読書日記(2017年7月~8月)

主に電車(JR)の中で暇つぶしに読むために図書館で借りた本です。JRって乗っててもつまんないんだよな(個人の感想ですw)。

s-kakkou.jpg
カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾

自分の娘がもしかしたら本当の娘じゃないかもしれない。カッコウは托卵をするというのは動物好きの僕にとっては常識なわけですが,まあ父娘を巡り殺人事件も起こり・・・東野圭吾お得意のヒューマンドラマ。うーん,ふつうかな。

s-submarine.jpg
サブマリン/伊坂幸太郎

図書館で見つけて借りちゃった。「チルドレン」の10数年ぶりの続編だということなのだけれどもちろん「チルドレン」のことはさっぱり覚えておらず新鮮な気分で読めました。家庭裁判所の調査官である陣内と武藤のふたりをめぐる冒険(というか日常)。

s-children.jpg
チルドレン/伊坂幸太郎

「チルドレン」ってどんな話だったっけ?って「サブマリン」読了後,借り直しました。「サブマリン」のほうが面白かったかな。まあ初期の作品だからなあ。

s-densya.jpg
電車のはなし -誕生から最新技術まで-/宮田道一・森谷之男

タイトルどおり,電車のすべてが詰まってます(笑)
僕には電車の基本的知識が欠けているため鉄ちゃんとしての一般常識を身につけようと。カルダン方式と吊り掛け式というものをようやく理解した(本を読んだだけでは理解できなかったのでネットで調べたww)。

s-dou.jpg
「あっ」と驚く動物の子育て/長澤信城

ブルーバックスです。やっぱり知識を持って動物園で動物を見るのとそうじゃないのでは楽しみ方が異なるので,知識は多いほうがいいのです。でも,動物園にはいないような動物ばかり登場するもので・・・しかしとにかくほとんどの動物はお父さんは全く子育てしないんですよね~。

   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック