青春18きっぷの旅 富山高岡周回【後編】

県営渡船堀岡発着場。
新湊の堀岡と越の潟はもともと鉄道が走っていたのだが富山新港開発によって海で分断されてしまったため無料の渡し船が運行されていた。2012年に新湊大橋が完成したため運行は停止するものだとてっきり思っていたのだがなぜか現在も運行は継続されている。

s-IMG_1124.jpg

渡船っていうからもっとぼろっちい「矢切の渡し」みたいなのを想像してたんですが,けっこう立派な船でちょいとビックリ。

s-yagiri.jpg
矢切の渡しと言えばやっぱりこの人抜きには語れないw

s-IMG_1125.jpg

新湊大橋は歩いて渡ることもできるため,

s-IMG_1128.jpg s-IMG_1136.jpg
海王丸が見える

専用のエレベータが設置されているのが確認できる(バスはあのエレベータの下が終点のようだ)。僕は歩くのが大好きなので時間があれば挑戦してもよかったのだけれど,またの機会に(もちろん無料です)。

s-IMG_1137.jpg

うっすらと立山連峰らしきものも確認できる。

s-IMG_1135.jpg s-IMG_1138.jpg

わずか数分で対岸の越の潟発着場に到着する。なお,チャリは一緒に乗ることができますがバイクはダメっぽいです(原付は可)。

そしてすぐに越の潟駅から万葉線に乗り込む。

s-IMG_1139.jpg

もちろんフリー切符を購入したのだが800円と意外と高額。600~700円くらいが個人的には妥当な線じゃないかと思うのだが・・・

s-IMG_1143.jpg

中新湊で下車し,1kmほど歩いて目をつけていた飲食店で昼食をとると,こんどは新町口から再び万葉線で高岡駅行きに乗車。

s-IMG_1153.jpg s-IMG_1154.jpg

万葉線は,この赤いアイトラム(MLRV1000形)がメインの車両のようで,見かける電車はほとんどこれなわけで,同じ電車にばかり見て乗っていてもいまいちつまらない。そういう意味では福鉄がゴレンジャーのように色分けしているのはグーだと贔屓目に見てしまうのは僕の郷土愛か。そして,トイレに行きたくなったのだが,どうも万葉線はどの駅にもトイレがないようで(福鉄の駅にはトイレが設置されている),迷った結果ドラえもんトラムに乗って越の潟まで引き返し,越の潟の渡船発着場のトイレを利用することに(ドラえもんトラムは運行予定がサイトに掲載されている)。

s-IMG_1156.jpg

s-IMG_1157.jpg s-IMG_1159.jpg

越ノ潟駅ではわずか2分で折り返し運転となるため渡船越ノ潟発着場のトイレまで走り用を足して写真を1枚撮ったところでベルが鳴ったので再びドラえもんトラムに乗る。

s-IMG_1162.jpg

前回乗れなかったドラえもんトラムにも乗ったし,このまま帰ってもよかったんだけど,ドラえもんトラムよりも乗りたかったのは実はコレ。

s-IMG_1167.jpg
すれ違った7070形電車

でございます。
僕は,こういうレトロな電車が好きでねえ・・・

越ノ潟で折り返してきたら,乗ってみよう。時間はまだある。

s-IMG_1166.jpg s-IMG_1169.jpg

軌道になったり鉄道になったりと忙しい。

そしてこんな強引な電停も。

s-IMG_1171.jpg

新吉久、吉久、片原町の停留場は道幅が狭いためにペイント式の停留場であり、そのため利用者が通行する車にはねられる事故がたびたび起こっている。新吉久では2008年(平成20年)2月に死亡事故、2013年(平成25年)9月には重体事故、片原町でも2015年(平成27年)11月に車にはねられる事故が起こっており(wikipediaより抜粋)

そりゃそうだろ。
一車線の道路の半分が停車場になってるんだから・・トヨテツにもホームのない停車場があったけどあそこよりも怖い気がするな。

s-IMG_1176.jpg

荻布(おぎの)停留場でドラえもんトラムを降り,何度かアイトラムに乗り降りして結局,旭ヶ丘停留場から

s-IMG_1185.jpg

待ちに待った7070形(7071)に乗る。

s-IMG_1190.jpg s-IMG_1187.jpg
1967年生まれのアラフィフです。

自動扉(笑)
もちろん片開き戸袋付きで開くと跳ね返って何度かガタンガタンってなるタイプ。それもすごい勢いで開くから目も当てられない。思わず笑みがこぼれる(←オレだけ)

s-IMG_1188.jpg s-IMG_1194.jpg

マジ昭和!!

s-IMG_1196.jpg

もちろんモーターの音もアイトラムとは全く違う。
一生懸命僕らを運んでくれてる感がすごい。クセがすごい。

s-IMG_1199.jpg s-IMG_1201.jpg

高岡駅に到着。

s-IMG_1206.jpg s-IMG_1207.jpg

再び越ノ潟へ向かう7071を見送ると僕はあいの風とやま鉄道の改札をくぐる。氷見線のハットリくん電車が目に入る。まあ二度と乗ることはないだろうな。

あ,そうそう。
僕の無賃乗車疑惑についても言及しておこう。

高岡駅の改札で18きっぷを見せて「これで鯖江まで帰れますか」とダメモトで駅員さんに聞くと「行けますよ~」と軽い返事。えっ。金沢~高岡間はやっぱり18きっぷが使えるのか?じゃあなんで行きは金沢~富山間の運賃を支払わなければならなかったのだろう。とにかく前回の僕は無賃乗車ではなかったようでほっとした。ただ,謎はまた深まるばかり・・・そしてこの謎を解く気はあまりない(笑)

帰りの高岡~鯖江の電車の写真はもう面倒くさくて一枚も撮っていないという。

s-IMG_1208.jpg

青春18きっぷも残りあと1回分。
次はどこへ行こうか。岡山にも路面電車があるらしい。敦賀からなら日帰りも不可能ではない・・・行っちゃうか。それともおとなしく京都あたりをぶらつくか。福鉄もずいぶんご無沙汰だしフクラムにも乗ってあげないと機嫌をそこなっちゃうよなあ。と僕の悩みは尽きないのだ。


(おわり)


この記事へのコメント

  • くまごろう

    都電の愛称は『東京さくらトラム』らしい。(知らんかったw)
    2017年08月30日 07:41
  • poptrip

    >くまごろうさん

    それは知らなくて正解(笑)
    そんな長くてイマイチな愛称は浸透しないでしょう・・・
    E電なんてのもあったなww
    2017年08月30日 20:24