2017年04月19日

えち鉄に乗って勝山へ行こう(その3・弁天桜)

とういことで弁天桜を。
いちおうこれが今回の小旅行のメイン。
弁天桜を観るためにわざわざ電車に乗りやってきたのです。
そんな恩着せがましい表現をするならクルマで来れば,とか言わないの。

いちおう検証しておこう。
クルマの場合,google mapによれば自宅から勝山駅までは53km。燃費を13km/L,ガソリン価格を125円/Lとすると往復で53×2÷13×125=1,020円。フリーきっぷは1,400円だから・・・電車のほうが380円損してるじゃねえか!
フリーきっぷを使わずに福鉄,えち鉄を乗り継いだ場合は,水落〜田原町(370円×2=740円),田原町〜勝山(770円×2=1,540円)。つまり2,280円もかかってしまうのだ(フリーきっぷにより2,280-1,400=880円得してるともいえるのだが)。
クルマの2倍ですよ,2倍。高見山ですよ。
フリーきっぷのない平日だったら,オレ迷わずクルマで行くよ(笑)
あ,電車の場合,厳密に言うと自宅から水落駅までのガソリン代も計上しなければいけないのですがそうするともっとお高くなります。

ひとりで来てもこれだけの差があるんだから,家族4人とかの場合はもう天文学的な差になっちゃいます。田舎の場合,駐車場代もかからないし渋滞もないから燃費もよくて,電車のほうが高くついちゃうってのがネックなんすよね。電車のほうが乗り換えとかもあるから時間もかかるという・・・

閑話休題。

九頭竜川右岸に約1.5kmにわたって続く弁天桜並木は「1目千本」と呼ばれ、約450本のソメイヨシノが植えられ、桜の名所として知られています。その弁天桜並木で満開を迎える毎年4月中旬に行われるのが弁天桜まつりです。桜のトンネルの中に地元の各区による出店が並びます。また、桜まつり前後1週間は夕方から22時までぼんぼり・行燈が灯され、風流な夜桜を楽しむこともできます。また、4月上旬より九頭竜川に渡された鯉のぼりも弁天桜まつりに賑わいを加えます。 (ふくいドットコムより引用)

s-IMG_8282.jpg
バンビライン第一展望台より

s-IMG_8350.jpg

s-IMG_8357.jpg

s-IMG_8332.jpg

s-IMG_8334.jpg

s-IMG_8355.jpg

s-IMG_8327.jpg
勝山城

s-IMG_8326.jpg
勝山大仏殿

勝山大仏・・・けっきょく売れたんだっけ?
まさに負の遺産だよなあ。

s-IMG_8363.jpg

s-IMG_8362.jpg

しかし,最近鯉のぼりってこういうイベントごとでしか見なくなったよな。
僕が子供のころはけっこう一般家庭でも鯉のぼりをあげているうちがあったのだが・・あ,うちは男兄弟2人なんだけど実家には鯉のぼりはなく,鯉のぼりのあるうちがちょっぴりうらやましかったのは事実。

祝日に国旗を家の前に掲げるうちも減りましたなあ。僕のうちにもないし,だいたい日の丸の旗ってどこへ行けば売ってるんだろう。

s-IMG_8372.jpg

歩き疲れたので帰ることにします。

今年は地元鯖江の西山公園のサクラは見に行くことができなかったけれど,いつもは行かないようなところで桜を観ることができたのでヨシとしよう。

(まだつづく)


posted by poptrip at 21:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うち、、鯉のぼりも旗もあげてる^^;田舎だなぁ〜とつくづく思います(笑)
Posted by nipper at 2017年04月22日 09:31
>nipperさん

えっ・・・絶句。
今度観に行こうかな(笑)
Posted by poptrip at 2017年04月22日 14:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック