恵那山【後編】



s-IMG_9283.jpg

中央アルプス(木曽駒とか)も見えるらしいのですが残念ながら雲隠れ。

7/10あたりからの急登にヘロヘロの僕ちゃん。
今年初めてのアルプスはやはり一筋縄ではいかなかった。

この雪がね,カッチカチに固まってるもんで,つるつる滑りやすいんです。これがまた疲労度を増す要因のひとつ。僕のイメージだと残雪ってのはもう柔らかい雪でガボりまくりっつー感じだったんですけど・・・

s-IMG_9285.jpg

この辺りで撮影した僕のカメラには↑こんな写真ばっかり残っていた(笑)

s-IMG_9287.jpg
8/10(12:02)

国地院地図の標高2,071mあたり。
このまま一気に山頂を目指します。ここから傾斜はゆるーくなりまして,へへへ。

s-IMG_9291.jpg
9/10(12:11)

ほら,8/10から9/10までわずか9分しかかかってないんすよ。
余裕のよっちゃん(死語)だぜ。って足も軽くなったんですがそうは問屋が卸さない。ここからの地味な登りが僕をまた苦しめます。

雪も増えてきて歩きにくいこと山の如し(山だけに)。
前回の記事で,7/10あたりから8/10あたりの登りが一番きつかったと書いたのですが,前言撤回します。ええ,9/10から山頂までが一番キツかったと。書いているうちに気が変わりました(笑)

s-IMG_9293.jpg

軽アイゼン装着。
もっと早くつけておくべきだったな。登りやすさが全然違うんだもん。

s-IMG_9349.jpg s-IMG_9348.jpg

s-IMG_9299.jpg
一等三角点 恵那山(2190.28m)

12:31に山頂に到着です。
いちおう百名山25座目となります
林道ゲートから2時間37分でした。

ちょっとした展望台のようなものがあるのですが周りの木々にさえぎられて登っても何も見えませんので。

s-map2.jpg

上の地図の通り恵那山の最高点は三角点のあるここではなくもう少し先にあるので(国地院地図上における山頂は画像の通り三角点のある場所ではなく2191m地点なのです。)アイゼンを外して進んでいきます。

s-IMG_9303.jpg s-IMG_9304.jpg

s-IMG_9305.jpg

最高点は,地図とGPSで確認するともうすこし先のように見えるのでさらに進んでいきます。

s-IMG_9306.jpg
四乃宮社

この裏辺りで眺望の開けるところがあったのでおにぎりと菓子パンをほおばりながらちょっぴり休憩。

s-IMG_9315.jpg
木曽駒ヶ岳

っぽい山や

s-IMG_9320.jpg
八ヶ岳

っぽい山をかくにん。

s-IMG_9312.jpg
御嶽山

っぽい山も。

乗鞍や北アルプス,南アルプス甲斐駒・仙丈は残念ながら確認できず。

s-IMG_9309.jpg

また,聖岳(3,013m)と上河内岳(2,803m)の間に富士山が見えるはずなのですが(上記画像の丁度まんなかあたり)・・・雲で見えませんでした。残念。

時間があればコーヒーを沸かそうと思ってたんですが,時間的に厳しくそんな悠長なことは言ってられないので先に進みます。地図とGPSによればもうちょっと先が最高点っぽいんだよなあ。

s-IMG_9329.jpg
三乃宮社

まで来てしまいました。ここまで来ると最高点は過ぎているようで・・・結局よくわからず(この三乃宮社を最高点と記述しているブログもいくつかあります・・・)。

s-IMG_9327.jpg

戻りましょう。

なお,恵那山前宮ルートは一乃宮社から順に,三角点のある広場付近にある恵那神社本社(奥宮)を巡ることができるようです。

s-IMG_9343.jpg s-IMG_9344.jpg s-IMG_9345.jpg
五乃宮社,六乃宮社,恵那神社本社

避難小屋の裏の大岩にも一応のぼり,トイレをお借りしまーす。

s-IMG_9340.jpg s-IMG_9341.jpg

正露丸がきいていたのかOPPのほうはまったく問題ないため,小の利用です。今の時期は非水洗式のみ利用可。

s-IMG_9339.jpg
トイレレポートがあるのがOPPブロガーたる所以(笑)

三角点のある広場で軽アイゼンを着けて下山します(13:26)。

s-IMG_9347.jpg

下りは楽チンです。
アイゼンもしっかり効いてます。
あ,この山で出会ったのはソロの男性一人と,男性3人組の2パーティのみでございましたが,僕が一番後発。もう少し早い時間に下山するようなプランを立てないといけませんね。

s-IMG_9355.jpg

南アルプスを見ながら下っていく8/10~6/10あたりは気持ちが良いです。

7/10辺りでアイゼンをはずし,P1716あたりで一度休憩をとり,どんどんと下っていきます。
2/10から下の急斜面は特に慎重にゆっくりと。白山でプチ滑落して以来僕は本当に慎重になっているのです。慎重すぎること,臆病なことは決して恥ずかしいことではありません。

ほら,あの人も言ってるじゃないですか。

s-gol1.jpg s-gol2.jpg

下山直前のこのあたり↓も,普通に歩いていればなんてことはない道なんですが

s-IMG_9377.jpg

もし足を踏み外したら大怪我しますからね。
さいごまで慎重に,臆病に。

ほら,あの人もこう言ってるじゃないですか。

gol3.jpg

ということなんです。臆病さは大事だってことだよ(運の方が大事みたいだけどw)。

s-IMG_9379.jpg

14:48に無事,登山口まで戻ってきました。
山頂から1時間22分。
林道を重い足を引きずって駐車場(林道ゲート)まで歩いて行きます。

この林道も,落石が多いので油断なりません。

s-IMG_9381.jpg

ラビットのように臆病に歩いて行きます(ウソ)。

s-IMG_9383.jpg

15:08に林道ゲートに到着。
いやあ疲れましたわ。

麓では花桃祭りというのをやってましてなかなかすばらしい風景が広がっておりましたが見学する元気はなくスルー。

s-IMG_9385.jpg

おしまい。


登り:2時間37分(林道ゲートから,休憩17分含む)
下り:1時間42分(林道ゲートまで,休憩6分含む)
歩数:23,000歩



スマホは6/10~9/10くらいまではほとんど安定的にネットに繋がってました。山頂付近は不安定,それ以外は圏外っつー感じですかね(auの場合)。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック