お墓詣りの旅

僕の父親はもともと新潟県の上越市(旧・高田市)というところの出身です。
だから,お墓も高田にあります。
毎年,この時期に家族で墓参りの旅に出るのが恒例行事となっているのであります。

両親と僕と兄の4人は車で高田へ向かいました。

北陸道を走っていると白山市の工場建設現場が目に留まります。

s-IMG_0693.jpg

キリンビール工場跡地に建設中のジャパンディスプレイ白山工場。
大型クレーンが林立する光景はなかなかのもんです。帰りには夜景も見ましたが,これもまたすごいですよ~。一見の価値ありですね。

s-IMG_0695.jpg

最近の僕の頭の中の結構な割合が山のことで占められておりまして,富山市あたりまでくると劔・立山連峰が見えるのを楽しみにしていたんですが・・・あいにく雲の中。残念。

さて,高田のお寺でお墓参りです。

s-IMG_0706.jpg
我が家の家紋です(・・家紋なんてあるとは知らなかったよww)

調べてみると「丸に立ち沢瀉(おもだか)」というメジャーな家紋のようで。
なお,わたしの家は清和源氏がルーツで・・・というのはもちろんウソでありまして誰の末裔なのかはさっぱり分かりません。家系図もありませんからなあ。

さて,せっかくこんなところまで来たので辺りを散策。去年は,林泉寺(上杉謙信ゆかりのお寺)や春日山に行ったわけですが今回は高田公園。

s-IMG_0718.jpg

鯖江の西山公園などと同じく「日本の歴史公園100選」に選ばれています。

高田城は,徳川家康の六男,松平忠輝の居城として天下普請によって造られた。城地の縄張りと工事の総監督は忠輝の舅の伊達政宗である。

s-IMG_0724.jpg
越後高田城三重櫓

いちおう登ってみました。

誰が作ったのか分からない「天下の名城番付」というものが張られていまして

s-IMG_0726_1.jpg
越前鯖江城という文字が。

えっ。鯖江に城があったなんて初耳なんですけど!
帰ってから調べてみたところ,「長泉寺山(西山公園)の山項に天守を築城するという計画があったそうなのですが,天保の大飢饉や藩の財政難もあってか実現されることなく終わった」のだそうで。「まぼろしの鯖江城」と呼ばれているそうです。
・・・まったく知りませんでした(笑)

s-IMG_0728.jpg

本当なら妙高山火打山が見えるはずなんですが・・・こちらも雲の中でした。

いやほんとは一泊して僕だけ妙高山や火打山に登ってから帰りたいくらいだったんですけどねww
うちの父親は昔,学校の遠足か何かで妙高山に登ったことがあると言っておりました。

s-IMG_0734.jpg

お堀のカメに癒されました(笑)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック