文殊山#12 二上コース

ずいぶん久しぶりの山登りです。
いろいろと忙しく,仲間の誘いも泣く泣く断っておったわけで2ヶ月近く山に登っていませんでした。本日はうまいこと天気に恵まれ,また予定もスカスカスカスカスカスーカだったので朝から文殊山へ。

急登もないこの山はリハビリには最適な山であります。

s-IMG_7030.jpg

8:40ごろに二上登山口の駐車場に着いたのですが,すでにほぼ満車状態。
ひえ~。あいかわらず人気のある山ですなあ。

文殊山ってのは周辺の鯖江・福井市民にとってはかなりメジャーな山です。
僕の通っていた鯖江市の神明小学校と中央中学校では校歌の歌詞に「文殊」ってのが含まれてますからね。以前僕の通っていた学校の校歌に文殊山が出てくるんですよってこのブログで書いた時に福井市の〇〇小学校出身なんですか?ってコメントをいただいたことがあるので福井市の周辺の小中学校の校歌にも文殊山が歌詞に含まれているのではないかと推測されます(ネットで小中学校のサイトを見ていろいろ調べれば分かるんだろうけど面倒くさいのでやめておくw)。

  東に高く そびえ立つ
  文殊の山に 澄む月の
  心は清く 智はさとき
  大御宝と 栄なむ

(鯖江市立神明小学校 校歌二番)

  中天高く月冴えて
  雪の文殊はみじろがず
  ああ知恵に輝く
  青春我等

(鯖江市立中央中学校 校歌三番)

めずらしくちょっぴり豆知識的なことも書いちゃいました。

さて,本日はHポストのほうを登ってみます。

s-IMG_7036.jpg s-IMG_7037.jpg

いわゆるHなコース(いわゆるじゃねえよ!)。
こっちのコースを選択する人はHな人だといううわさもあります(ないない)。
すれ違う人もなんかエロいひとが多いです(ウソ)

この日は僕のおなかはゆるくなかったんですが,足元がゆるくなっててちょいと大変。
ぬかるんでてヌルーってなるんですよ,ええ。

s-IMG_7034.jpg

もうね,ここは餃子の王将か!っていうくらいヌルーってなるんですよ。イヤ失礼。王将の3倍くらいヌルーってなるんです。

なんどか転びそうになりながら細心の注意を払って慎重に登って行きます。山に来るのも久しぶりだったのでペースもゆっくり目で。

登山道の脇にはたくさんのカタクリちゃんが花を開いておりました。

s-IMG_7056.jpg

↑いや閉じてるやつのほうが多いけど!

s-IMG_7067.jpg s-IMG_7105.jpg

実は文殊山でカタクリを見たのはぼくははじめて。
なかなかすごいですわ。
カタクリの数もすごかったんですが,人間の数もすごくて。登りと下りあわせて100人くらいの人とすれ違ってんじゃねえかな(過去最高)。

s-IMG_7068.jpg

45分で大文殊(山頂)365mに到着。
まあこんなもんでしょう。

s-IMG_7071.jpg

s-IMG_7073.jpg

白山も拝めたので,このまま奥の院へ向かいます。

ここでアクシデント発生。
ちょっぴり下ったところのぬかるみでpopさんはヌルーって足がすべってすってんころりん。衣服への泥の付着は最小限に抑えることができ,帰ってからヨメに叱られるという最悪の事態は回避できました(知らない顔して洗濯機につっこんでおこうww)。また首から下げたカメラにも泥はつかなかったのですが両手はもう泥だらけ(泣)

s-IMG_7094.jpg

くそー。いつもより多めにお賽銭いれたのに!

まあぼくはよく転ぶ方なんですわ。
なんどか危ない目にもあってますから(笑い事じゃねえと思うけど)。
でもやっぱり気分はちょっぴりブルー。このまま下山しようかとも思ったんですが初志貫徹というのは大事。それが大事。気を取り直して奥の院へ。大文殊~奥の院の間でも10人以上とすれ違いました。こんなことは初めてです。奥の院まで行く人ってほとんどいませんからね(よほどの物好きかドMなハイカー)。

s-IMG_7089.jpg
奥の院と二等三角点

大文殊(山頂)から奥の院までは12分。
早く手を洗いたかったので(笑),休憩もとらずにすぐに引き返します。

s-IMG_7096.jpg

s-IMG_7090.jpg s-IMG_7097.jpg

登山道の脇や山頂,奥の院には桜があるのですが咲始めって感じっすか。

s-IMG_7111.jpg s-IMG_7112.jpg

あとは目についた花の写真をとってみたんだけど,名前が分からないのです。ええ,僕は花の名前を覚えることが苦手なんです(覚える気がないんだろ!というツッコミもちらほら聞こえてくるが)。

下りでも何度か転びそうになりましたが,なんとか耐えて無事に下山。
僕が登り始めた時よりさらに駐車場の車は増えていて駐車場に入りきらず道路に停めているひともいるという状態。ここまで混んでるのは初めてです。これはもしかして文殊山ブームがきてるんじゃねえのか(きてねえよ。たまたまだよ)。でも珍しく若いアベック(死語)も4組くらい見かけたしなんかあったんすかねえ。

ありがたいことに二上登山口の駐車場にはちゃんと手洗い場があるんです。
これはほんとにありがたかったです。両手の泥をきれいに洗い流し身も心もきれいになった僕は喫茶店でモーニングでもとろうと車を走らせました。実はですね,山頂でコーヒーを飲もうと鍋とガスバーナと水とコップをちゃんと持ってきたんですけど肝心なドリップコーヒーのパックを車に忘れて来ちゃったんですわ。テヘヘ。

【実績行程】
登り:57分(Hコース大文殊経由奥の院まで)
下り:46分(奥の院から)
歩数:11,800歩


s-screenshotshare_20150412_161158.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック