2018年01月14日

ナローゲージ巡り#4三岐鉄道北勢線【後編】〜エピローグ

楚原駅を出て,めがね橋・ねじり橋を目指して歩く。

s-IMG_9834.jpg

パンフレットには駅から約1kmとあるが,歩くのが日課となっている僕には余裕のよっちゃん。余裕のよしこちゃんである。

s-IMG_9836.jpg s-IMG_9837.jpg

途中に案内看板もあるという親切設計。

s-IMG_9840.jpg
ねじり橋

”橋と用水が斜めに交差するため,アーチ橋下部のブロックにはひねりを入れて積まれています。この構造は「ねじりまんぽ」といい,現存するコンクリートブロック製の橋では唯一といわれる貴重な橋です。”

s-IMG_9841.jpg
めがね橋(撮り鉄さんが待機中・・・)

”全国に数多く存在する眼鏡橋の中でも,大変珍しいコンクリートブロック製です。この橋は三連式のアーチが美しく,北勢線の代表的な撮影スポットとなっています。”

いずれの橋も大正5年に竣工されたもので,平成21年度土木学会選奨土木遺産となっている。

ここでアゲキ,いやヒゲキが。
悲劇ですよヒゲキ。

ななんと,カメラのレンズ交換をしたときに僕の常用レンズであるEF-S18-135mmレンズを落っことしてしまったのだ(泣)

外見上は問題なさそうなのだが,ズームリングに引っかかりがあり・・・撮影はできるようだといちおう撮影を続けたのだが,

s-IMG_9865.jpg

s-IMG_9881.jpg

残念な写真が連発。
どうもピントが合わないのか,手振れ補正がおかしくなってるのか・・・シャッターは下りるんだけど。クスン。

泣きながら楚原駅に戻ると,ちょうどさっきの三岐線おじさんが話をしていたカラーリングが違う唯一の編成,阿下喜行き下り電車が入線してきた。僕の乗る予定の西桑名行き上り電車とすれ違うためここで停車した。

s-IMG_9912.jpg
望遠レンズの開放端(55mm)で撮影

今から阿下喜まで行って帰ってくる時間はないため,内部の撮影だけして降りる。

s-IMG_9908.jpg
モ277形277(1990年製)

本車両は,日本国内の普通鉄道向けでは最後の完全新造による吊り掛け駆動電車である(wikipediaより)。

s-IMG_9929.jpg
このお約束のツーショットもピンボケ写真に・・・リベンジが必要だな

死んでしまった(死にかけている)18-135mmレンズはあきらめ,ここからは55-250mmの望遠レンズでの撮影となる。

s-IMG_9940.jpg

夕食を桑名市内で食べた後,名古屋行きの普通に乗り,名古屋で新快速に乗り換え。

s-IMG_9957.jpg

米原で敦賀行き新快速に乗り換え,

s-IMG_9959.jpg

最後は敦賀駅で

s-IMG_9961.jpg

金沢行きに乗り換える。
4番線に到着してその先にある5番線への乗り換えなのだが,結構な距離がある割に乗り換え時間が短い。最後尾の車両に乗っていた僕が普通に歩いていたら,定刻になったようでこっちを確かめもせず車掌が発車しようとしたのでちょっと待てと。

思わずキムタクのように「ちょ待てよ!」と言いかけたのだが僕は車掌を無視して無言でドアの「開ボタン」を押す。

僕の後ろにもまだ数人いたし,確認くらいしろよ。とちょっぴりこの車掌の気の利かなさ,欠落したサービス精神にちょっぴり不快感を覚えたわけだ・・・まあ最終電車ではないし,乗り継ぎに間にあわないようなどんくさい奴は次の電車に乗れということかね。数分後に次の列車がやってくる都会の駅ならそれもありだけどさ,こんなクソ田舎の寒いホームで何十分も待てというのかあんたは。だいたいこの電車は新快速からの乗り継ぎのための電車だろ。特急を優先するのはわかるけどさ,俺は青春18きっぷを使ってるいわばあまり歓迎されない乗客なんだけど,れっきとした客なんだぜ。

なんとか電車に乗り込むと,目の前にいるヤングな同好の士2人組も「この乗換時間はあり得んよな」「うん,マジでおかしい」と話しているのが聞こえた。全く同感である。「しらさぎ」と新幹線の米原乗り継ぎよりもタイトな設定だ。
乗換え時間は3分ほどあったので時間的には問題はないと思うのだが,使用するホームが問題なのである。下りた向かい側のホームとかだったら3分でも全然問題ない。なんでこういう運用をするのかね。とカメラのレンズを壊してしまい機嫌の悪かった僕は毒を(心の中で)吐いたのである(ブログに書いてるけどなw)。

やはり,鯖江発着は行程的に苦しい。次回からは敦賀発着が必須だな・・・

s-IMG_20180108_0001.jpg

青春18きっぷも,もうちょっと日付印が克明になるような工夫が必要なんじゃないかと思うんだけど・・・この紙質はスタンプを押すにはあまり適していないと思われる。
ICカード化が最もありがたいんだけどまあ難しいんだろうね。すいません,なんか今回はJRをディスってばかりで。ええ,僕はJRにはずいぶんお世話になってますが,何度かとても不愉快な思いをしたことがあって。でも,これからもよろしくね。JRさん!


(おしまい)



posted by poptrip at 19:20 | Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに米原の乗換えもタイトでしたね。桑名で何を食べられたか気になります!青春18きっぷなつかしいです。子どもの頃、岡山や尾道まで行ったのは良い思い出です。
Posted by うきょきょ卿 at 2018年01月14日 21:29
>うきょきょ卿さん

桑名といったらアレでしょ,ふふふ。
明日のブログに書く予定です。ホントは時間があれば名古屋でメシを食おうと思ってたんですが,全く時間が足りず・・・

青春18きっぷも並行在来線のせいで昔と比べてずいぶんと使い勝手が悪くなりました。
Posted by poptrip at 2018年01月14日 22:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: