鬼ヶ岳#15 周回コースでベニドウダン

5月4日(水) はれ

昨日まで怒涛の9日間連続勤務。GWってなに?っつー感じだったんですけどようやく本日からお休みにはいりました(といっても明後日はまた普通に出勤なんすけどw)。

あまりにも疲労がたまってて廃人のようになって昨晩自宅に帰ってきたため今日は昼くらいまで惰眠をむさぼるぞと決意していたんですが老化と言う悲しい現実。7時前には目が覚めてしまいまして。しかもムスメが部活があるから駅まで送って行ってほしいと・・はぁ・・
じゃあムスメを送って行ったついでに鬼ヶ岳にでも登ってくるか(←なんでそうなるの?)

山用のウェアに着替えるのも面倒くさいのでTシャツにジーンズでいっちゃいます(登山靴は履きました)。
まずは水を確保するために大虫神社へ。名水「石神の湧水」をペットボトルに。えっと・・空のペットボトルはあったかな。後部座席の下にペットボトルが落ちてるな。これを使おう。

s-IMG_9486.jpg

なんかへこんでますな。ああ,気圧の低い高地からおりてきてへこんだんだな・・恵那山に行ったときに買ったやつだ(笑)

さて行きましょう。

s-IMG_9490.jpg
駐車場発(8:15)

s-IMG_9491.jpg
登山口(8:17)

今日は暑いしのんびり登ろうかな(←っていつも思うんだけどせっかちなもので結局それなりのペースで登ってしまうバカ)。とゆっくり一定のペースで息が上がらないようにと歩いて行きます。日傘をさして登るおばさまを追い抜きます。

s-IMG_9501.jpg
小鬼展望台(8:28)

しばらくすると後ろからものすごいペースで近づいてくるさっきとは別のおばさまが。ウエストバッグのみでダブルストックを駆使しすげえ勢いで僕に近づいてきます。さっと僕は道を譲りますが・・・ちょっぴり闘争心に火がついてしまいました(←これも悪いくせ)。

s-IMG_9509.jpg

おばさまを追います。
しかし,おばさま・・速すぎます。

鬼ヶ岳の急登をすたすたと登っていくおばさま。
はぁ。はぁ。おおおおばさまぁ,ははは早すぎますよ。はぁ。はぁ。・・ここここんなのはじめて!も,もう,ぼくダメです。ぼぼぼぼく壊れちゃいますぅ。お,おばさまぁ!(←なんか官能小説みたいになっちゃってるなw)

s-IMG_9512.jpg
大鬼展望台(8:38)

・・・冷静になってついていくのはあきらめます。文章も同じく冷静になりましょう。
超人に無理に合わせようとすると墓穴を掘りますから,当初の予定どおり息の上がらない程度のペースで登っていきますと,登山口から38分で山頂に到着。あらら,結構速く着いちゃったね。
なお,山頂まで残り50mくらいのところで下山してくる超人おばさまとすれ違いました。おばさまは30分前後で登っちゃってるんじゃないかと推測されます(すげえな!)

s-IMG_9524.jpg

s-IMG_9526.jpg
三等三角点 鬼ヶ岳(532.60m)

s-IMG_9525.jpg

白山は霞んで見えません。

s-IMG_9527.jpg
敦賀半島と日本海

しばらく休憩して下山します。今回は周回コースで。
この時期,こちらのコースではベニドウダンというお花が見れるんですよ。

s-IMG_9532.jpg

ちょっと歩いただけでマイナールート感がありありです。地味なクモの巣&毛虫攻撃にかなり意気消沈し(地味な攻撃なんだけどけっこう精神的にキマスw),僕はちょっぴり後悔。やっぱ素直にピストンしときゃあよかったかな。あと,杖もってくりゃよかったな。

奥鬼は当然パスします。
何度か登り返しもありますし眺望もない地味な登山道がずっと続き,あんまり好きなコースじゃないんですが,ある程度下ると左手に

s-IMG_9548.jpg

鬼ヶ岳の姿が見え,ほんの少しライフが回復(ケアル程度)

しかし・・

s-IMG_9557.jpg

ベニドウダンが見事に咲き誇っているのを見てゼロに近かった僕のライフは回復(ケアルガ)。

s-IMG_9549.jpg s-IMG_9553.jpg

この辺りから駐車場までにソロの方4人とすれ違いました。ははあ,こっちから登ってくる勇者もいらっしゃるのね。トレランのおばさまもいらっしゃいました(今日はよくソロのおばさまを見る日だなあw)・・・僕がクモの巣と毛虫はだいたい退治しておいたから安心して登ってくださいね。と心の中で思いながら下っていきます。

駐車場の動物除けネット。

s-IMG_9563.jpg s-IMG_9564.jpg

前回,このファスナーが開くことに気づかなくてちょっとイタイ目にあったんですが,今回はファスナーを開いて無事に駐車場着。登り始めた時には4台しかなかったクルマが下りた時にはほぼ満車となっておりました。

おつかれっした~


登り:38分(登山口から,休憩なし)
下り:47分(周回コース,休憩なし)




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック