うなぎ西本(名古屋市)

うなぎが好きです。

東海地方に行ったら,食べなきゃいかんでしょ。
富士山へ向かう道中,名古屋市内でうなぎを食べることにしました。

名古屋のうなぎと言えばまず思いつくのは「あつた蓬莱軒」のひつまぶしなわけですが,今回はパスして老舗の名店とよばれるところを選択。「木屋」,「いば昇」と並ぶ老舗。

東区の「西本」でございます。
東区の出来町通り沿い。裏に7~8台停めれる駐車場があります。東区と言えば学生の時,アルバイトで家庭教師をしていた生徒のマンションがあったなそういえば。あ,もうひとりの生徒はこの出来町通り沿いの喫茶店の一人息子だったな。そういえばこの辺に銀映っていうストリップ劇場があったんだけど(僕は行ったことがありませんw)・・当時,美穂由紀が来るぞ!って騒いでた友人がいたな。(銀映は惜しまれつつ2001年に閉館したそうです)
などとちょっぴりノスタルジックになりながらお店に入ります。

s-IMG_0764.jpg

平日の11時過ぎ,開店直後に入店しましたがすでに5~6組のお客さんが。
立派な中庭もあり老舗の風格が漂います。

うなぎ丼(2,100円)をオーダー。

s-IMG_0762.jpg

s-IMG_0763.jpg

うん。
おいしい。なんとなく上品なうなぎです。上品すぎる気がするかなちょっと。おいしいんですけど・・なんか満足度が足りないのはやはりうなぎのボリュームですわ。
4切っすか・・・厚みももうすこしあるとうれしいのですが,まあこのご時世ではしょうがないのかな。

期待が高かったこともあって不完全燃焼のままお店を出ました。
そしてせっかく名古屋まで来たんだからと学生時代の5年間を過ごしたアパートがまだ生き残っているのかどうか確かめに行ってみました。

s-IMG_0770.jpg

おお,あるじゃねえか。
ちょうど小さな子供を連れたお母さんがアパートに入っていくところでした。

s-IMG_0774.jpg

窓2つにつき,1つのエアコン室外機。
なるほど,2部屋ぶちぬいて大きくしてファミリー層が住めるようなアパートになったんだね。まあ当時はエアコンすらなかったんですけどね(笑)

この後,僕は富士山に登るために御殿場へ向かったのでありました。

s-IMG_0789.jpg
道の駅 潮見坂にて遠州灘を眺めながら足湯につかる

この記事へのコメント

  • 小心者

    銀映・・・懐かしいです。
    名古屋で学生生活を送った者としては一度は通る(騙される)道ですね。
    僕も先輩に無理やり連れて行かれました(当時は正直素直に興奮しました)、そして次のハードルは鶴舞劇場だとまた無理やり連れ出され、そこで衝撃的な場面に遭遇(法的にやばいので書きません)してしまいました。
    学生時代に住んでたアパートって気になりますよね。グーグルマップ見たりしてまだ残っているとホッとします。反対にお世話になった喫茶店、定職屋、バイト先のコンビニなどが他の店に替わっていると寂しくなりますね。

    2015年08月20日 17:42
  • poptrip

    >小心者さん

    あら,あなたも名古屋で学生時代を過ごしたんですか!
    僕はホントに銀映には行ったことがなくて・・うらやましいですw

    学生時代に通ったお店「かめや」「スタービーズ」「いのしし丸」「ひさや」「玉屋」・・みんな名前も雰囲気も覚えているのですが場所を覚えていなくて。もうみんな他の店に変わってるんだろうなあ。
    確かに一抹の寂しさを感じます。

    2015年08月20日 21:43

この記事へのトラックバック