肩書き

僕が初めて「肩書き」という言葉を知ったのはこの漫画からだった。

14.jpg

ええ,ワタクシ全巻所有しておりますよ。

この14巻には「肩書き」というエピソードが収録されています。

s-IMG_20151219_0001.jpg

彼は「肩書き」というものが大嫌いなのです。はじめて読んだのはたぶん小学生のころだったと思うんだけど「なんかかっけーっ!」て単純に思った記憶があります。大人になった今はそういう単純な感想は持ちませんけどね。

なぜ「肩書き」などというものについて語ろうかと思ったかというとですね・・・仕事で取引先の方に書類を郵送するとき,当然宛名を書くわけですが,その肩書きがあまりにも長くてメチャクチャイラっとしたからなんです!

株式会社○○△△△△△△△△△△
△△△△△△△△△事業本部 ○○・○○○○事業部 ○○○○統括部
○○○○・○○部 部付担当部長 ○○○○様

(伏字の○は漢字,△はカタカナを表します)

おいコラ!肩書きだけで60文字もあるじゃないか。
自分でも覚えられないんじゃねえの。だいたい事業本部の下に部が縦構造で4つもあるってどういう組織体系をしているんだよアンタの会社は!と心の中でちょっと思ったりして・・・




一般的に知られている長い肩書きと言えばこの人でしょう。

s-shira.jpg

チーム・バチスタの白鳥さん。

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」のときの肩書は

厚生労働省大臣官房秘書課付技官 医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長 兼 保険局特別監査室室長代理

・・・これでも52文字ですからな。

しかし上には上がいるもんで。
名刺を見ていたら・・・

○○○○△△△△△△△△株式会社
△△△△△△△△本部 △△△△△△△△統括部
○○△△△△技術部 ○○○○△△△△設計課 
○○○○サービスチーム主任技師 山本太郎


なんとこの山本太郎さん(山本太郎は仮名ですもちろん)は肩書きだけで72文字なんですよ,奥さん。72文字ってオイ!!!
まあ白鳥さんと比べたらカタカナが多いんで書くときにどっちが大変かと聞かれるとなかなか答えにくいんですけど長さだけならこっちのほうが20文字も多いんですからね。

ひらがなにすると白鳥さんの場合
「こうせいろうどうしょうだいじんかんぼうひしょつきぎかんいりょうかごしかんれんちゅうりつてきだいさんしゃきかんせっちすいしんじゅんびしつしつちょうけんほけんきょくとくべつかんさしつしつちょうだいり」と97文字

一方僕がイチオシの山本太郎(仮名)の肩書をひらがなにしてみたら(具体的にはかけないからアレなんですけど)・・


驚異の98文字でした!


この不毛な戦いは,大接戦の末,poptripイチオシの山本太郎(仮名)に軍配が上がったのです。パチパチパチ。


・・・いやちょっと待てよ。

でも実際に書くときに重要なのは画数だよな。

ということで画数も検証してみました。
僕の数え方が正しければ,以下のような結果となります。

白鳥さん    :475画
山本太郎(仮名):381画

やっぱ白鳥さんはすごかった。
対戦結果は1勝1敗の五分ということになったのです。



・・・というお話でした(どないやねん!)。

郵送するときには違う部署に配達されちゃったりしたりする可能性もあるし,失礼にあたるから肩書きはすべて書かないといけないですよね・・それに加えて住所も書かなくちゃいけないんですから,大変なんすよほんとに。




僕も劇画の主人公になった気分で

s-IMG_20151219_0003.jpg

「肩書きってやつがきらいでねえ・・」

とつぶやいてみたくなるのです。
いや正確に言うと「”長い”肩書きってやつがきらいでねえ・・」ですね。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック