石鎚山(愛媛県)【後編】

しばらくはほとんど遊歩道じゃないかって言うような平坦な道が続きます。
細かなアップダウンを繰り返して少しずつ登って・・るんだよね?と確認したくなるような。

s-IMG_9094.jpg s-IMG_9095.jpg

右手にはときどき山が見えたり隠れたり。
そして20分ほど歩くと前方に石鎚山が見えてきました。

s-IMG_9101.jpg

この辺りからは少しずつ傾斜が出てきますが,ほとんど苦にならない程度のもの。調子よく登っていきます。ほとんど徹夜なんだけどハイテンションが続いており自分でも怖いくらい。

s-IMG_9106.jpg s-IMG_9108.jpg

石鎚山がどんどん近づいてきます。

一旦,右に巻いて行くため山頂が見えなくなりまして,ここから400mほどは落石の多いところだから気をつけてね~っていう看板がありまして

s-IMG_9115.jpg s-IMG_9116.jpg

その落石多発地点を過ぎると右手の視界が大きく広がりまして。

s-IMG_9122.jpg
瓶が森

分岐に到着です。
ここまで登山口から1時間9分。

s-IMG_9127.jpg s-IMG_9128.jpg

ここで初めての休憩をとります。
この付近ではちょうど登山道の整備というか工事をやっておりまして重機なんかもあり,おじさんたちが石段や手すりを作っておりました。

s-IMG_9129.jpg s-IMG_9131.jpg

鳥居をくぐって作りたての階段を上っていきます。


s-IMG_9132.jpg

瀬戸内海も見えまーす。

そしてここからいままでとは全く違うキツイ登りとなりまして・・

s-IMG_9133.jpg s-IMG_9135.jpg

真新しい小屋を過ぎ,鳥居をくぐると

s-IMG_9138.jpg

有名なクサリ場が目の前に現れます(二の鎖。一の鎖は先の分岐で合流した別ルートから登ってくるとあります)。二の鎖の先には三の鎖もあります。

二の鎖ですが60mも垂直に近いようなところを登っていくわけでこれが本日のメインエベント。デジタル一眼レフカメラをザックにしまい,クサリに手をかけます。
ところがこの瞬間に,無情にも雨が降ってきましたよ(マジで登ろうとした時なんですよ!)。最悪のタイミングです。なんてこった。
雨が降っていたら鎖は避けて迂回路を通って登ろうと思ってたんですけど,もう登る気満々な僕はこのまま上を目指します。

ここの鎖は非常に特殊で

s-1433670024177.jpg s-1433670036967.jpg

とっても太くて,この輪っかや三角の足かけも利用して登るらしい。もちろんこの岩稜にも足がかけられるところがあるのですが,僕のトレッキングシューズが安物だからか滑ること山の如し。
10mほど登ったのですが思った以上に腕に負担がかかります(登り方が下手だからでしょうきっと)。そして雨はどんどん強くなっていきます。

うむ,徹夜明けでテンションは高いけれど体力的にはキツイし雨で濡れたクサリ場を登るほど僕は勇敢でない。しかたがありません。名誉の撤退を決定。
カッパを着こみ迂回路で登っていきます。三の鎖にもいちおうトライしてみましたがやっぱりやばそうだったのですぐにあきらめました。なんで三の鎖に挑戦しようと思ったんですかねえ。登れるはずないのに。やっぱ睡眠不足で判断力も低下していたのかも知れません。

s-1433670179215.jpg s-1433670200508.jpg
三の鎖

迂回路といっても階段が続きけっこうキツイです。ただし当たり前ですが安全性は抜群。

s-1433670057131.jpg

ここで初めて登山者とすれ違います。
白装束をまとった修験者の方たち。ああ,この人たちも迂回路で下るんだ。やっぱそうだよな。当たり前だよな。雨降ってんだから。

ヒュッテの横の最後の階段を上ると石鎚山(弥山)山頂です(8:05)。登山口から1時間48分でした。クサリのところでもたもたしなければ10分くらいは時間短縮できたはず・・

写真では分からないのですが雨は相変わらず降っておりまして風もかなりの強さ。
こういうときこそ,防水デジカメの出番ということで電源を入れてみたらまさかのバッテリー切れ。トホホ。

というこで二の鎖以降の写真は実はすべてスマホで撮影したものなのです。

s-1433670274693.jpg s-1433670372091.jpg

s-1433670346366.jpg
二ノ森

s-1433670214309.jpg s-1433670310584.jpg

雨は降っているのですが幸いなことにいちおう周りの風景はそれなりに見えたのは幸いでした。しかし寒いんです。体感温度は数度なんじゃねえの。Tシャツに長袖シャツにカッパ着ても寒いんだもん。

そして前方に見えるこのカッコイイ山が天狗岳(1,982m)。

s-1433670334879.jpg

この天狗岳が近畿以西では最高峰。このナイフリッジに無謀にも挑戦しかけたわけで。
いやいやいや。思いとどまりました。風雨が強くしかもほとんど寝ていない状況。ザックをデポしていこうということもその時には思いつきませんでした。やっぱ睡眠不足での登山はおそろしい。テンションは高いけれど頭と体は実はついていってないんじゃないかと・・・

とにかく寒いのでさっさと下ることにしました。

いちおう弥山(1,972m)に登ったので百名山17座目に登頂成功ということにしておきます。

時期も悪かったのか僕の観察力がほとんどないからなのかお花はあまり見かけませんでしたね。まああまり興味がないということが一番の理由だと思いますが。山頂付近に群生していたのがこのお花。

s-1433670496092.jpg
シコクハタザオ

雨で地面が濡れているので慎重に下っていきます。
いちおう左側通行のようなんですが・・

s-1433670472375.jpg
左側は切り立った崖

グレーチングも滑ったら大けがしますからゆっくりと手すりを利用して・・

分岐を過ぎると木道が多いんですがここはあまり滑りませんでしたね。

s-1433670539737.jpg

もくもくと下りまして,9:26に無事下山。

s-1433670553873.jpg

えっと,このまま敦賀に帰ったとしたら夕方だな。
ということで石鎚山には福井からでも日帰りは可能です(爆)

なお,この辺りは石鎚国定公園となっておりまして・・もちろん切手を持ってます。切手収集をしていた人ならだれでも分かるあの「国定公園シリーズ」ですよ。

s-IMG_9334.jpg
若狭湾国定公園の切手は青葉山だったんですね(当時は全く興味なし・・)

ええ,小学校の頃の一番オサレな趣味が「切手収集」だったんだからね。いまでいうとカフェ巡りみたいなもんですから!

【実績行程】
登山口 06:17
分岐07:26
石鎚山(弥山)山頂 08:05(休憩6分)
登山口09:26

登り:1時間48分(休憩5分含む)
下り:1時間12分(休憩なし)
標高差:480m
歩数:約18,500歩




この記事へのコメント

  • nippar

    すごいですね^^;なにの修行に行ったんですか??(笑)
    高所恐怖症の人には当然無理だしw
    切手を見てから行こう思ったのですか??( ´艸`)
    2015年06月09日 09:46
  • poptrip

    >nipparさん

    修業じゃなくて楽しい遊びですよ遊び。
    ふつうの人にはそうは見えないかもしれないかもしれないけれど(笑)
    切手は・・・たぶん関係ないと思うw
    2015年06月09日 21:10
  • エレコマニア

    国定公園シリーズ、懐かしいです。
    どの場所も、図柄が、素敵でしたね。
    越前加賀国定公園もね。
    あの時代の小学生は、みんな収集家でしたよ(笑)
    福井県で、二ヶ所有るなんて、結構、凄いですね。
    2015年06月12日 22:32
  • poptrip

    >エレコさん

    やっぱりあなたも集めてましたか。ふふふ。
    みんなにカミングアウトしてほしいよ(笑)

    確かに福井にふたつも国定公園があるってのはすごい・・ような気がしないでもないですね。国立公園はないんですよね,って白山国立公園があったか。
    2015年06月12日 22:42

この記事へのトラックバック