瀬戸内寂聴・瀬戸内晴美「わが性と生」

s-IMG_6774.jpg

アメトーークの読書芸人で光浦靖子が薦めていた本を越前市中央図書館で借りてきました。

s-waga.jpg
わが性と生/瀬戸内寂聴・瀬戸内晴美

瀬戸内晴美の作品って「美は乱調にあり」以来です。
タイトル通りの内容でちょっとここでは書けないことばかりです。それなりに興味深く読むことができましたが,あまり人にはオススメできないと思うんだよね。初心で純情な僕は肥〇ず〇き(あえて伏字にしてみた。分かる人には分かるんじゃないかな)って初めて知りましたわ。

で,まあ実を言うと本の内容はどうでもよくて(←コラッ!),
今回は瀬戸内寂聴の軌跡を紹介するのがメインなんですよ。

中川ホメオパシー先生(僕もツイッターでフォローしてます)が随時発表している数ある寂聴シリーズの一部を以下にご紹介させていただきます。


































今回の記事,他人の褌で相撲を取った感もありますが・・・中川ホメオパシー先生のセンスには脱帽です。
クイーン在籍時の寂聴,カッコイイっすよね~(笑)



この記事へのコメント

  • よっし~

    〇後〇い○ですね。
    私は小学生高学年で学びました(笑)
    2015年07月26日 19:33
  • poptrip

    >よたよたさん

    何をトチ狂ったこと言ってるんですか!
    ちがいますよ!

    ・・と言いたいところですが正解ですw
    僕はマジで知りませんでした。ジェネレーションギャップみたいなものもあるんでしょうかねえ。
    2015年07月27日 20:58

この記事へのトラックバック