jojo.jpg
ジョジョリオン9巻/荒木飛呂彦

勝木書店で購入。やっと面白くなってきましたね~。クワガタ対決,久しぶりにワクワクしました。正直7巻くらいまではイマイチだなあと思ってたんですけど,相田みつをオタクの常敏というキャラが出てきてから途端に面白さが倍増しました。クワガタで対決って僕の大好きなじゃんけん対決とかゲーム対決みたいなあの流れでさすが荒木先生っつー感じっすよ。


今月は「銀二貫」「ジョジョリオン9巻」この2冊がキテましたわ。

この記事へのコメント

  • ribahiruto

    最近は報告するような本がないかなあ…

    「図書館の主」というマンガがまあ良いかなあ。児童書の良さは分かる。週刊漫画TIMESに連載されてます。福井の人はもちろんご存じの「蔵の宿」が載ってるやつです。多分ネットカフェにはないかな。でかい図書館にはあるかも(大分にはない)。

    「罪と罰」読んでます。面白いよ。いまさらこの歳で言うことではないが。
    2015年03月01日 14:42
  • poptrip

    >ribahirutoさん

    週刊漫画TIMESってまた渋いやつを。
    ええ,20年以上前は読んでましたけどね(笑)
    「蔵の宿」ってまだやってたというのがオドロキですね。

    「罪と罰」・・・ちょっと心の準備をしてからじゃないと僕は手をつけれないなあw
    2015年03月01日 21:08

この記事へのトラックバック