「John and Yoko」の歌詞書き起こしに挑戦する

僕はビートルズが好きです。
もちろんモノホンのマニアには全く敵いませんがそれなりのファンだと自負しています。

そんな僕もジョンとポールのソロ作品にはそれほど興味がなく,ビートルズのアルバムは全部持っている僕も(リマスターは除く)それぞれのソロ作品はコンプリートしておりません。ジョンの場合,「ジョンの魂」「イマジン」とベストアルバムしか持ってません。

越前市中央図書館で見かけたジョン・レノンとヨーコ・オノ名義の「ウエディング・アルバム」を借りてみたんですがぶっとびました。A面はジョン・レノンとヨーコ・オノが20分もの間,お互いの名前を呼び続けるだけという迷曲。最初に聞いた時は笑いが止まりませんでした(もちろん最後まで聞きとおすことはできなかった)。この曲,「トリビアの泉」でも紹介されていたようです。

で,まあちょっと暇があったもんで曲の歌詞を文字に起こしてみたいと・・だってアルバムには歌詞カードがついてないんだもん!(当たり前だ)



ようこ
じょーん

よーこ
じょん

よーこ
じょん


よーこ
じょん

よぉこう
じょーん


よぉこぉっー
じょーん


よぅこぉっーー
じょーーーん


よぅこぉぅーーーーー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん
(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

よぉこぉっー
じょぉぉぉぉぉん(泣きそうな声)

ようこおっ(優しい声)
じょーーん

よーこぉー
はぁん・・じょぉぉん(ほとんど喘ぎ声)

ようこぉ
はぁはぁ・・じょぉん(ほとんど喘ぎ声)

よぉぉこぉお・・(囁き声)
じょぉぉぉぉん・・ハァハァ

よぉこぉっ!
ハァ・・ハァ・・じょぉおぉおん

よぉおこおおっ
じょんじょんじょんじょんじょんじょん

よおこよおこよおこよおこよおこ
じょんじょんじょんじょん・・ハァハァ・・じょんじょんじょん

ようこようこ横横横横横横横横横よーこおっ!
じょぉ・・ヒィ・・グスン・・おおん

ハァハア・ようこぉ
じょぉぉぉぉぉぉんんん・・

ようこ?
じょん?

ようこぉっ?
じょん?

よおこぉぉぉぉぉっ!
じょぉーーーーん

ようこう
じょんうぅぅん・・

よーーーーーーーーーーーーーーーーーーーこーーーーーーーーーー
じょーーーーーーーーーんーーーーーーーーーーー

(ちゅぱちゅぱ)よーーーっっこっおおぉぉうう・・ハァハァ
(ぴちゃぴちゃぴちゃ)うぅーん,はぁぁああんじょぉおおん

よーこようこようこよこよこよこよーーーこ,ふーん,はあはぁ
じょぉんじょぉんじょおおううん

ようこおぅーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
じょーーーーーーーーーーーーーーーーーんじょーーーーんじょんじょんじょん

ぅよおぅこおーー
じょうんんんん

よおっこおうーー
じょううううんんんん\\

用高おぉっ!
正恩っーー



北の首領様と具志堅用高がお互いの名を呼び合いながらベッドで絡み合っているような感じになってきたところで笑い過ぎと気持ち悪さに文字起こしに白旗を上げました。

このように文字にするとジョジョの奇妙な冒険チックになってしまうわけです。
それにしても,こういうのが22分続くんです。まさに地獄。信者以外にはまさに地獄の黙示録。罰ゲームか,はたまた拷問かっつーくらいの前衛音楽(これを音楽と呼ぶことができるのならば)。
とちゅうなんか食べながらお互いの名前を呼び合ったり(お互いに愛撫しあってるようにも聞こえる),はっきりいって雑音以上のひどさであります。
これを楽しんで聞けるかどうか。これがジョン・レノンの真のファンであるかどうかを見分ける踏み絵なのであります(ウソ)。そして残念ながら僕はジョン・レノンの真のファンではないことがこの曲を聞いて判明したのでありました。

あ,文字起こしするより,実際の音源を聞いていただいた方が早いですね。
この曲を最後まで聞きとおすことのできるあなたは・・・変人です(笑)




この記事を書くために自宅でずっとこの曲をかけていたんですが家族からは苦情の嵐

「うるさいからやめてくれ」(ムスコ)
「なんでこんな気持ち悪い曲をずっとかけてるの?」(ヨメ)

ええ,マトモな感想です。よかったよ,この曲サイコーだね。なんていう家族がいなくて(笑)

こんなアルバムを発売してしまうレコード会社に問題があると僕は思いますけど,正直。そしてそれが図書館にちゃんと置かれているという悲劇。この曲以外に収められている曲もマトモじゃありません。かなりキテますので購入および鑑賞には注意が必要です。
また,ジョンとヨーコはとあるアルバムのジャケットでペアヌード(梅宮アンナと羽賀研二のさきがけw)を披露しておりまして(モザイクなし),ホントにあの2人のアタマの中は僕のような凡人には理解できる範疇を超えているのでございます。

なお,ビートルズ時代の「ホワイトアルバム」にも「Revolution No.9」という珍曲(わけのわからん音とナンバー・ナインっていう声が延々と続く地獄)が含まれておりまして,iPodでこの曲がかかると即スキップするのでございます。

芸術って難しいよね。

実は2ヶ月ほど前に,この「じょううん」「ようこう」って空耳ネタをタモリ倶楽部の空耳アワー係に応募したのだが,いまだにオンエアがないw
政治的にアレなもんでボツになったのかストレートすぎたのか安西さんの琴線に触れなかったのか。まあ,ほかに2つ3つネタがあるのでまたハガキを出してみようと思っております・・・ふふふ。


この記事へのコメント

  • Herr Katze

    まー正直ジョンの趣味はわからんなーと
    単体になってからの曲はピンとこないですね
    わたしゃビートルズでもポール派かも
    2017年05月29日 02:22
  • nipper

    愛があれば、怖いものなしなんです!
    そして、この曲だったんですねww完全に外れたならwebで公開してもいいのでは(笑)
    鯖江出身(?)のあの人の時に出すと、採用されていたかもしれませんねww
    2017年05月29日 12:59
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    確かに音楽的な面ではポールのほうが勝ってると思いますが,ジョンには何か特別なものがあるような気が・・しないでもないわけでして。
    ジョンのソロライブよりもポールのソロライブのほうが絶対楽しめるだろうなあと思います。
    2017年05月30日 20:39
  • poptrip

    >nipperさん

    そう,これだったんですよ。てへへ。
    鯖江出身のあの人はレギュラーではないからなあ(笑)
    空耳ネタが3つ4つたまってるんですがどうも筆が進まず・・そのうち勇気を出して第2弾をナイショで投稿しようと思ってますのでお楽しみにw
    2017年05月30日 20:41

この記事へのトラックバック