読書日記(2017年11月~12月)

最近あまり本を読めてません。
図書館には定期的に通っているのですがまとまった時間がなかなかとれなくて小説には全く手をだしておりません。読書の優先順位がいまは下がっているのです。

部屋ではほとんどの時間Amazon Primeとフジテレビ・オンデマンドの動画配信で「救命病棟24時」「ドクターX」と「ドキュメンタル」を見ているもので。「救命病棟24時」は第4シリーズまで,「ドクターX」はシーズン4のエピソード8まで,ドキュメンタルはシーズン3のエピソード3まで見終わりました(笑)
ただ,「ドクターX」は最新作がHDDに録画されたまま残っており・・・



s-syouwa.jpg
昭和の男/半藤一利×阿川佐和子

越前市図書館の新刊コーナーにあった本。半藤一利と阿川佐和子が5人ずつ昭和を代表する男を選び(個人的な選び方なのでそれぞれ自分の父親が含まれている),その人をテーマに対談をするというもの。これは面白かった。半藤一利の「昭和30年代にたくさんの将官や提督にインタビューをしたが感心しない軍人ばかりだった」なんて思わず出ちゃった言葉とかね。阿川佐和子が選んだうちのひとり,建築家ヴォーリズ。近江八幡に行きたくなりましたよ。


s-IMG_8954.jpg
北陸政界~常に真実を報道する~ 2018新春号

毎号買ってるよな(笑)
この雑誌のお陰で僕は北陸きっての政界通なのですよ。本号はネタ的に弱かったような・・・あわら市長のわいせつ行為をスクープ出来なかったのがイタイな。
前あわら市長が謹賀新年の広告を出しているのには苦笑(ほかの首町と並んで写真入りでw)


s-tetsudou.jpg
鉄道会社はややこしい/所澤秀樹

図書館で借りて夢中になった本。内容については別記事で書いていますが,結局Amazonで購入しちゃいました(笑)



s-takarakuji.jpg
宝くじで1億円当たった人の末路/鈴木信行

父親が貸してくれました。まあ暇つぶしにいいんじゃないっすか。買ってまで読もうとは思いませんが。
その筋の専門家にインタビューした記事が30個ほど書かれています。表題のほかに「キラキラネームの人の末路」「体が硬い人の末路」など。末路というにはふさわしくない内容もあり途中からは飽きちゃいました(笑)





この記事へのコメント