別当出合から別山ピストン【中編】

南竜から南縦走路を通って別山を目指します。

s-IMG_9596.jpg
ハクサンコザクラ(僕の好きな花です)

s-IMG_9592.jpg

ここ↑を右に行けばよかったんですが,まっすぐ進んでしまいまして(どっちみち合流するんですけど),

s-IMG_9599.jpg

テン場を通ってしまいました。少し登って下るのでちょっぴり余計な体力を消費。先ほどのソロの女性・・テント張ってましたわ。すげえな。いろんな意味で。

広っぱ(湿地)に出ました。

s-IMG_9602.jpg

s-IMG_9604.jpg s-IMG_9605.jpg
チングルマ

このあたりの風景もいいですね~。
南竜から別山に向かう人は皆無でして。
うんこし放題ですよ!(しませんけど)

s-IMG_9606.jpg s-IMG_9607.jpg

目の前のでかい山。

s-IMG_9610.jpg
油坂の頭

ああ,あそこを登るのね・・
それにどう見ても一旦下ってますよね。
誰か橋をかけてくれないか。1,000円いや2,000円までなら通行料払うから!などという邪心はこれっぽっちも持ちませんよ僕は。下って登る。これが縦走の醍醐味なんだよ。と自分の行動に理由付けをします。

s-IMG_9616.jpg

50mほど下った後,沢を渡り登り返します。

ここからの道がちょっぴり酷い。

s-IMG_9619.jpg s-IMG_9620.jpg

草がボーボボ・ボボボーボなんです。
だからさあ,前回の山でも書いたけど・・露出の多い夏なんだからムダ毛処理はしておきなさいって!水着からはみ出ちゃうでしょ!・・などと山に向かって毒舌を吐くサイテーの男。

草たちはもちろん濡れているので僕のズボンもびしょ濡れ。
濡れそぼった草原(←こう書くとちょっぴりいやらしくなるから不思議)を抜けると恐怖の油坂が始まります。

s-IMG_9618.jpg s-IMG_9621.jpg
キオン/サラシナショウマ・ハクサントリカブト

s-IMG_9612.jpg s-IMG_9662.jpg
ヨツバシオガマ/タカネマツムシソウ

花がいっぱい咲いてるんですけど・・

きついんだな。油坂。

s-IMG_9622.jpg

揺れる木漏れ日 薫る油坂
悲しみに似た 薄紅色


と福山雅治も歌っている(←歌ってません!)この油坂。
ここが今回の山行で一番キツイところでした。
振り返ると白山御前峰が見えるのが唯一の救い。何度も振り返ります。

s-IMG_9627.jpg

しかもとてもマズイことに前方にはガスが・・萎えます。萎えます。
何度も何度も立ち止まり,すこしずつ登っていきます。

油坂の頭(2,256m)に到着したのは9:04。250mほど登りました・・・

s-IMG_9637.jpg
油坂の頭より白山御前峰

ここまで来ると北アルプス・乗鞍・御岳方面も見えるはずなのですが・・

s-IMG_9644.jpg
うん・・・なんか見えるな。さすがにどれがどの山か分かんねえ

そしてこれから登る別山方面は

s-IMG_9639.jpg

オーマイガッ!
まあ覚悟はしてましたけどね・・
かなりへばったので,ちょっと長めの休憩をとります。

s-IMG_9648.jpg s-IMG_9649.jpg
殿ケ池避難小屋と白山釈迦岳/甚之助避難小屋

15分ほどやすんで出発。

ここからは稜線歩き。

s-IMG_9653.jpg
天池

アップダウンの繰り返しで昭文社の地図によると「ガレ・危険」と書かれた大屏風というヤセ尾根へと。

s-IMG_9656.jpg s-IMG_9657.jpg
大屏風

思っていたほど怖いところではありませんでした。まあ落ちたら大けがするのは間違いありませんが,こういうところ他の山でもいっぱいありますから極端に恐れる必要はないかと(個人の感想です)。慎重に歩けば何の問題もありません(個人の感想です)。滑ったり躓いたりしないように。それだけ気を付けて・・

s-IMG_9666.jpg
白山御前峰方面を振り返る

s-IMG_9667.jpg
乗鞍・・かな?

s-IMG_9671.jpg
西側には相変わらずすごい雲海

s-IMG_9674.jpg s-IMG_9683.jpg s-IMG_9686.jpg
ミヤマコゴメグサ/ミヤマリンドウ/カライトソウ

s-IMG_9675.jpg s-IMG_9682.jpg
ちょっと崩落してるっぽいとこもありーの

このあたりで先行者を追い抜きます。
「こんちわ」「はじめて人と会いましたよ!」「ハハハ。僕もです」
この方,南竜にテン泊してチブリ尾根から下山するとのこと。

池があるからでしょうか・・
標高2,200mという高地なのに赤トンボもいるんです!

s-IMG_9692.jpg

登ったり下ったりの繰り返し(急登もあり)に加え,ちょいと左足股関節に違和感があったり(気のせいかもしれない。一度負傷しているから過敏になってるだけのような気も),もうこのへんではヘロヘロです。

s-IMG_9719.jpg
チブリ尾根分岐(10:33)

s-IMG_9721.jpg s-IMG_9725.jpg

石室を越えるとだらだらとした登りが。たいした傾斜じゃないんですけど足取りが重くて重くて。この坂で何度も立ち止まります(情けない)。

そして何とか別山山頂に到着です(10:44)。
別当出合から5時間1分。

鳩ヶ湯から三ノ峰経由で登ったときは約4時間30分でしたが,あのときはかなり飛ばしたもんなあ・・標準コースタイムで言うと三ノ峰経由の方が時間がかかることになってますのであしからず。

s-IMG_9730.jpg
二等三角点 別山(2399.31m)

何も見えず,誰もいない山頂の寂しさよ。
鳥と蝶々とトンボとハエと僕しかいない静かな山頂。

s-IMG_9732.jpg
著者近影

カップラーメンを食べて,たっぷりと体を休ませます。40分ほど山頂にいましたが,結局だれも登ってきませんでした・・orz

この後,僕の登山史に残る大事件が待っているとも知らず,意気揚々と下っていきます。


(つづく)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック