瑞牆山(山梨県)【後編】

山頂はもう目前なんです。

しかしまだクサリ場もはしごもあり油断ならない。

s-DSCF9273.jpg

ほんとうに無慈悲な山だよ(笑)

s-DSCF9274.jpg

はしごを登ると

s-DSCF9276.jpg

s-IMG_0638.jpg

山頂に到着です(11:42)!
登山口から1時間59分でした(標準コースタイムは2時間50分)。あのお坊ちゃまたちもそこそこのペースで登っていたことが証明されました。

日本百名山32座目に登頂成功です。
残りは68座!・・・・ぜったい無理だわw

s-IMG_0629.jpg

山頂は一枚岩の舞台のような感じ。

s-DSCF9279.jpg

ただ,三方が断崖絶壁のためビビリOPPブロガーの僕はへっぴり腰でこの岩の上をそろりそろりと歩きます。へっぴり腰の見本のような情けない姿のまま慎重に撮影した写真を以下に。

s-IMG_0621.jpg
かろうじて富士山

s-IMG_0622.jpg
金峰山

s-IMG_0624.jpg
大ヤスリ岩,奥にうっすらと八ヶ岳

s-IMG_0636.jpg

s-IMG_0633.jpg s-IMG_0632.jpg
ちょっぴりエロティカセブンな岩も

s-IMG_0631.jpg
小川山

kobushi.jpg
甲武信岳の頭だけ

少し探してみたんですが地図上には表記されている三角点が見当たりません。
帰宅後,調べてみると三等三角点は亡失状態となっているようです。

山頂は,数人のグループの方ばかりで(山ガールも生息を確認),アウェイ感バリバリで落ち着かなかったので少しだけ水分補給してさっさと下山することにします。食糧も非常食以外持ってきてませんし(11:52)。

s-IMG_0639.jpg

激下りを注意して下って行きます。
赤テープやペンキマークを見落とさないように。
落石しないように。

ちょうど平坦なところで小学生たちとうまくすれ違うことができました。しかし逞しいね。

前日,そしてこの日登った3つの山ではほとんどお花というものを見かけませんで。

s-DSCF9270.jpg

高山植物ってのはどの山にも咲くもんだと思ってたんですがそうでもないみたいですね。あるいはもう時期が終ってたのかもしれませんが。

s-DSCF9281.jpg

桃太郎岩で休憩しようとしたら,先客のソロの超ベテランハイカー(70歳)とソロのベテランハイカー(67歳)に絡まれました話しかけられました。
「兄ちゃん,南アルプスは見えたか?」「いやあもう見えませんでしたねえ」「わしらがいたときには見えてたんやけどなあ」
僕が福井から来たこと話すと,「なんや。深田久弥の影響かやっぱり」などとのたまうわけです。ええ,深田久弥ってのは皆さんご存知,日本百名山を選んだ登山家・作家なのであります。彼は石川県生まれなんですが一般には福井の人っていうイメージなんですかねえ(学校は福井に通っていた)。福井の生んだ偉人。福井では深田といったら久弥なんですというのはもちろんウソで深田といったらやっぱり恭子なわけです(たぶん)。
実を言うと僕も深田久弥っていう人を知ったのは数年前に登山を復活してからなんですよ・・・・ちなみに深田久弥ってかなりメチャクチャな人だったみたいですね。人間性をちょっと疑うようなところも。
最近,図書館で「日本百名山」借りて読んでみました。興味のある山についてだけ読んだんですけど・・まああれですな。読み物としてはそれほど面白いものではないなと(この作品で文学賞をとってるらしいですが)。

10分ほどで超フレンドリーなベテランハイカー(70歳と67歳)との談笑を切り上げ,出発します。

s-IMG_0642.jpg

ここから登り返し。
激登りをクリアしたところで,残り少ないペットボトルを飲み干します。
なんとかもったな。

さて,ついでに金峰山にも登ってみようか。
などというバカな考えはさすがの僕にもない。あり得ない。

スカッとさわやかコカコーラみたいに本当に爽やかなトレラン兄ちゃんたちにこの辺りで追い抜かれます。おお,きみたちとはよく会うねえ(ブログ記事に登場したのは初めてですが,実はこの山の途中何度も会ってるんですよw彼らは果敢にも登りで小学生の大集団を抜いて行ったのです)。

そんなこんなで

s-IMG_0647.jpg

無事に下山(13:28)
下りは1時間36分(標準コースタイムは2時間10分)でした。

いやいい山だったよ。
ここはもう一度来たい山ですね。
今度は金峰山とセットで・・無理かな。


【実績行程】
駐車場   :09:39
登山口   :09:41
富士見平小屋:10:14-10:17
桃太郎岩  :10:38
瑞牆山山頂 :11:42-11:52
桃太郎岩  :12:39-12:48
富士見平小屋:13:05
登山口   :13:28
駐車場   :13:31

登り:1時間59分(休憩10分)
下り:1時間36分(休憩9分)
獲得標高:790m



この記事へのコメント

  • よっし~

    怒涛の百名山踏破が続きますね。

    何か心境の変化があったのでしょうか?

    POPさんソロの山行も面白いですが、やはり長老さんやおばはんさんたちとの珍山行が大好きなので、次回作に期待しております。
    2016年07月21日 11:40
  • poptrip

    >よたよたさん

    なんか頑張っちゃってますよね。オレ。仕事のことや家庭のことをいろいろ考えると今年が一番自由がきいて体力的にもピークなんじゃないかと思ったわけでございまして・・・

    実は先週末にはおばはんや長老たちと”苗場山日帰り弾丸ツアー”を企画していたのですがあいにくの天気で中止になってしまいまして・・
    来月は白馬か穂高あたりを狙っておりますがどうなることやら(僕は穂高は行ったことあるので行ったことのない白馬に行きたいんだけどメンバーの中には穂高に行ったことがない人ばかりでして・・)

    2016年07月21日 22:30

この記事へのトラックバック