越前甲~加賀大日山~加賀甲(後編)

さて越前甲で意気投合したpoptripと富山人さんの二人は加賀大日山を目指します。

s-IMG_8429.jpg

見事に登山道は整備されており藪は刈払われております。素晴らしい。

s-IMG_8319.jpg s-IMG_8322.jpg

何度もアップダウンを繰り返して少しずつ大日山に近づいて行きます。雪渓のためルートの分かりづらいところもありましたが,先人たちのマーキングを頼りになんとかクリア。基本的には尾根伝いの道なので迷うことはないと思いますが。

s-IMG_8383.jpg
イワナシ

s-IMG_8448.jpg
キクザキイチゲ

s-IMG_8359.jpg
エンレイソウ

富山人さんは植物にも造詣が深く,ちょっとした花を見つけると僕に名前とかいろんな豆知識を教えてくれます。じゃないとイワナシとかキクザキイチゲとかエンレイソウなんて僕が分かるわけないじゃないですか!(となぜか逆ギレw)
実は教えてもらった花の名前はすっかり忘れてしまっていたので帰ってからネットで必死に調べたという・・

s-IMG_8333.jpg
浄法寺山,北丈競山,南丈競山も見えます

途中,向こうからやってくる一人のオジサンとすれ違いました。いやあ元気ですなあ。とその人の足元を見ると僕と同じトレッキングシューズ。アディダスの5,990円のやつです!(笑)
なんだかとても恥ずかしい・・・いや高価なやつならアレなんですけど激安のやつだから・・・

s-IMG_8326.jpg s-IMG_8330.jpg

1320mピークの登りにはちょっと危ない岩場がありました。
ここを過ぎればあとはなだらかな道となります。

加賀甲と大日山の分岐(標高1330m)から大日山まではカタクリの大歓迎を受けます。

s-IMG_8339.jpg

s-IMG_8354.jpg
白いカタクリ

この白いカタクリ,僕は全く気付かずに通り過ぎたんですが富山人さんに指摘されようやく見つけることができた次第。花に興味がある人の観察力はすごいですね。エンレイソウみたいな地味なやつは僕なんて絶対気が付きませんからね。知らないうちに踏んでいたことがあったかもしれません(ごめんなさいw)

越前甲から1時間10分で加賀大日山山頂に到着。

s-IMG_8345.jpg
大日山山頂(1368m)

正面にデーンと白山。ちょっとした広場になってますが三角点はありません。

s-IMG_8342.jpg

三ノ峰,二ノ峰,一ノ峰,銚子ヶ岳,大長山,赤兎山,経ヶ岳,手前に越前甲と歩いてきた尾根も見えます。

s-IMG_8348.jpg
白山の左側には大笠山と笈ヶ岳

s-IMG_8351.jpg
能郷白山,銀杏峰,部子山(中央奥の能郷白山が見えるように画像加工してます)

おにぎりをひとつほおばり,富山人さんを待ちます。途中で僕が先行してきたのです。
山頂にいたグループの方たちと談笑。「一昨年は藪がひどくて越前甲からこちらには来れなかったの。私たちも福井の人間だけどわざわざ石川県側から登って来たのよ。」とのこと。やはり最近整備がされたようですね。ラッキーでした。
お花が目的の人が多いようで皆ザゼンソウがあっただとか〇〇がたくさんあっただとか話をされるのですが,花にはあまり興味のない僕の耳をそのままスルーしていきます(スミマセン)。どうも大日山はお花で有名な山のようですね。

さて,遅れて到着した富山人さんに「僕は大日小屋(加賀甲)のほうまで行きますが,どうしますか?」と尋ねるとせっかくなので一緒に行きましょうと。

s-IMG_8356.jpg

うっ。意外と遠いな・・まいっか。
カタクリだらけの道を下り,何度か雪渓を渡ります。たくさんの人とすれ違います。大日山は越前甲と違って人気の山のようですね。

s-IMG_8384.jpg

s-IMG_8360.jpg

写真に時々ゴミのようなものが映り込んでいますがこれは虫なので無視してください(さりげないダジャレ)。温かくなってなるとウザい羽虫が活動をはじめるんですよね。

s-IMG_8364.jpg

勝山の街を見下ろしながら。

大日山山頂から29分で加賀甲(1312m)に到着。

s-IMG_8367.jpg
大日山と白山,別山

s-IMG_8369.jpg

さて,下山します。
途中,ササ藪の中でガサガサって音がしてビビったんですが・・「ギャハハハ。ごめんね~」って元・山ガールの声。どうも小キジ撃ちだったようです。

多少迷いそうなところも行に富山人さんがつけたテープのおかげですんなりと。

s-IMG_8396.jpg s-IMG_8393.jpg

この越前甲~大日山の登山道は草が刈られていてとてもありがたいんですけど,上写真のように灌木が登山道に張りだしているところがメチャクチャ沢山あって下ばかり見ていて何度頭をぶつけたことか。また屈んで通らなきゃいけない所もいっぱいあって疲れます。先行者も何度も枝にザックをひっかけてましたし,それがまたバイィィィンって僕のほうに跳ね返ってくるもんだから多少の距離をとって歩かなければいけません。

そんなこんなで本日2度目の越前甲山頂。

s-IMG_8431.jpg

加賀甲から1時間18分でした。
大日山と違ってこちらは閑散としております・・・

ここで富山人さんとお別れします。「いやあオタクがおらんかったら大日山まで縦走できんかったわ。雪の時しか歩けんがかと思ってたから。アンタのおかげやちゃ。」「なんなんなん。こちらこそいろいろと教えてもらってありがとうございました」
富山人さんは予想外に大日山まで行けたことを喜び,僕はお花のことやらいろいろ教えてもらえて・・まさにこれがWin-Winってやつですよ。さよなら富山人さん。またどこか福井の山で会えるといいですね。

そしてアホみたいな急坂,アホみたいなササ藪にうんざりしながらの一人旅。

s-IMG_8441.jpg 

よくこんなところを登って来たもんだと自分でもびっくりです。

s-IMG_8440.jpg

雪渓がとけて道が沼田場状態になっているようなところもあり,慎重に慎重を期してゆっくりと下っていきます。それでも何度か尻もちをつかせていただきました。アディダスの5,990円の靴は泥だらけ・・

s-IMG_8446.jpg
旧大日峠

峠ですこし休憩をとります。
2リットル持ってきた水分はここでなくなりました。

この後も容赦ない悪路が続くわけですが

s-IMG_8457.jpg

何とか下山。
林道を20分ほど下って車にたどり着きました。

いやさすがに疲れましたな。
天候に恵まれ,いろいろと楽しめたよい山ではありましたがたぶんもう来ません(笑)
激サカ,澤登(←なんかサッカーの話題みたいだなw),藪漕ぎ,分かりにくい登山口・・もうヤダっ!
6月中旬に山開きがあるそうなのでその頃にはササ藪も刈られているかも知れませんが毛虫たちが活動を始めますのでお気を付け下さい。去年だったかな,知人がこの山の毛虫のあまりの多さに途中で撤退したということがありましたし。

【実績行程】
国道終点 07:06
登山口07:32
旧大日峠08:02(休憩6分)
越前甲山頂09:11(休憩11分)
大日山山頂 10:31
越前甲山頂09:11(休憩18分)
加賀甲11:18(休憩8分)
越前甲山頂12:44(休憩8分)
旧大日峠13:26(休憩5分)
登山口13:54
国道終点14:13

越前甲登り:1時間39分(休憩6分含む)
越前甲下り:1時間02分(休憩5分含む)
越前甲→大日山:1時間10分(休憩なし)
大日山→加賀甲:   28分(休憩なし)
加賀甲→越前甲:1時間16分(休憩なし)
歩数:約33,500歩
標高差:810m(国道終点-大日山)




いちおう歩行距離は14.5kmとなってますが経験上,山旅ロガーの誤差が1~2割程度あることもあるため,あてになりません。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック