Yellow Christmas

某よたよた氏のブログで知ったPV


Yellow Christmas(杉真理 with Pops All Stars)/1986年

これ,僕は知らなかったんですがハマショーが参加してたんですね。

s-hama.jpg

しかもドラム叩きながら歌ってるし。

もともとハマショーはドラマーでしたからね。
ハマショーがドラムをたたいている音源としては

s-yoshida.jpg
竜飛岬(よしだたくろう&かまやつひろし「シンシア」のB面

があるわけですが,映像で見れるというのはうれしい限りです。
この杉真理 with Pops All Starsには,安則まみ,南佳孝,山本潤子(Hi-Fi Set),浜田省吾,EPO,佐々木麻美子,安部恭弘,飯島真理,楠瀬誠志郎,須藤 薫らが参加しているらしいのですがハマショー以外誰が誰だかわからないという(笑)

なお,ハマショーは杉真理の作品にはほかにも

s-vacance.jpg s-sugi.jpg

「バカンスはいつも雨」でハンドクラッピング,「Key Station」では”熱いビートを失くした時 浜田省吾のダンスはどうだい”って杉真理が歌ってるのに対し,浜田省吾が”一晩中でも keep on dancing no no no no no~”って歌っております。

ということでレコードコレクターであるpoptripさんの浜田省吾コレクションをここらでイッパツ紹介させていただこうかと。なお当記事の画像はYoutubeを除き,poptripのレコードコレクションを使用しています。



s-walkin.jpg
WALKIN' IN THE RAIN(時任三郎)

1985年10月2日発売
レコード会社:EPIC/SONY
レコード番号:07・5H-270
 WALKIN' IN THE RAIN
  作詞・作曲:浜田省吾 編曲:大谷幸
 WALKIN' IN THE RAIN
  作詞:神沢礼江 作曲:吉田建 編曲:大谷幸

s-sanada.jpg
青春の嵐(真田広之)

1981年8月1日発売
レコード会社:EPIC SONY
レコード番号:07・5H-90
 青春の嵐
  作詞:森雪之丞 作曲:森雪之丞 編曲:大谷和夫
 荒野を駆けて
  作詞:浜田省吾 作曲:浜田省吾 編曲:槌田靖識


s-wada3.jpgs-wada.jpgs-wada2.jpg
二杯目のお酒/ひとり酔い(和田アキ子)

1977年3月5日発売
レコード会社:RCA
レコード番号:RVS-1056
 二杯目のお酒
  作詞:千家和也 作曲:平尾正晃 編曲:馬飼野俊一
 夕べの鐘
  作詞:いまむられいこ 作曲:浜田省吾 編曲:小六禮次郎

1978年12月20日発売
レコード会社:RCA
レコード番号:RVS-1144
 ひとり酔い
  作詞・作曲:柳ジョージ 編曲:竜崎孝路
 愛して
  作詞・作曲:浜田省吾 編曲:井上鑑


モモエちゃんのアルバムにも何曲か楽曲提供しております。

la_blue.jpggolden_flight.jpg
L.A.ブルー/Golden Flight(山口百恵)

【L.A.ブルー】
1979年8月1日発売
レコード会社:CBS SONY
レコード番号:25AH769
 BACK TO BACK(背中あわせ)
  作詞:篠塚真由美 作曲:浜田省吾 編曲:B.Fasman
 DANCIN' IN THE RAIN
  作詞:横須賀恵  作曲:浜田省吾 編曲:B.Fasman

【Golden Flight】
1977年8月21日発売
レコード会社:CBS SONY
レコード番号:25AH250
 AIR MAIL
 愛のTWILIGHT TIME
 PORTBELLOの銀時計
  作詞:伊藤アキラ 作曲:浜田省吾
  編曲:加藤ヒロシ

s-attention_please.jpg s-younglove.jpg

1979年1月5日発売
レコード会社:NAV
レコード番号:N-36
 アテンション・プリーズ/フラワー・バス・ステーション
  作詞:喜多条忠 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基

1979年4月5日発売
レコード会社:NAV
レコード番号:N-40
 裸足でヤングラブ
  作詞:浜田省吾 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基
 星空の天使達
  作詞:喜多条忠 作曲:浜田省吾 編曲:船山紀基

s-bush_pailot.jpg s-barano_arashi.jpg

リューベンなんですが,そろそろ面倒くさくなったのでレコードの詳細は割愛。ほかにもハマショー関連のレコードはいくつか持っているのですが,今回はこの辺で。ハマショー本人のレコードを紹介しないのかって?
ええ,またそれも機会があれば・・・

最後に,浜田省吾のクリスマスソングを。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック