2017年04月15日

金ヶ崎宮→天筒山→金ヶ崎宮

4月14日(金) はれ

会社帰りにサクラを観に。
金ヶ崎宮から天筒山に登るというゴールデンコース。去年は4月5日に同じことをやってます。もうルーティーンとなりつつあるな。

金ヶ崎宮の駐車場に車を停めて花見登山開始です。
ヘッドランプとアイコスをちゃんとバッグに入れます。
ええ,今回も毎度おなじみちり紙交換,いや毎度おなじみ似非登山の記事なのです。

s-IMG_3098.jpg

s-IMG_3103.jpg

残念ながらサクラは御覧の通り,散りまくっており葉桜になりかけ状態。
禿げ具合でいうとフット岩尾くらいか。トレエン斎藤まではいってないからまあしゃあないか。

s-IMG_3115.jpg

月見御殿を経由して,山頂へ。

s-IMG_3140.jpg
イカリソウ

写真撮ったときには気づかなかったんだけど・・・毛虫が・・
僕はね,ゴキブリと毛虫は大の苦手なんですよ(←毛虫が苦手なら山に登るなよ!w)

s-IMG_3142.jpg s-IMG_3143.jpg

階段地獄をなんとか乗り越え,山頂へ。
しんどくて2度ほど階段の途中で立ち止まりました。
いやあ,なんていうんでしょう。体が山登りに順応していないというかね,さぼってたから。足羽山とか西山公園よりも疲労度は上。いったん下ってから登るんだもん。

s-IMG_3145.jpg s-IMG_3153.jpg
四等三角点 天筒山(171.31m)

もう僕はグロッキーの極み。

キツイっす。

ヤバイっす。

のどが渇いてたまならいっす。

ヘッドランプとアイコスはちゃんと持ってきたけどドリンクは持ってこなかったっす。

隊長!水飲み場を発見しました!

s-IMG_3151.jpg

・・・絶句

このタイプの蛇口は飲料用だろうよ,どう見ても。
なんですかか?これ洗眼用ですってか。
プールに入った後はちゃんと目を洗ってねってが,コラ!タココラタコ!
ひらがなで書かれてるのもなんかむかつくよな。

と,水分を持ってこなかった自分は棚に上げて不満をぶちまけて悪態をつく最低な男w

いちおう展望台からのパノラマを楽しんでから下山します。

s-IMG_3158.jpg
展望台から中池見湿地

みるみるうちにあたりは暗闇に包まれ,ヘッドランプの出番。

s-IMG_3164.jpg

月見御殿に戻ってきました。

s-IMG_3129.jpg

s-IMG_3172.jpg

月見御殿からの,行きと帰りの比較画像。
フェリーがあればもっときれいに見えるんだけど,この日は運航日じゃなかったみたいです。
アイコスを一本吸って,金ヶ崎宮へ戻ります。

s-IMG_3177.jpg

灯りが見えてきたら,ヘッドランプを消しそっとバッグにしまいます。
だって,カメラ持ってヘッドランプつけたオッサンが暗闇から現れたら不審者扱いされますよ。不審者まではいかなくても注目の的になる可能性はある。僕は目立ちたくはない。植物のように静かに暮らしたいんだよ。

s-IMG_3182.jpg s-IMG_3189.jpg

たくさんの人が酒を飲んでわいわいガヤガヤやってました。
僕はね,花見(いわゆる宴会)ってあんまりしたことがなくて東京にいたときに日比谷公園(場所取りを命じられたw)と四ツ谷の上智大学横でやったくらいしか記憶がない。いちおう山登りをするアウトドア派なんだけどアウトドアで酒飲むのってあんまり魅力を感じないのです。もともとあまりお酒が好きじゃないってのもあるんだけど。

s-IMG_3198.jpg s-IMG_3199.jpg

ランプ小屋が開いていたので入ってみました。

s-IMG_3202.jpg

最近,整備したのかな。
去年までは期間限定で公開していたと記憶しているのですが。

s-IMG_3203.jpg

ランプ小屋というのはどうも蒸気機関車のランプが収納されていた小屋のようです。ええ,ここは廃線となった駅の横にあるのです。

とにかくのどが渇いてしょうがないので,コンビニによってカフェラッテを購入し一気飲み。なぜカフェラッテなんだとかいうツッコミはなしでお願いしたい。

このまま味真野小学校のライトアップに行っちゃう?などという誘惑にかられたのですが,三角の目をした羽ある天使が右腕に止まって目くばせをして「疲れてるんならやめれば」とaikoのように囁くもんだから,おとなしく家に帰ったのでした。


登り:38分
下り:38分




ちなみに去年の記事はこちら


posted by poptrip at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック