らーめん田中で久しぶりの替え玉

朝からフクラムの続編です。

ラーメンが食べたくなってネットを見てみるとめぼしいラーメン屋さんはみんな福井市の北の方。心のずっと奥の方。鯖江からだとアクセスが良くないんだよね。電車を利用する場合はえち鉄ということになるんだけど,土日は福鉄の線路補修により代行バスを利用することになる可能性が高く,それを考えただけでテンションが下がってしまう。しょうがない。福鉄沿線でとんこつ系となると・・・やっぱりここしかなかろう。

博多らーめん田中です。

s-DSC_0221.jpg

一昔前はとんこつラーメン(博多ラーメン)といえば鯖江の博龍軒くらいしかなかったんですが(現在閉店),いまや老舗の風格。まあラーメン業界は盛者必衰ですから田中は長く続いているほうだと思いますからね。

カウンターに座り,とんこつらーめん(730円)をオーダー。麺硬めで。スープも濃さを選べたのですがふつうで。薄めにしておけばよかったかな。

s-DSC_0217.jpg

キクラゲとネギとトロトロのチャーシューのみというシンプルな正統派。僕のブログと同じ道を歩んできている(ウソ)

s-DSC_0218.jpg

極細麺も久しぶりかも。
カウンターのトッピング(無料)には手をつけず。
僕はどのラーメン屋さんに行ってもデフォのまま食べるんですよね。普通のラーメンでもコショーなど一切使いません。

博多ラーメンというものは替え玉を前提としているとしか思えない量の少なさが特徴的なので,いつもは明太ご飯みたいなサイドメニューをつけていたのですが,久しぶりに替え玉してみました。替え玉はタイミングが難しい。完全に食べ終わってから替え玉するとちょっと持て余すし,タイミングが早すぎると1発目にきた麺が残った状態で混ざってしまうわけで。

麺がほんの少し残った状態で替え玉(150円)をオーダー(硬めで)。

替え玉ってどうやって受け取るんだったかなあ。
もうあまりにも久しぶりでちょっぴりドキドキ。

はい,替え玉です。
と小皿に載せられた替え玉を店員さんが持ってくると僕は自然に丼を差し出します。ああ,体が覚えていた(笑)
小皿から滑り落ちるように麺が丼の中に。
つるんと丼の中に収まる様子を眺めるのは快感w

s-DSC_0219.jpg

替え玉するつもりはなかったので具材はほとんど食べつくしてしまっていたわけですが,ノー問題。とんこつスープさえ残っていれば。

しかしさあ,とんこつスープってさあ,世界中にあるスープと名の付くもののなかでいちばんうまいスープなんじゃね。ミソスープのように毎日飲みたいとは思わないけれど。そしてすべてのスープの中で一番不健康なスープにも思えるわけで。

健康オタクの僕は,当然スープは残させていただきます。

s-DSC_0220.jpg

丼の底が見えるまで飲み干したい欲望に駆られますが,ここはガマン。汁だけに苦汁の決断です。いや苦渋の決断。ま,慣れですな。汁を残すのも。

ごちそうさまでした。
やっぱりおいしかったっす。





この記事へのコメント