2015冬の東京・横浜飲み歩き【大井町編】

学生時代の友人と飲む約束をしまして,指定された待ち合わせ場所はJR大井町駅。大井町って僕は足を踏み入れたことのない場所です。彼は趣味が飲み歩きなもので東京近辺の居酒屋(主として立ち飲みや大衆酒場)に関しては異常に詳しい男。
過去には,立石・北千住・月島・阿佐ヶ谷・新宿思い出横丁・山谷・南千住などといった普段僕が絶対に行かないような土地の居酒屋に連れて行ってもらっておるわけで。

【過去記事抜粋】
東京三大煮込みツアー
新宿西口あたり
東京で最もディープなところ(泪橋あたり)

まあ今回もそういう感じのディープなお店の飲み歩きになることを覚悟(あるいは期待)していたんですが大井町にもディープな飲み屋街があるってことだね・・西口で待ち合わせをしてまずは立ち飲みのお店へ。

s-DSCF2156.jpg s-DSCF2153.jpg
↑こんな感じのところを通って歩いて行きます。やっぱりこういうところだよ(笑)


はい。1軒目のお店は晩杯屋ゼームス坂上店です。ゼームス坂ってのはむかしゼームスさんという英国人が私財を投じて整備したところからついた名前のようです。

s-DSCF2151.jpg

まずは再会を祝して,生ビールで乾杯。

s-1425127259385.jpg s-1425127204864.jpg

つまみはだいたい一品100円台の物が多く高いもので500円くらいかな。写真は連れが2杯目に注文した飲み物(バイスってやつだったかな。ホッピーみたいに焼酎で割って飲むようだ)とくじらベーコン(490円)・黒こしょうメンマ(130円)。あとフライドポテト(写真なし・130円)でとりあえずこのお店は終了。連れとは久しぶりに会ったのでこの店では会話の弾み具合も飲みのほうもまあアイドリングみたいなもので。この先何軒はしごするか不明なため僕は生中1杯で我慢しました。連れは生中にバイス(中おかわり含む)。二人で2,300円くらいだったかな。



そして2軒目もこのお店から歩いてすぐのお店。
肉のまえかわです。
もともとお肉屋さんだった立ち飲みやです。

s-DSCF2155.jpg

ここはかなりディープなお店です。客層も(笑)
冷蔵庫から自分で缶ビールをとってきます。つまみは焼鳥やらメンチカツやらといったお惣菜。焼き鳥はその場で焼いてくれるよう。

s-1425128310431.jpg

s-DSCF2154.jpg
箸はないので2本の串を駆使して(ダジャレかよ!)食べます

狭い店内にはふつうの立ち飲み屋のようなカウンターはなく小さなテーブルがいくつかあり(もちろん立ち飲みなので椅子はありません),皆が思い思いの場所をキープしてお惣菜をつまみに缶ビールを飲んでおります。

s-1425130588452.jpg

えっとまだ夕方の4時半ですけど(笑)
ここではチャーシュー(300円)と缶ビール1本(300円)でさっと退店します。このお店では二人で900円。なお,こういうスタイル(正確には酒屋で立ち飲みすること)を角打ちというらしいです。

さて大井町は次の店で終了だから中〆と言うことでラーメン屋へ(まだ夕方5時過ぎなんですが・・ww)。だがしかし,そのラーメン屋さんは5時半開店だと。この辺をぶらぶらしてもいいんだけどとりあえず座りたい。座って飲みたい。そうかじゃあしかたがない・・・マクドでコーヒーでも飲んでラーメン屋の開店を待とうということになりまして(なんじゃそれ)。

3軒目はマクドナルド大井町東口店。

s-1425130602380.jpg
ふたりでホットコーヒーを あったかいんだからぁ(二人で200円ぽっきり)

さてラーメン屋さんへ行きましょう。

4軒目です。
麺壱 吉兆という白河ラーメンのお店。まあラーメン好きの僕のために連れがここをメインに飲み歩きを考えてくれたようで。本日のメインエベントなわけです。
カウンター7席しかないお店なので行列ができるお店のようですが僕等は一番乗り。

s-DSCF2158.jpg s-IMG_6200.jpg

ぼくは中華そばを,連れは支那そばを(支那って別に差別的に使ってるわけじゃないんだけど変換できないんだよね・・)たしかどちらも700円くらいだったと思います。平打ちの麺ってぼくはあんまり食べた記憶がありません。あっさり系のスープでなかなかおいしかったです。

s-IMG_6201.jpg

さて,場所を変えましょう。
横浜へ向かいます。


(つづく)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック