朝マックから始まる日曜日【後編】(城山#2)

初音ミク,じゃなかった初音支店を満喫した僕は足羽三山に登る予定を変更して文殊山に行こうかと思ったんだけど,浅水駅ホームにある周辺案内図を眺めていたらどうも文殊山とは反対側にある城山(じょうやま)のほうが近そうな気がしたのとやっぱショルダーバッグにスニーカーで文殊山を登るのはどうかと思っちゃいまして(人にいっぱい会うじゃないですか文殊山って。山をなめてんじゃねーぞゴルウァァァとマジメなヤマヤさんに叱られちゃうんじゃないかと被害妄想w)・・・

s-IMG_8610.jpg
皆川医院

の左へ入っていきます。
皆川医院・・・懐かしい。実家は鯖江市でも福井市寄りのところなので,子どものころときどきここで診てもらっていた記憶があるのです。

s-IMG_8565.jpg

s-IMG_8566.jpg

足羽高校って・・・いつのまにか自衛官の養成学校になっちゃってるみたいですが大丈夫でしょうか。
うちの職場に足羽高校卒の男の子がいるので大丈夫だと思うのだが(笑),もうちょっと掲示板の位置なんとかならんかね。あ,その子,大和田あたりからチャリでここまで通ってたって言うんだから大したものだ。

緩い坂道を登っていき,足羽高校を横目にさらに進んでいくと

s-IMG_8568.jpg
城山登山口

に到着。

特別な準備も必要ないためそのまま登山道へ突入。
登山口を通過したと言っても過言ではないような。

s-IMG_8569.jpg s-IMG_8570.jpg

水芭蕉は残念ながらすでにバケモノ状態。

ほぼ4年振りなので全く記憶にない道を,てくてく,ずんずん,ぐいぐいと登っていきます。ずいぶんと歩ているのにまだ余力十分。力強く登っていく。

s-IMG_8572.jpg s-IMG_8573.jpg

みどりいろに包まれて春を感じます。
カタクリは完全に終わっていましたが,もともと花に執着心は全くないため特にガッカリ感もない。まあいちおう花の写真は撮るんだけどね。ひたすら頂上を目指すのみ。

何箇所か急な階段もありちょっぴり息も切れるところもあったが,

s-IMG_8583.jpg s-IMG_8585.jpg

尾根に出るとちょっとしたアップダウンがあって山頂に到着。

s-IMG_8597.jpg

登山口から20分と4年前と全く同じタイム。
喜ぶべきなのか悲しむべきなのか乙女心は複雑。
退化していないととるべきか成長していないととるべきか。

s-IMG_8587.jpg
白山

の雪も少しずつ溶けてきているようです。
なんだか開山1300年でどうたらこうたらって地味に盛り上がりを見せているようで,今年は1度は登ってみたいなあ。でも電車じゃ行けないしな。鉄と山をセットで考える自動思考回路が形成されてしまっている今日このごろ・・・(笑)

さて,山頂からはそれなりによい景色が楽しめます。
なにより青空がいい。

s-IMG_8596.jpg

青と白と緑のグラデーション。

s-IMG_8590.jpg
左から丈競山,浄法寺山,大日山,越前甲

s-IMG_8600.jpg
当初登る予定だった足羽三山,奥には週末に行く予定の富士写ケ岳なども

三角点を挟んで反対側には,

s-IMG_8595.jpg
鬼ヶ岳,三床山,手前は杉ノ木台ゴルフ場

s-IMG_8593.jpg

それにしてもこの日は快晴の極み。
本当に気持ちがいい。来てよかったよ。

s-IMG_8594.jpg

アイコスの新製品(パープルメンソール)を2本吸って下山する。

s-IMG_8604.jpg

途中の分岐で道を間違えてしまって2分ほどロス(途中でちゃんと気づいたオレ,偉いw)。

s-IMG_8605.jpg s-IMG_8606.jpg

無事に下山。
さて,浅水駅へ戻ります。

s-IMG_8608.jpg

日曜日は僕のようなオッサンが横断するのでキケンですよ,ドライバーのみなさん。

s-IMG_8609.jpg
文殊山

文殊山にもゴールデンウィークに一度登ってみようかしらん。

s-IMG_8611.jpg

一度,満席で振られちゃったことのある「うるかふぇ」も気になったが,今回は節約のため見送ることにする。

IMG_8619.JPG
ツバメってこんな顔してたのね

ツバメさんには高い空から地上の星を教えてもらわなくちゃいけないのだが,このツバメは低い電線に止まっているのでかなりのアップでの撮影が可能だった(画像は等倍トリミング)。

s-IMG_8621.jpg
このオジイサンの頭がない!俯いているだけだと思うのだが・・・w

浅水駅に戻ってきたら,

図らずも臨時列車である

s-IMG_8624.jpg
レトラム

がやってきたので,迷わず乗り込む。
レトラムに乗るのは今年すでに4回目。もしかしたら,今年日本一多くレトラムに乗ってるオッサンじゃなかろうか。ただ,レトラムもまさかのほぼ満席状態。疲れていたのでお婆さんと相席で座らせていただく。

s-IMG_8625.jpg s-IMG_8627.jpg

いつもの水落駅で下車し,レトラムを見送る。

そして・・僕は途方に暮れる。

そうなんです。

今回は鳥羽中駅でパークアンドライドしたんだった・・・orz

ということで再び田原町行きの普通電車に乗り込む(このパターン本日2回目ww)。

s-IMG_8629.jpg

今日は770形に一度も乗らなかったな・・・
そしてこの電車はいつもの閑散とした福鉄電車そのもの。

次回は水落駅からだな,やっぱり。
足羽三山から文殊山のはしごなんてのもアリだな・・・

「電車→街歩き→食堂→山→電車」という行動パターンが固定されつつある。ショルダーバッグは山歩きにはイマイチだし,みつわで購入したリュックサックは街歩きにはダサすぎるし・・・新しいスニーカーと不断使いのデイパックが欲しくなった。

家に帰り,Amazonで商品を眺めていたら15%引きクーポンに釣られ,思わずミレーの小型デイパックをポチっていた。



登り:20分
下り:15分
獲得標高:約160m





(おわり)

この記事へのコメント

  • 静岡の鯖江人

    足羽高校といえば、高校時代、チャリをぱくられ、数ヶ月後に足羽高校で見つかり「いまさらいらんわ」とふてくされた事を思いだします。
    実家もT待校区で鯖江市の北方のため、(あんまり書くとばれますが)高校が遠かったです。小学校の頃、日野川の堤防を福井市方面に行き、途中でパンクしたの良い思いでです。今は高校の学区がなくなり、母校の凋落が著しいですが、我は明朗自立の児、世に尽くさむと答えまじと生きたいもんです。
    2017年04月25日 22:34
  • poptrip

    >静岡の鯖江人さん

    足羽高校にすばらしい思い出をお持ちでうらやましいです(ウソ)

    僕は(たぶん)もっと福井寄りだったので高校はホントに遠かったです。
    今は藤島の1強ですね。まあ県の教育方針だからね。しょうがないよね。K高校よりはまだマシかと・・
    でも,学区制があったおかげですんげえ頭いいやつからメチャクチャなやつまでいろんな奴が集まってたあの時代の母校はよかったよね,ってのが僕らが同級生で集まるたびに思わず出てしまう言葉です。
    3年生の時,高校野球で準々決勝くらいまでいっちゃったもんで,みんなで補習さぼって応援に行ったら,新聞にも載っちゃって翌日こっぴどく怒られたのは今でも語り草です。もうちょっとで福商に勝ちそうだったんだから!
    2017年04月25日 23:37
  • 静岡の鯖江人

    わずか30校の参加の県大会1回戦負けが定位置の母校ですが、
    そんな歴史があったとは!
    ちっと調べたら、なんと過去に4回も甲子園に出てるではありませんか!
    しかし、未勝利かつ最後の出場が1965年・・・。
    今後もきっと見込みなしですが、遠くから応援したいもんです。
    静岡は自宅の最寄の高校が最近の常連となっています。文武両道を地で行ってます。こいつらいったいどうなってんのかと。
    2017年04月26日 23:22
  • poptrip

    >静岡の鯖江人さん

    そうなんですよ。
    いちおう古豪と言えなくもない(笑)

    とりあえず福商に頑張ってほしいなあと。
    敦賀気比が優勝したって地元敦賀市民の盛り上がりはイマイチでしたからなあ。助っ人ばかりなんだもん。あのときの決勝の相手は静岡でしたね。貴殿はどちらを応援したのかなw
    2017年04月27日 17:59

この記事へのトラックバック