軟弱百名山・大菩薩嶺(山梨県)

7月12日(火) はれ

前日,雲取山を下りた後は,小菅の湯。

s-1468497332486.jpg

ここはいいところでしたね~。専用の仮眠室なんかもあって1時間ほど休ませていただきました。
その後,いろいろドライブやら観光やらして

s-1468497323973.jpg s-1468497316220.jpg

道の駅甲斐大和で車中泊。20:00前に眠りにおち,目が覚めたのは3:30。
ちょっぴり体の節々が痛みますが行きましょう。大菩薩嶺へ。

大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県甲州市と北都留郡丹波山村に跨る標高2,057 mの山である。奥秩父山塊に位置し、大菩薩連嶺の主脈を構成している。日本百名山の一つに選ばれている。深田久弥や木暮理太郎などは、その著書に大菩薩岳(だいぼさつだけ)と表記している。(wikipediaより)

ええ,こちらはpoptrip認定の軟弱百名山なのでございます。あの一流芸能人であられる釈由美子も登ったという(笑)

暗い中,山道をどんどんクルマで登って行きます。一部すれ違い困難な箇所もありますが基本的には道は広くそれほどの走りにくさはありません。
そして,林道の木々が切れたところで・・・

s-IMG_0466.jpg

「富士山が見えた。富士山が見えたよ!」
クララが立った。クララが立った。みたいなテンションで誰かに伝えたかったんですがあいにくの一人旅。ええ,写真に収めて上日川峠・ロッヂ長兵衛横の登山口を目指します。
なお,僕のポンコツ(死語)なナビではロッヂ長兵衛ではなく長兵衛荘となっておりました(泣)
いや(泣)じゃなくて僕がナビのデータをケチってアップデートしてないだけなんだけど(でもあれ1万円とかいうアホみたいな金がかかるんですよ。イマドキあり得ん!

駐車場は分散してたくさんあります(120台という情報あり)。平日のこの時間なのでガラガラ。先客1台。登山口に最も近いトイレ横に駐車。

s-IMG_0470.jpg s-IMG_0472.jpg
登山口(5:05)

ここから福ちゃん荘までは車道と登山道がほぼ並行しているのですがいちおう登山道のほうを歩いて行きます。

s-IMG_0474.jpg

20分ほどで

s-IMG_0475.jpg
福ちゃん荘

に到着。
ここは共産主義者同盟赤軍派による大菩薩峠事件の舞台になったところでありまして,この事件をきっかけに弱体化した赤軍派が連合赤軍となり「山岳ベース事件」「あさま山荘事件」へと突き進んでいったという・・・まだこのころ僕はちょうど生まれたころで全く記憶はないのですが,テレビのドキュメンタリーみたいなやつでよく映像が紹介されたりしていて,見るたびに本当に信じられない恐ろしい出来事だったとしみじみ思うわけです。

閑話休題。
ここが分岐点となっており,大菩薩嶺に直登するルートと大菩薩峠から周回するルートに分かれます。

map.gif

そしてここでOPP対策を。ええ,突然便意がこのあたりでちょっとアレになっちゃって・・・ふふふ(「ふふふ」じゃねえよ)
ちょっと迷ったんですが,まずは大菩薩峠へ向かうことにしました。

s-IMG_0479.jpg

整備された砂利道のようなほぼフラットな道を歩いて行くと富士見山荘(2016年版エアリアでは休業中の表記あり)があり,

s-IMG_0480.jpg s-IMG_0481.jpg

その名の通り,富士山を望むことができました。

さらに進んでいくと

s-IMG_0484.jpg
勝緑荘(2015年に閉館)

があり,ここ過ぎると道は狭くなり多少傾斜が出てきて

s-IMG_0493.jpg
介山荘

が見えてきます。
介山荘を過ぎるとすぐに

s-IMG_0494.jpg
大菩薩峠

に到着です!(5:54)

右手には

s-IMG_0496.jpg
見事な雲海

が広がり

さらに少し進むと左手に

s-IMG_0503.jpg
大菩薩湖と富士山

富士山以外の山々は雲に隠れて,あるいは霞んでほとんど確認できないのですがもうこれで十分。富士山も裾の方は見えないけれど頂きとその形さえ見えれば,余は満足じゃ(死語)。
Tシャツで登ってきたんですが,風もありちょっぴり寒い。しかしそんなの関係ねえ。ここで富士山をみながらおにぎりをほおばります。

s-IMG_0511.jpg s-IMG_0512.jpg

景色を楽しみながら,写真を撮りながらゆっくりとゆっくりと大菩薩岳を目指して歩いて行きます。せっかちな僕にしてはめずらしい牛歩。だってさあ,前日の雲取山では「何も見えなくて・・夏」のJ-WALK状態だったんですから。

s-IMG_0519.jpg
親不知の頭

s-IMG_0521.jpg
珍しく地面にカメラをおいてセルフタイマーで自撮り

一旦下ります。

s-IMG_0525.jpg
賽の河原

再びそこそこの登りが続きますが,絶景を見てるのであまり気にならないという。

s-IMG_0530.jpg s-IMG_0537.jpg

s-IMG_0528.jpg
金峰山の稜線とその奥に笑っちゃうくらいぼんやりと八ヶ岳が

そうこうしているうちに

s-IMG_0551.jpg
雷岩

に到着です(6:44)。
大菩薩峠あたりからぼんやり見えていた南アルプスの写真をここでご紹介

s-IMG_0541.jpg
農鳥岳~間ノ岳・北岳~仙丈岳~甲斐駒ケ岳

さて,いちおう山頂にも行ってみましょう。

s-IMG_0553.jpg

林の中を5分ほど登ると山頂に到着です(6:49)。
登山口から標準コースタイム2時間20分のところを,1時間45分でした。

s-IMG_0556.jpg s-IMG_0554.jpg
三等三角点 大菩薩(2,056.94m)

これで日本百名山31座目に登頂成功です。
軟弱百名山の名に恥じない(←オレが軟弱百名山って言ってるだけだけどw),ゆるーい山でございました。ってまだ下山してないんだけど・・下山するまでが登山なんですよ(ややこしいな)
気温が低かったせいもあるのですが,ほとんど汗もかかずアクエリアスは200mLほど減っただけ。

ここでIKKO。いや一考。どんだけーっ!
実はこの日も天気が悪いと思っていて,大菩薩嶺に登った後はリニア見学館でリニアモーターカーの実験を見て,富士吉田で吉田うどんを食べて時間があれば昇仙峡あたりを観光して帰ろうと思っていたんですが,富士山を見ていたらもう1座行っちゃおうかと欲が出て来まして・・・よし。もうひとつ登っちゃうか。そうとなったら先を急ごう。

タバコを一本吸ってから下山します(6:53)。
最後に雷岩からの富士山の雄姿を。

s-IMG_0564.jpg

福ちゃん荘に向かって下っていきます。

s-IMG_0563.jpg

なかなかの急坂,しかもガレてるので滑りやすく注意が必要。慎重に慎重に。

しばらくすると樹林帯に入り,

s-IMG_0565.jpg s-IMG_0567.jpg

富士山とはお別れ。

s-IMG_0570.jpg
福ちゃん荘ふたたび

ここから先は車道を。

s-IMG_0572.jpg

登山道には微妙なアップダウンがあるためなんかもうそれがいやで・・・

s-IMG_0573.jpg
ロッヂ長兵衛(7:34)

下りは41分でした(標準コースタイムは70分)。
手軽に絶景が楽しめるという意味では,初心者を連れていくにはとってもいい山だと思います。釈由美子も楽しんでいたようだし(笑)


上日川峠登山口:05:05
福ちゃん荘  :05:23(WC休憩3分)05:26
大菩薩峠   :05:54(休憩8分)  06:02
大菩薩嶺山頂 :06:49(休憩4分)  06:53
福ちゃん荘  :07:22
上日川峠登山口:07:34

獲得標高:490m
歩数  :13,500歩




おつかれっした~。
さて,次・・行ってみよう。



この記事へのコメント

  • ツギロウ

    popさん こんにちは。

    お見事っ、百名山、一筆おろ・・・いや・・・一筆書き!
    田中陽希さんも思わず道を譲るくらい精力的に攻めてますね~
    しかも、CTより相当はやいしっ!富士山バックの自撮り写真は陽希さんの生き写しです!
    もう、疑惑とか疑獄とか失礼なことは口が裂けても言えませんね(笑)
    さらなる一座も、楽しみに致しております。
    ただ、よっし~将軍のように、ラーメン屋で最後の一座登頂とかいうオチはダメですよっ!

    2016年07月15日 17:47
  • poptrip

    >ツギロウさん

    実は今日もいつもの仲間と日帰りで苗場山に行く予定だったんですが雨のため中止となったのです(どんだけ~っ!)・・・

    最後の一座は,ボットン便所のなかのう〇〇でできた富士山のような形をした山というような下品なオチではないことだけは約束できます。

    CTについては,荷物がたぶん5kgほどと軽いこともあり,あまり参考にはならないと思います。
    鬼ヶ岳に18kg背負って登るようなちょっと頭のネジがはずれちゃった人もいるらしいですが・・あ,失礼。決してdisってはいませんからね。褒めてるんですよw
    2016年07月15日 19:28
  • 小心者

    釈由美子といえば、以前釈由美子のお酌マシーンみたいなのが発売されて買おうかどうかかなり迷ったあげく買わなかったけど、今調べたらかなり高額で取引されてるみたいです。どーでもいい話でした。
    あと僕にとってどーでもいいことですが、今年からいきなり8月11日が『山の日』という祝日になったそうですね。なんでそんな中途半端な日に、しかも山との関係がよくわかりません。
    2016年07月17日 12:26
  • poptrip

    >小心者さん

    釈由美子に食いつくとはやはりあなたは只者ではない!
    そしてそのお酌マシーンに興味津々な僕もけっこうヤバイ気がしております・・・
    山の日ってねえ,よくわかんないっすよ(投げやり)。梅雨明け後の一番天候の安定した時期であることは間違いないので,山が混雑するだけなんだよねぇ・・・
    2016年07月17日 21:17

この記事へのトラックバック