三床山#17(石生谷コース)

twitterで流れてきた秀逸なツイート。
僕も思わずリツイートしてしまいました。

s-screenshotshare_20160130_110835.jpg

オレもね,家にいても何もないし家族が誰も相手にしてくれないから山に登るっていうこともあるような・・・ww
いや,オレは家にもちゃんと居場所があるし,忙しいけれど自分の健康維持のために,山頂からの絶景を楽しむために,達成感と感動を味わうためにわざわざ時間を作って山に登ってるんだよ!と明確に否定させていただきたい。
汚れきった下界を離れ大自然に囲まれて,非日常を味わいながら,オレは自分を見つめなおしつついつの間にか無我の境地に達しているのだよ(ウソ)。まあなんていうんですかね,ただ単に山が好きなんだろうなあ。写真を撮るのも楽しいし,歩いていると健康的な気分になるし(実際に健康になってるんじゃないかと・・・),ベッキーのこととかゲスなことも山では忘れられるんですよ(たぶん)。いちおうストレス解消にもなってるんじゃないかと。
と,無理やりマトモな理由をつけてみましたがいかがでしょう。
って僕がしょっちゅう登っているような低山では車の音も聞こえるし空気が澄んでるわけでもないし携帯電話だって通じるしスマホでネットサーフィンだってできるんだからアレなんですけどね(笑)



1月31日(日)

午前中は所用があり身動きとれず。しかし晴天に釣られまた三床山に。今年早くも3回目だよ。最近,まとまった時間が取れずちょっとした空き時間に山へってなるとGMTの三床山になっちゃうんすよ。
カメラだけ首から下げて手ぶら&長靴で登ることにします。

5日ほど前にラッセルしたあの林道もほとんど雪は融けております。

s-IMG_7547.jpg

登山口駐車場には先客のクルマが1台。
13:16にスタート。

s-IMG_7548.jpg

ちゃんと何人かの人がこのコースで登ってるみたいですね。
三床山メジャー化計画は実を結びつつある・・のか?

s-IMG_7579.jpg
13:25 林道終点


驚いたことに漆原コースのほうにも足跡がありました。
物好きもいるもんだねえ。

登山口からここまで9分。
前回のラッセルではここまで24分もかかって泣きそうだったんだよなあ。

稜線に出ると

s-IMG_7552.jpg

雪はほとんどなくなります。
部分的に10cmほど雪が残っているところもありましたがノー問題。
ただぬかるんでいるところもあるので足元注意ヨシッ!とKY(危険予知)をしながら歩いて行きます。なんどか足をとられて危ない目にあいましたが泥だらけになることも手をつくこともなく。

s-IMG_7557.jpg

頂上まで1000mの看板を過ぎると一旦少し下って,そのあとは登りが続きます。

s-IMG_7560.jpg

ここからが山頂までがちょいとキツイかな。
先行するおじいさんを追い抜きまーす。

高齢の登山者って熊鈴じゃなくてラジオを鳴らしてる人が結構いますよねえ。ラジオって最近の子は持ってないんすよたぶん。

s-IMG_7563.jpg
三床山山頂(280m)

登山口から41分でした。
前回の半分以下のタイム。
しかも雪のなかった前々回よりもちょっぴり早かったという。

s-IMG_7565.jpg

午前中は白山もちゃんと見えてたんだけどなあ・・・

s-IMG_7569.jpg
日野山方面

ほんとは日野山も登ってみたいんだけど・・とにかく時間がない。
この後もちょっとした予定があるものでタバコを1本吸ってさっさと下山します。

s-IMG_7573.jpg

s-IMG_7580.jpg s-IMG_7581.jpg

s-IMG_7582.jpg

14:46に無事に下山。


登り:41分
下り:36分





この記事へのコメント

  • nem

    登山好きの人のコメント、ほんとに重いですね…。

    ただ、家で居場所がないからと外に出て見ようと思う気持ちやその場所に山を選ぶ感覚とどうにも合わないのが面白いですね。前向きなんだか後ろ向きなんだか。
    2016年02月07日 00:22
  • poptrip

    >nemさん

    重いですよね~w
    まあすべての人がこういうことじゃないと思うんですけど。
    結果的には嫁さんも本人もWin-Winでいいじゃないかと思っちゃってはいけないんでしょうか。
    2016年02月07日 19:28

この記事へのトラックバック