富士写ヶ岳~小倉谷山~火燈山【前編】

4月30日(日) 快晴

いつものメンバーで富士写ヶ岳に行こうということに。
最近再婚して新婚ホヤホヤでヨメの尻に敷かれてるトレランおやじが今回は不参加を表明した以外は前回のホノケ山と同じメンバー。

前日の夜になってガスカートリッジが残り少ないことに気づいて武生のアルペンまで買いに行ったおバカさんは僕なわけですが,それにもめげず当日はちゃんと早起きしてJR鯖江駅で敦賀からやってきたおばはんを,さらに福井市内でMくんとマスターをピックアップ。長老とNさんは現地近くで合流して出陣です。

s-IMG_8651.jpg

となるはずだったのですが,なんと前日マスターの義母がお亡くなりになられたとの訃報が。ご愁傷さまです。大変なGWになっちゃったな・・・マスター抜きはちょっと痛いんだけどいなかったらいなかったで別に支障はないといえばない。

8:40ごろに登山口についたのですが,予想通り駐車場は満車で路駐。路駐のクルマがズラリと並んだ光景は圧巻でした(画像なしw)。マイクロバスも停まってましたから・・・

前回はソロで火燈山→小倉谷山→富士写ヶ岳と反時計回りで周回したのですが今回は時計回りで富士写ヶ岳→小倉谷山→火燈山で。約10kmと久しぶりのロングコース。若狭・三方五湖ツーデーマーチ20kmの部に初参加しようかと考えている(ただし晴れの日に限るw)僕にとってはちょうどいい足慣らし(まあ平地と山では歩き方がそもそも違うのですが・・)かと。

s-IMG_8652.jpg

準備を整えスタート(8:50)。

林道をしばらく上った後,登山道へ。

のっけから急登が始まります。

s-IMG_8658.jpg s-IMG_8665.jpg

しばらくして僕のふくらはぎは悲鳴をあげます。
先頭を行くペースメーカーである長老の一団についていくのがやっと。
なんていうんですかね,足が山歩きに順応していないというかね・・・やっぱ足羽山とか長泉寺山とはわけが違う(当たり前田のクラッカー)
前日のバドミントンでハッスル(死語)してしまった報いかもしれませんがとにかく足の違和感が拭い去ることができないと登頂もおぼつかない。

そんな情けない僕にできることと言えば,

s-IMG_8673.jpg s-IMG_8686.jpg
ムシカリ/イワウチワ

花の撮影会と称する小休止のみ。
心肺的にはそれほど問題ないのですが(もちろん余裕ではない)とにかくふくらはぎが・・

s-IMG_8664.jpg s-IMG_8675.jpg
イカリソウ/ツバキ

50分ほど歩いたタイミングで先頭を行く長老様より待ちに待った「休憩」の号令がかかりました。
新調したミレーの14Lのデイパックからポカリを取り出す。いやぁ14Lって全然荷物入らないっすね。しょうがないのでガスバーナーとカートリッジはMくんのザックに押し込んだわけでして(笑)
ヘッドランプとか非常食とかヤッケとかモバイルバッテリーとかアイコスとか安全に関わる荷物はどうしても持ち歩かないといけないので(アイコスは違うかww),そうすると14Lではかなり厳しいのです。まあ三床山とか文殊山とか街歩き用に買ったデイパックだから・・・

この10分ほどの休憩とイオンサプライ効果で,僕は我ながら見事に再生した。
力がみなぎってくるのがわかる。
急登がおわったこともあってか本来の調子が戻りつつあるようなうれしい予感。

そして気分もアゲ気味になったところで

今年初の

s-IMG_8681.jpg
ギフチョウ

とのご対面。
ギフチョウに興味を示しているのはこのメンバーでは僕だけ。
花に(多少ですが)興味を示しているのも僕だけ。
まあ山の楽しみ方は人それぞれ。正義なんてものはいい加減であいまいなものなんです。

そしていちおう今回の山行のメインゲストであるシャクナゲともご対面を果たします。

s-IMG_8693.jpg s-IMG_8691.jpg

この日の登山者のほとんどがシャクナゲ目当てじゃなかろうかと。
まだつぼみのものも多くあり,富士写ヶ岳のシャクナゲはもうしばらく楽しめそうです。

s-IMG_8699.jpg s-IMG_8701.jpg
サクラ/タムシバ

タムシバも多かったっすね。

そんな中,

途中ちょっと不思議なものを見かけました。

s-IMG_8704.jpg s-IMG_8712.jpg

画像では分かりにくいのですが,2羽のギフチョウ(チョウの正しい数え方は1頭,2頭だそうですが僕は1羽,2羽がしっくりくる)がくっついているのです。夫婦の営みかとも思ったのですが,下になっているギフチョウはぴくりとも動かないので死んでいるようにも見えます。しばらく観察していたのですが・・・「仲良きことは美しき哉」と言い残して立ち去ることにしました。

そのうち右手に小倉谷山や火燈山(らしきもの)が見えるようになりました。

s-IMG_8715.jpg

s-IMG_8718.jpg

そして前方には

s-IMG_8719.jpg
富士写ヶ岳

この見た目は北岳の草スベリを彷彿とさせる,なかなかの威圧感。

こういう場合,いったん下るという恒例行事がありまして(笑),登り返します。

途中でおばはんが休憩をとると言い出したので「もうちょっとやでガンバレ」って背中を押して登り切ったと思ったらそれは見事なまでの典型的な偽ピークでございまして・・・おばはんは水分を飲むためにザックを下ろし始めたので,調子の出てきた僕は「お先にお先に失礼!♪」っておニャン子クラブみたいに頂上へ向かいます。

s-IMG_8725.jpg
偽ピークから東側の眺望(かすんでるなあ・・クスン)

s-IMG_8726.jpg s-IMG_8727.jpg

そして頂上へ(10:36)。

s-IMG_8729.jpg
一等三角点 富士写ヶ岳(942.00m)

s-IMG_8730.jpg

それほど広くない山頂は人であふれかえっておりました。
なんとか場所を確保し,おばはんたちを待ちます。


(つづく)



着いてすぐ,三角点の写真を撮っておいてよかったよ。
しばらくしたら,

s-IMG_8747.jpg

↑こういう残念な写真になってましたからな・・・


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック