2016登り初めの文殊山

1月2日(土)

今年も登り初めはやはり文殊山です。正月に文殊山に登ると,干支の置物みたいなやつが貰えるんです。いつもなら三が日はぼけーーーっと家で過ごしてるんですけど・・去年初めて干支の置物をゲットしたんですよ。

天候はくもり。自宅を出発し文殊山へ向かうのですが,ええっと・・・久しぶりにやってきました。2016年の初OPP(おなか・ぴーぴー)が。唐突で理不尽な便意が!
生物学者ユーゴー・ド・フリースが発見したこの生物の進化における現象を突然便意(とつぜんべんい)といいます。

でもね幸いなことに自宅と文殊山の間には僕の実家があるんです。
新年早々僕のお腹の中でバスターコールが発動されてしまったわけですが,これくらいの便意なら余裕のよっちゃんです。バスターコールなんて怖くない。ただ油断は禁物。何度も僕のお腹には裏切られてますからね。まさに獅子身中の虫ですよ(笑)
まあ途中のコンビニに駆け込むという最終手段もありますし・・・ただコンビニのトイレが空いているという保証はありませんので緊張感を持ったま運転をする必要があるんです。前門の虎肛門の狼状態です(なんのこっちゃ)

実家でトイレを借り,事なきを得た僕は,文殊山二上登山口駐車場へ。

s-IMG_6997.jpg

長靴をはいて出発です(8:38)。
長靴をはいて干支の置物をゲットするという野望を胸に山頂を目指します。まさにゴム長の野望

荷物は何も持たず,首からカメラだけを提げて。手ブラです。そしてもちろんノーブラです。パンツは・・安心してください。穿いてますから!と流行語も取り入れつつブログは進んでいきます。犬が吠えてもブログは進むんです。しかし手ブラって楽チンですね~杖だけは持って行こうか悩んだんだけどやめときました。

10分ほど登山道を歩くと,

s-IMG_7000.jpg s-IMG_7001.jpg

文殊山名物のにゅるにゅるどろどろぬちゃぬちゃのぬかるみが現れます。

s-IMG_0556.jpg

こんなところで転倒してしまったら最悪ですよ。楽しい登山が,楽しいお正月が台無しになりますよ。今年1年を占う初登山で泥まみれになるなんて粗相は許されません。

・・・と前振りは十分ですね!

ふふふ。

登山開始から13分後の8:51。

みなさんの予想どおり,事件は起こりました・・

Hポスト分岐のちょっと手前のぬかるみで

s-IMG_7004.jpg

思いっきりにゅるんってすべってしまいまして・・・

華麗なる転倒。

両手と右ひざを泥地についてしまい,当然首から下げていたカメラも一部が泥に・・・。オーマイガッ!我ながら見事なまでの新春初すべりでございました。
いちおう言っておきますけどブログネタのためにわざと転んだわけじゃないですよ。そこまで僕はブログに命をかけてませんから。

このまま登るかあるいは退却するか。ドロまみれだけにドロンしてしまおうかと一瞬迷ったんですけれど干支の置物をもらわずに撤退なんてありえない。そのためにやってきたんだから。カメラもいちおう動作確認良好・・・
ただ冒頭に書いた通り手ブラ&ノーブラのためタオルもロールペーパーも持ってきておらず,手袋とカメラとズボンの右ひざは泥をつけたまま登っていくしかありません。もうね,まるで戦場カメラマンの様相ですよ。泥のついたカメラは戦場カメラマンの勲章。つっぱることが男のたったひとつの勲章なんです!

とはいいつつもハイカーたちに汚れたおべべを着たこの情けない姿を見られることに残念ながら僕のガラスのハートは耐えられないので,Hポストで右に折れ旧道を人目を避けるように登ることにしました(笑)

もちろん完璧にブルーはいってます・・

s-IMG_7005.jpg

目論み通り,誰ともすれ違いませんでしたぜ。

ふふふ。

これでオレも

men.jpg

メンタルリセット!!!!

そして小文殊手前でメインのルートと合流。すました顔で何人かの方とすれ違い,何人かの方を抜き去ります。そしてそのたびに僕と同じように泥で汚れている仲間を一生懸命目を凝らして探すのですがみなさんきれいなおべべのまま登っております(泣)
新年早々転んだおバカは僕だけだったようです。
ここから先も最後まで気の抜けないどろどろの道が続くため,泥だらけの天使と化した僕は慎重に泥のついたカメラや手袋をなるべく隠すようにうつむき加減でブルーな気持ちのまま山頂を目指します(メンタルリセットなんてそう簡単にできやしないんだよ)。

s-IMG_7013.jpg

なんとか9:20に山頂に到着。転倒というアクシデントに見舞われましたが駐車場から42分とまずまずのタイムでございました。

さて,お参りして干支の置物をゲット・・・できませんでした!
すでに用意された数量は配られてしまったのでしょうか。昨日は天気に恵まれたためたくさんの人が文殊山に訪れ,なくなってしまったのでしょうか。

踏んだり蹴ったり。
泣きっ面に蜂。
弱り目に祟り目。
一難去ってまた一難


便利な慣用句がいっぱいこの世には存在するという無情・・ああ無情。レ・ミゼラブル!

s-IMG_7014.jpg

タバコを1本だけ吸って,さっさと下山します。
人は干支の置物のみに生くるに非ず
もうなんの未練もない。
前日,初詣でに行った劔神社でひいたおみくじは「大吉」だったはずなのですが・・・大吉のバカヤロー。って芸人をディスったような感じになっちゃってますが。

s-DSC_0081.jpg
山頂に着くころには泥もずいぶんと乾いてきましたww

下りは正規の二上コースを・・

s-IMG_7020.jpg

容赦ないダートに悪戦苦闘四苦八苦。

すれ違う人の「新年早々こんなところでこけたら最悪だよね~」などと談笑する声が聞こえます。ええ,ここにその最悪を味わった男がいるんですけどアピールはできません。恥ずかしくてすれ違う人と挨拶する時もちゃんと顔を上げることができないんですから。そのせいか,どうもよたよた氏とすれちがっていたようなのですが全く気づきませんでした(残念)

慎重に慎重に石橋をたたいて渡るように。
なんとか下りはコケずに駐車場までたどり着きました(10:13)。

s-IMG_7031.jpg

山頂から駐車場までは登りとまったく同タイムの42分でございました。相当ゆっくりと転ばないように気をつけて下りてきましたからね。

新年初登山がこういう感じでは先が思いやられます。ただ歴史は繰り返されるということは証明されておりますので・・もし山で泥んこの男を見ても見ないふりをしていただきたいと,かように思うわけです。転ばぬ先の杖と申しますがやはり手ブラもまずかったっですね。タオルがあれば・・杖があれば・・僕は段取り八分という言葉が好きなんですがなかなか実行できないんですよね。今年は有言実行の年にしたいと。年間50座を今年も目標に掲げます。


この記事へのコメント

  • nippar

    あけましておめでとうございます(いえ、転んだのがおめでとうと言うわけではないですw)そして、お受験が終わった後のスベリで良かったですね♪
    去年、popさんが干支の置物の宣伝しちゃいましたからね^^;倍率が上がったのかもしれませんよ~。よたよたさんはゲットできたんでしょうか^^;気になりますわ。
    今年もよろしくお願いします♪
    2016年01月05日 12:57
  • poptrip

    >nipparさん

    あけましておめでとうございます。
    昼休みのカキコミということは・・今日からお仕事ですか(笑)

    よたよた氏はちゃっかりゲットしたみたいですよ~
    今年もよろしくお願いします。
    2016年01月05日 22:09

この記事へのトラックバック