石徹白からの三ノ峰(途中撤退)【後編】

銚子ヶ峰で10分ほど休憩をした後,三ノ峰を目指して登って行きます。
かなりブルーな山歩きです(笑)
気分はチョベリバ(死語)ですよ。
もうただのピークハント。実績作り。義務的な機械的な唯の作業的な。

銚子ヶ峰から無情にもどんどん下って行きます。標高で120~130mほど下ったんじゃないかな。
そして当然登り返し。一ノ峰,二ノ峰,三ノ峰とどんどん標高があがっていくので登り返しの標高差ももちろん大きくなっていきます。

s-IMG_0439.jpg

鞍部から一ノ峰への激登り。

s-IMG_0450.jpg

ここが一番キツかったかも。
しかも,笹に覆われているもんで・・前回の記事の通り不気味な軟体動物の存在が頭に引っかかっておりまして気持ち的にもなんだかね。

s-IMG_0459.jpg
一ノ峰(1839m)に到着(8:36)

銚子ヶ岳から39分でした。
特に感慨もないのでそのまま通過します。

もちろんここから一旦下って二ノ峰に登るという地獄が待っております。

s-IMG_0464.jpg

とにかく笹が気になって仕方がない(笑)
一ノ峰の登り程ではありませんがかなりキツい。何度も立ち止まりながら山頂に到着(9:06)

s-IMG_0470.jpg
二ノ峰(1962.3m)

いちおうここが福井県最高峰でございます(福井県最高地点は三ノ峰避難小屋の裏の2095m地点)。

三角点はこの後ろの笹薮の中にあるよう。
三角点大好きっ子の僕でもこの藪の中に突っ込んでいく勇気はありません。何度も繰り返しますがあの軟体生物を見つけてから僕は笹薮恐怖症に陥ってしまっているのですw

ちょっぴり休憩してから三ノ峰を目指します。もちろんもう別山に行く気なんてさらさらありません。そんな気力は全くない!

s-IMG_0473.jpg

s-IMG_0475.jpg s-IMG_0476.jpg

一瞬だけガスは晴れて

s-IMG_0479.jpg

三ノ峰っぽい山が目の前に見えました!

s-IMG_0482.jpg

ロープ場を過ぎたら

s-IMG_0484.jpg

雪渓が現れまして・・
困ったことに先人の足跡が見当たりません。
直登すればいいのかトラバースすればいいのか,道がどこに続いているのかガスが再びあたりを覆ったためよく分からないのです。あの軟体生物の存在が頭にこびりついて離れないため笹薮に突っ込む気にもなりません。
いちおう軽アイゼンを着けて雪渓を少し進んでみたのですが・・・こここ怖~いっす。ストックがあれば多少違うのかもしれませんが,ビビリ君の僕は数メートルで引き返しました。こういうときソロだと相談したりルートを手分けして探したりすることができないので困ります。それだけの知識と技術のある人なら問題ないのですが僕には残念ながらそういうものが不足していることを自覚していますし,1年くらい前に白山でプチ滑落している苦い経験があります。だいたい急きょ予定を変更したため下調べをまったくしていなかったという迂闊さの結果でありまして。

三ノ峰に登ったって何にも見えないだろうし,今まで2回登ってるし,ここまで散々書いてきたとおりテンションはかなり低め。

ちーん。
山は逃げない。
(よたよた氏の表現をお借りしました)

9:38,標高約2,000m地点にて撤退を決定。
幸いなことに未練はほとんどない。

下山途中で何人かの方とすれ違います。
僕も方向転換して彼らに着いて行って三ノ峰に登るという選択肢もあったのですがヘタレなぼくはメンタルリセットすることなどできずおとなしく下って行きます。

s-IMG_0514.jpg
久し振りに見たカタツムリ

そしてまた別の苦難が。
三ノ峰・別山名物の羽虫攻撃です。
登りではほとんど気にならなかったのですが,気温が上がってきて活動が活発になってきたんでしょうか。
ほんとに腹立ちますね,やつら。耳元で「ぶーん」ってなるわ眼鏡にとまるは,もう踏んだり蹴ったりですよ。

s-IMG_0519.jpg
銚子ヶ峰山頂(10:53)

相変わらず何も見えない。ちょっぴり休んで再び歩き出します。

さて,ガスだらけの風景写真を載せてもアレなんでイワカガミちゃんとイワナシちゃんのサービスショットを。

s-IMG_0491.jpg s-IMG_0523.jpg

この子たちは普通下の方に向いて花を咲かせるため中身がどうなってるかは今までちゃんとみたことがなかったんですよ。ほら,なんかスカートの中を覗いているようなね・・・普段隠されている秘部を覗き込んでいるようで興奮しませんか。ああ,しませんね失礼しました。

s-IMG_0535.jpg

下りは慎重に。
睡眠不足と体力の消耗も激しいのでゆっくりと。

s-IMG_0537.jpg
石徹白の大杉

最後の石段が膝にきます。

s-IMG_0541.jpg

s-IMG_0544.jpg

12:33に登山口到着。

いつかはリベンジを・・・しませんなたぶん。
あるとしたら上小池から三ノ峰へ登って二ノ峰まで下るというパターン。いちおうこれでログは石徹白と三ノ峰で貫通しますからね。


【実績行程】
05:43 石徹白登山口
05:51 石徹白の大杉
06:35 おたけり坂下(休憩5分)
07:03 神鳩ノ宮避難小屋(休憩6分)
07:46 銚子ヶ岳山頂(休憩11分)
08:36 一ノ峰
09:06 二ノ峰(休憩7分)
09:37 標高2,000m地点雪渓(ここで撤退)
09:51 二ノ峰
10:15 一ノ峰
10:53 銚子ヶ峰(休憩10分)
12:33 石徹白登山口

獲得標高:1,330m
距離:15.5km
歩数:約33,000歩




おつかれっした~

なお,この日南竜にテン泊し白山に登った知人によれば,翌日には天候が回復し,なかなかよかったよと・・・orz




この記事へのコメント

  • ツギロウ

    popさん こにゃにゃちは。

    睡眠2時間での美濃禅定道攻め…ホントにお疲れ様でした。
    ヤマレコ等でもまだまだ情報が少なくて、「果たして行けるの?」「誰か勇敢なお方が行ってくんないかなぁ」と他力本願的に祈っていたなかでの、pop総裁の出撃!感動しました(マジです)

    マキビシより怖い黒い間者の妨害に遭いながらのレポ!登山道・山頂手前雪渓などの様子も手に取るように分かり大変参考になりました。総裁の仇は必ずとりますよ!・・・もう少し雪が溶けたら・・・いや・・・黒い間者のいない爽やかな秋口かな~(笑)
    2016年06月01日 13:14
  • poptrip

    >ツギロウさん

    ひと昔前の僕なら多分雪渓に挑んでいたと思いますが,今のビビり君な僕には無理でございました。
    雪に慣れてるツギロウ軍曹殿ならきっと登頂に成功されていたんじゃないかと…ぜひヘタレなpoptrip二等兵の仇をとっていただきたいと(まあ僕は仇だともなんとも思ってないのですがw)
    2016年06月01日 20:20

この記事へのトラックバック