杜の都へ ~福島グルメ編(後)~

最終日の朝は,クリームボックスを食べるつもりだったのだけれど前回の記事の通り振られてしまったため食事を抜いて,喜多方へ向かいます。朝ラーですよ,朝ラー。
喜多方でラーメンを食べるつもりだったから仙台では支那そばを我慢したんですよ。ご利用は計画的に。

喜多方って郡山から2時間以上もかかるのですが,ラーメンを食べるためにわざわざやってきたのです(恩着せがましいなw)。まあ鉄道も楽しんだわけで。一挙両得というか一石二鳥というか。

ローカル線というのはとにかく運行本数が少ないので電車を1本逃すと大変なことになっちゃうので時間に追われます。次の電車で戻りたいのでなるべく駅から近くて喜多方ラーメン食ったぞーって思い出に残るようなお店をと食べログで探してみたところ,駅から徒歩5分のところに喜多方ラーメン発祥のお店があるということが判明。はい。そこに行きます。超有名店である坂内食堂は駅から徒歩15分だし,行列ができてたりしたら電車に乗り遅れる可能性があるもんで今回は見送りました。

s-IMG_3651.jpg s-IMG_3650.jpg

源来軒です。

朝10時半ですが,店内はほぼ満席。
自分のことは棚に上げてこんな時間にラーメン食ってんじゃねえよ。とツッコミたくもなるわけですが(笑)

オーソドックスに中華そば(650円)を。

s-IMG_3649.jpg

やさしい中華そばでした。
もちもちした麺が特徴的ですね。

s-DSC_0169.jpg s-DSC_0167.jpg

10月21日にカーナビに住んでるエリが「今日は蛭子能収さんの誕生日です」って教えてくれたわけですが(笑),この人のサインほど信用ならないものはないと思ったり。

s-DSC_0170.jpg

朝食のあとはお薬を飲むのがルーティーン。
ルーティーンブギですよ(思いついたことをすぐに書くのはやめようw)。

思いのほかスムーズにラーメンにありつけたので市内をぶらぶらした後,会津若松へ。
少しだけ観光をしてソースカツ丼をいただきます。

そうなんです。
会津若松もソースカツ丼が名物なのです。

今は亡き人気テレビ番組「ほこ×たて」で福井VS会津のソースカツ丼対決をやっていたんですが,そのときは福井が勝利しております。

今回の僕は「ほこ×たて」の審査員になったつもりでいただくことにします・・・まあ食べる前から福井の勝利は確定していたわけですが。

じゃあ食わなくていいじゃん。とかそういうツッコミは想定内です(←ホリエモンか!)。
いやいや,食った実績を残すということが大事なんです。
実績作りに来てるんです,僕は。
駒ヶ根,伊那でソースカツ丼食ってますから残るのは桐生と会津。会津のソースカツ丼を食べれる機会をのがすわけにはいかんのじゃ。

s-IMG_3721.jpg s-IMG_3723.jpg


駅から徒歩1分のマルモ食堂はご覧の通りリアルガチな食堂です。

s-IMG_3724.jpg
ソースカツ丼(900円)

s-IMG_3725.jpg

画像では分からないと思いますが,ご飯は少な目でお願いしました。

予想通りのお味で,これまた予想通り福井のソースカツ丼の勝利が宣言されました(心の中で)。やっぱさ,ソースカツ丼にキャベツはないほうがいいんだよ。こういう味付けのカツにはキャベツがあってもいいと思うけど。


(おわり)


この記事へのコメント

  • 郡山人

    会津のソースカツ丼は、そんなに言うほどのものではないと思います(笑)
    私は会津生まれですが、普通の卵とじのカツ丼の方が好きですね。
    2017年11月08日 23:19
  • poptrip

    >郡山人さん

    あはは。会津のソースカツ丼についてはノーコメントで!ww
    福井のソースカツ丼はやっぱりかなり特殊な部類に入ると思いますのでいちどご賞味ください。福井まで北陸新幹線が開通したら東北からのアクセスはずいぶんよくなりますからね。
    2017年11月09日 19:20