大峰山(奈良県)【前編】

5月12日(木) 快晴

久し振りにハードな日帰り百名山を。といっても登山自体がハードなのではなくて往復の運転も含めてハードだということでして。
奈良県の大峰山です。福井から日帰りで行ける百名山は限られるわけですが,大峰山くらいの距離がギリギリじゃないかと(←けっこうハードな一日となるのでオススメはしません)。

大峰山というのは実はややこしい山でありまして,「広義には大峰山脈を,狭義には山上ヶ岳を差す」(wikipediaより)ようです(山上ヶ岳は女人禁制の山でいろいろと話題になる山です)が,主峰は八経ヶ岳(1,915m)であり登山をする場合はやはり主峰を目指すわけで,百名山・大峰山という場合は八経ヶ岳のことを差すようです。田中陽希も八経ヶ岳に登頂していましたし。

s-IMG_9816.jpg
世界遺産の大峯という場合はまた意味合いが違うような・・

以上は,poptripの勝手な解釈なので間違っているかもしれませんのでご容赦を。ということでこの記事では,大峰山と言う場合は八経ヶ岳のことを差していると思ってください。

さて,大峰山は行者還トンネル西口から登る場合往復6時間10分の山で標高差も800mそこそこと大したことのない山なんですがなんといっても登山口までのアクセスが非常に悪い。敦賀からでも4時間以上かかるんですわ・・・しかも駐車場は20台分くらいしかないから早くいかないと埋まっちゃうかもしれない。

午前2時20分に敦賀を出発しました(笑)
睡眠時間は3時間程度。大丈夫か?オレ。

名神蒲生インター(ETC専用)を下り,一般道(国道25号線,169号線,309号線経由)で行者還トンネル西口まで。

s-IMG_9817.jpg
大台ケ原に行ったときもここまでは同じ道だったなあ

国道309号線はいわゆる酷道でございまして(ガードレールもカーブミラーがあるだけマシか・・),すれ違いの出来ない区間がかなりありますのでけっこう神経を使います。まあ,登山をしているとこういう道はよく通りますが何度通ってもいやなものです。

出発前に1回,甲賀市内のコンビニで1回,道の駅大宇陀で1回の合計3回,うんこをしております。うんこの出方も感覚的に問題ないことを,そして排出された状態も悪くはないことを目視確認済み。
正露丸も服用し,OPP(おなかぴーぴー)対策は万全です。備えあればうれしいな。

6時30分過ぎに行者還トンネル西口駐車場に到着。すでに10台以上が停まってます(小屋泊まりの人もいるようです)。平日ど真ん中だぜ・・土日とかどうしてるんだろ?(タクシーかな)・・・路駐するスペースもないし。

s-IMG_9821.jpg s-IMG_9822.jpg

さて,バナナを1本食べて出発します(6:46)。
そういえば最近,バナナうんちが出てないなあ・・・すいません下品でw

s-IMG_9823.jpg s-IMG_9825.jpg

沢沿いの平坦な道をしばらく歩き,

s-IMG_9828.jpg

沢を渡ると,本格的な登山道がはじまります。

なかなかエグい急登ですが,

s-IMG_9831.jpg s-IMG_9832.jpg
シャクナゲ

なども見られましてちょっぴりうれしかったり。
今年初めて見るシャクナゲですから。

s-IMG_9987.jpg

↑この階段を過ぎたあたりから,ますます歩きにくなり,ガレた急登がその牙をむきます。ええ,写真は全然撮ってないんですけど・・w

s-IMG_9844.jpg
大峯奥駈道出合(7:29)

しばらく休憩してから歩き始めます。
ここからの尾根歩きはチョー気持ちがいいのでございます。

s-IMG_9847.jpg

s-IMG_9851.jpg

ほら,↑こんな感じで(僕のヘタな写真ではうまく伝わらないなあ・・・)
木々の間からは周りの山も見え隠れしてていい感じ。

アップダウンを繰り返しながら少しずつ標高を上げて行き,弁天の森に到着(7:49)。

s-IMG_9856.jpg s-IMG_9978.jpg
三等三角点 聖宝(1600.54m)

ここを過ぎると,正面に

s-IMG_9857.jpg
八経ヶ岳(左)と弥山(右)

が見えてきます。

s-IMG_9861.jpg s-IMG_9863.jpg

一旦下った後,

s-IMG_9868.jpg
聖宝ノ宿跡

を過ぎると地獄の登りが始まります。びっくりするほどの急登ではないんですけれど・・・じわじわくるタイプのやつ。じわじわくるんですよ。ときどきありますよね,こういういやーな登り。たいして急なわけでもないんだけど妙に疲れるタイプのやつ。

s-IMG_9879.jpg

おまけに「小さな親切運動」の賜物である階段が現れまして,こいつは困る。下りは階段だと楽なんですけど・・・ここに来てこの階段の登りはきクぜ!

s-kiku.jpg
参考資料

ただ,周りの景色も見えるようになって多少気分上々↑。mihimaru GTなわけです。

s-IMG_9875.jpg

s-IMG_9893.jpg

いちおうプラマイゼロっつー感じですか。
そして,ひいひい言いながら弥山小屋に到着っす(8:51)。

s-IMG_9894.jpg

ここまでコースタイム3時間のところ,2時間6分で登ってきちゃいました・・いやあそんなつもりはなかったんだけどねえ。ゆっくり歩こうと思ってもせっかちな性格が災いして自然と足が前にでちゃうんですよ。福井でもせっかち,奈良でもせっかち(笑)

休憩はとらず,このまま鳥居をくぐって弥山(みせん)山頂へ向かいます。

s-IMG_9900.jpg

s-IMG_9904.jpg
八経ヶ岳が見えます

s-IMG_9903.jpg
弥山山頂(1895m)(8:52)

弥山山頂には神社(天河奥宮)がありまして参拝した後記念写真を。ベンチがあったのでそこにカメラを置いて,珍しくセルフタイマーで自撮りしてみたんですが

s-IMG_9906.jpg s-IMG_9907.jpg
見事なまでの失敗写真(笑)

もちろん撮り直しましたが。
ただ顔の映らない失敗写真だからこそブログで紹介できたわけで。「失敗は成功のもと」「災い転じて福となす」いやもっと適切なことわざがありそうなんだけど・・まあ慣れないことはするもんじゃないってことかもね。

さて,ここでタバコ休憩をとってから大峰山脈の主峰・八経ヶ岳へ向かいます(9:03)



(つづく)


明日も仕事なので早く寝ようと思ってたんですけど,錦織くんの試合がなかなか始まらなくて・・結局こんな時間だよ・・・

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック