青春18きっぷの旅 豊橋・名古屋1泊2日#5 テツ&バス

皆さんご存知の通り,僕が愛読している北陸徘徊人というブログがあります。
僕を鉄の道にいざなった,大変けしからん尊敬すべきブログです。

ただ,そのブロガー四ツ葉来さんと僕との決定的な違いが一つあります。

僕はバスが苦手だってこと!
なんでかなあ,旅行に行ってもできるだけバスには乗らないようにしてるんですよ。

そんな中,北陸徘徊人の記事の中で僕がどうにも惹きつけられるバスを発見したのは数ヶ月前だったろうか。いつかあのバスに乗ろうと心に誓うほどのバス。

そのバスは名古屋に存在し,僕はちょうど名古屋にいる。



時は来た!それだけだ。

朝から橋本真也になった気分(ウソ)

バスに乗るため,その日僕は早朝から行動を開始した。

モーニングをいただき目的地へ・・・いやその前にちょっと寄り道を。
せっかくだからバスだけじゃなく鉄も楽しみたいじゃない(←この「せっかくだから」が僕の悪いクセw)
名古屋市営地下鉄のエコきっぷ(土日祝日のみ発売されるフリーきっぷ)400円を購入する。平日は700円ほどで乗り放題の切符が発売されているようだが400円ってのは破格の値段だ。やるな名古屋!

s-IMG_0899.jpg

伏見駅から東山線に乗って,僕が暮らしていた本山,東山公園あたりを徘徊。そして僕の通っていた大学にも行ってみた。

街並みもキャンパスも懐かしさを感じないくらい変わっていた。学内の建物はほとんどが立て替えられていたのだが,いくつかは当時のまま残っていた。

s-IMG_0912.jpg s-IMG_0914.jpg
中央食堂と学生会館

この中央食堂は,人気のない食堂だったんですが僕は愛用しておりまして冷え切ったトンカツが僕の学生生活を支えていたのだ。そして,この学生会館でサークルの例会が行われここで山登りの打ち合わせやら装備の確認をしていた・・んだよな。

くすぐったい
青い春♪


もう朧げになってしまった想い出に浸りつつ大学をあとにし,

s-IMG_0910.jpg

名城線に乗ってギャル曽根,いや大曽根(おおぞね)へ向かう。学生時代はほとんど乗ることのなかった名城線だが今は環状線となっていて非常に便利になった。

大曽根駅に着くと,目当てのバス乗り場へ。
そう,この日の主たる目的であるゆとりーとラインに乗るために。

このゆとりーとラインのバスの何がすごいかって

s-IMG_0924.jpg

ほら。鉄道のように専用の道路(←とは言わないのかな)を走るバスなのです。僕が学生の頃にも茶屋ヶ坂あたりは普通の道路のうち一車線がオレンジ色に塗られたバス専用レーンになっていた区間があり,初めてあそこを自分のクルマで走ったときは面食らったのだが,これはその上を行くシロモノ。

ガイドウェイバスというものらしい。

ガイドウェイバスとは、ガイドレールを備えた専用軌道に対し、これを案内輪でトレースしてステアリング操作が不要な半自動運転を実現しつつ、一般道路においても普通のバスとして走行可能な新交通システムである。(wikipediaより抜粋)

s-IMG_0931.jpg s-IMG_0940.jpg
案内輪が確認できる

新交通システムというのかね,これも。

ハンドル操作をしなくてもガイドレールに沿ってバスは進むため

s-IMG_0932.jpg

運転手さんはハンドルを持たない(持ってはいけないらしいw)。
ただ,左手はギアチェンジしてるし足でアクセルとブレーキを操作しているわけですげえ不思議な光景です(一番前の特等席に座り運転席を眺めていたオッサンです)。そんなことならいっそのこと全自動にすりゃあいいじゃんと思ったりもするのだが・・・この半自動というところがなんとも言えない魅力を演出している。

s-IMG_0933.jpg

ホントに贅沢な道路だよ(だから,道路とは言わないんだよ)。

駅っていうのか停留所っていうのかよくわからないが

s-IMG_0935.jpg

高架上にあるため豪華な仕様である。
そして渋滞などとは無縁で一定の速度で高架を走るバスは快適すぎてやばい。乗り心地もよく,眠くなってき・・・て・・し・・・イカンイカン。なんとか堪える。運賃440円分はちゃんとエンジョイしないと。

しばらく走ると,高架を降りて一般道へ入る(ここではお目目ぱっちり!)。

s-IMG_0937.jpg
このゲートから先は一般道

ようやく運転手さんがハンドルを握る。

s-IMG_0938.jpg

ここから先は普通の路線バスとなり,特記なし。

終点の高蔵寺(こうぞうじ)駅が見えてきた。

s-IMG_0939.jpg

高蔵寺という土地はいわくつきだ(個人的に)。
僕が何度かデートをして振られてしまった年上の女の子の住んでいた街。
ここで会っちゃったりしたらびっくりだよな。

などとくすぐったい青い春を思い出しながら足早にJRの改札をくぐる。

青春18きっぷの出番が来た。
時は来た。それだけだ(再び橋本真也登場w)。

s-IMG_0943.jpg

千種駅で地下鉄鶴舞(つるまい)線に乗り換え栄まで出てそこから名城線で矢場町へ移動。

s-IMG_0961.jpg

前回の記事の通り味仙でワンタイメンラーを食べると,大須観音まで歩く。

s-IMG_0950.jpg s-IMG_0958.jpg

大須という街も面白いのだが今回は素通り。時は来ていなかったのだww

大須観音駅から名城線に乗る。レベッカのライブまではまだ時間があるな。環状線なので2周くらいぐるぐる回ればちょうどいい時間になるかな。地下鉄は駅にトイレもあるし冷房聞いてるし昼寝するのもありだな,などと思っていたのだけれど(喫茶店などで休憩するよりも安上がりだw),リニモに乗るっていう手もあるな。と思い直し本山で東山線へ乗り換え藤が丘へ向かう。相変わらず忙しい男だ。

何度も何度も乗っている東山線だけれど,藤が丘まで行くのははじめて。

一社を過ぎると地上(高架)へ出る。

s-IMG_0965.jpg s-IMG_0966.jpg

なんか,オラわくわくすっぞ。
福鉄福武線が鉄道から軌道へ変わるときと同じような高揚感。

s-IMG_0968.jpg

東山線にはパンタグラフがない。

s-IMG_0971.jpg

線路の横に集電用のレールを設置している第三軌条方式を採用しているのです(と偉そうに講釈をたれてみます)。

リニモ・・・

s-IMG_0967.jpg

頑張れば乗って乗れないことはないけれど,夜のライブのために体力は温存しておきたい。
今回はやめとくか。愛・地球博のときに乗ってるしな・・・引き返そう。

s-IMG_0973.jpg

僕は,名古屋駅で桜通線に乗り換え時間を潰し,さらに名城線に乗り換え市役所前駅でムスコと合流しレベッカのライブを楽しんだ。

s-IMG_0988.jpg s-IMG_0990.jpg
東山線と桜通線だけにホームドア(安全柵)が設置されているようだ

ライブのあと,メシを食ってたら終電の時間。

s-IMG_1005.jpg

ナナちゃん人形のパンチラなどを見つつJR名古屋駅へ。

名古屋21:30発米原行きの快速に乗る。
名古屋から新疋田までの運賃は1,940円。青春18きっぷは1回あたり2,370円。モトがとれてないんじゃないか!!という心配はご無用です。

安心してください。ちゃんとモトをとってますから!
ゆとりーとラインのあとに利用した高蔵寺~千種間は320円なので1,940+320=2,260円。

まだ110円のマイナスじゃねえかと。

実を言うと

s-IMG_0977.jpg s-IMG_0979.jpg

地下鉄桜通線八田駅でJRに乗換えて名古屋駅に戻っておりまして,八田~名古屋間は190円。
1,940+320+190=2,450円とちゃんとモトはとってますから!(笑)

s-IMG_1018.jpg

この米原発敦賀行きの最終電車。
新幹線が遅れ,連絡する「しらさぎ」の発車が遅れたためホームが5番線から3番線に変更となり,また京都からやってきた最終電車が遅れたため,この電車の発車も遅れるという・・

新疋田に着いたのは23:55。
長い旅もようやく終わった。

ただ,

s-IMG_1063.jpg

困ったことに青春18きっぷはあと2回分残っているのだ(笑)
本当にちょっとだけ困っている。


(おわり)

この記事へのコメント