赤兎山#2【後編】

赤兎山から避難小屋まで白山・別山・三ノ峰等を見ながら歩くこの道。

s-IMG_2560.jpg
避難小屋と別山・三ノ峰

・・・好きですねえ。
やっぱりこの雰囲気は最高ですよ。
福井県内の山では一番好きなスポットかもしれません。

s-IMG_2567.jpg

山頂から15分で避難小屋に到着。

小原峠で会ったソロの親切なおじいさまから「避難小屋から2~3分行ったところに見晴らしのいいところがあるからそこでご飯食べるといいよ」という情報を得ていたので,避難小屋を通過します。

あ,避難小屋にはトイレがありますがけっこう残念なタイプのやつでありまして・・・おばはんはトイレを利用せずに道端で用を足しておりました(ミニ情報ですww)
おばはんのように逞しい女性じゃないと山には登れないと思うんですよ。山ガールへの道は厳しいのです!

s-IMG_2572.jpg s-IMG_2571.jpg

杉峠~三ノ峰方面へ続く道。避難小屋から数分でちょっとした広場を発見。
はい。ここでご飯をいただくことにします。
もう少し行くと白山,別山の全景がどどーんと見えるところもあるのですが6人で飯を食べるには,このスペースが最適。

s-IMG_2573.jpg s-IMG_2575.jpg

おばはんの手による豚汁と

s-IMG_2574.jpg s-IMG_2578.jpg

赤飯のおにぎり。
デザートはスイートポテト。

味噌にスズメバチが寄ってきてちょいとビックリだったんですが。こんなに寒くてもスズメバチって生きてるんだね。秋になるとみんな死んじゃうはずなのに。

確かに見晴らしはいいんですけどね・・・ほとんど周りを見ずに飯を食ってたわけで,どこで食ってもいっしょじゃねえかとあとで思ったりもしたんですが(笑)

ご飯を食べている間に,続々と他の登山者がやってきます。
文字通り老若男女(が圧倒的に多いんですがw)さまざまな人たちが。若・女はいねえのか。ええ,少しはいるんですがみんなコブ付きです。まあどっちでもいいんですけどね,そんなこと。あのオサレで派手なファッションが見たいだけなんで。山ガールがいるとなんとなく雰囲気が明るくなるんですよ。ははは。

それにしても・・・

s-IMG_2583.jpg
ここは北アルプスかっ!

ていうくらいの人人人。
鳳凰三山よりも美ヶ原よりも人が多いんだよ・・赤兎で出会った人は少なく見積もっても100人以上。
こんなにたくさんの人が座れる場所があるはずもなく,けっこう危ない斜面に座ったり登山道の脇に座ってメシを食う人たちも(避難小屋の周りもいっぱいでした)。

早い時間に来た僕たちは特等席をゆったりと利用できたのです。

ゆったりと食事を終えます。
せっかちな僕はひとりだとこんなにのんびりとした山行はあり得ませんから。
それでも時間はたっぷりあるので杉峠方面へ少しだけ進んでみます。

s-IMG_2586.jpg

ははは。すごいね。
下の方まで丸見えっすよ。
ここまで来るとさっきまでトップレスだった白山と別山がボトムレスになっちゃいます。オールヌードっすよ。紅葉がすそ野まで続いておりますわ。

s-IMG_2589.jpg
岐阜県側の山々

さて,メシも食ったし景色も十分堪能したし下山しましょうかね(11:07)。

・・・それにしても暑い。
防寒対策をちゃんとしてくるように!ってみんなに案内を出した私なんですけど・・風も全くないし防寒対策何て不要。Tシャツの人も何人もいましたからね・・orz
途中に水場があるからという理由もあって水分も500mlしか持ってこなかったんだけど下山途中になくなりました・・・

s-IMG_2598.jpg s-IMG_2602.jpg

避難小屋の周りでは何かを料理しているいい匂いがします。
あっさりと通過し,振り返ると避難小屋と白山。

s-IMG_2604.jpg s-IMG_2606.jpg

新しい階段。

ここでもたくさんの人とすれ違います。
うんざりするくらいの人。

s-IMG_2610.jpg s-IMG_2612.jpg

s-IMG_2613.jpg
11:29 赤兎山山頂

水分だけ補給してすぐ下ります。

s-IMG_2618.jpg

s-IMG_2620.jpg

紅葉を見ながら下っていきます。

s-IMG_2621.jpg
大舟分岐

s-IMG_2622.jpg

s-IMG_2638.jpg

小原峠までの下りはなかなかやっかいでした。

s-IMG_2628.jpg

なんかね,ここ数日雨は降ってないと思うんだけど岩や土が湿ってるんすよね(赤兎山~避難小屋の間の道も相変わらず一部はぬかるんでましたし・・・)
これがね・・滑るんすよ,いい具合に。あとちょっとザレたところもあって・・2度ほど滑って手をつきました。ここをKくんはスニーカーで下っていったんだからたいしたもんです。

s-IMG_2649.jpg
12:08 小原峠

ここで遅れているおばはんと長老を待ちます。
TさんとKくんのビギナー二人は僕等よりずいぶんと先に行っている・・・怖いもの知らずだな。うん,まあ一度くらい痛い目に会わないと色んなことが分からないんだよ。滑落経験者の僕とマスターみたいにね。フフフ。

ここからはマスターと僕の二人でTさんKくんを追います。ええ,滑落コンビ再結成です(笑)
なんかね,マスターと僕って体力的にも歩くスピードもちょうど合うんですよ。相性抜群のお似合いのカップル。ふたりの愛のランデヴーは永遠に続くのだ(ウソ)
自分と同じくらいのペースの人と歩くっていうのが一番疲れないんですよね。

s-IMG_2641.jpg s-IMG_2655.jpg

もう12時をとっくにまわっているというのにまだ何人もの登ってくる人とすれ違います。うーむ。この時間でも登ってくる人がいるのか(僕からしたら信じられないんだけど)。帰りのすれ違い困難な小原林道を運転する時にも登ってくるクルマがいたらいやだなあ・・・

s-IMG_2656.jpg
登山道の整備をしていました

s-IMG_2658.jpg

12:33に無事下山。
auの携帯は稜線まで出るとだいたい通じましたかね。登山口ではauもdocomoもダメでした。そういえばもうひとつ携帯のキャリアがあったような気がするんだけど・・ww

s-IMG_2658.jpg

駐車場に停めれなかったクルマは路駐しておりましたわ。

s-IMG_2660.jpg s-IMG_2665.jpg

ゲートでもらった割引券を利用して「勝山温泉センター水芭蕉」へ(利用料600円)。

おつかれさまでした~。

【実績行程】
小原登山口 07:30
小原峠08:05(休憩12分)
大舟分岐08:39
赤兎山頂08:53(休憩25分)
避難小屋09:32(昼食1時間06分)
赤兎山頂11:29(休憩3分)
小原峠11:58(休憩10分)
小原登山口12:33

歩行時間 :5時間03分(休憩1時間56分含む)
最大標高差:500m
獲得標高 :560m
歩行距離 :6.7km







この記事へのコメント

  • nippar

    アプリ、重宝してますね(*^-^*)にしても、人多いですね~~。
    分かったことは、popさんにとっておばさまは必要不可欠だということです!!スイートポテトまで作る前日の準備は大変だと思いますし(*´ェ`*)
    2015年10月22日 10:10
  • poptrip

    >nipparさん

    おばさまではなくおばはんですよ!
    前も注意したと思いますけど(笑)

    おばはんは体力がないのがアレなんですが,おばはんのおかげで山でのメシには恵まれてると思います。たいていデザートも出てきますからね。

    ひとりのときなんかはカップラーメン,おにぎり,パンくらいしか食べませんから・・・まあせっかちな僕にはぴったりなんですけど。ははは。
    2015年10月22日 22:52

この記事へのトラックバック