テツカラ

日曜日,ヨメが暇だからどこかへ連れて行けという。
僕は温めていた計画をプロポーザル。

「いしかわ動物園はどうや。auスマートパス会員なら日曜日は無料になるんやって。」

足羽山動物園が休園中で,ここ最近は西山動物園にばかり通っていたためたまにはほかの動物園に浮気してみたくなっていたのだ。

だが,瞬殺。



食い気味に

「寒いからやだ!」

あっけなく僕は玉砕。
さらに追い打ちをかけるように

「だいたいなんで雪の積もってる動物園に行かなきゃならないの。」

いや,雪が積もっているからこそ見える動物の世界というものがあるんだよ。西山動物園でもね・・・と言いかけてやめた。「ヨメの耳に念仏」「ヨメに真珠」である。

しょうがないので代案を。
外がダメってことはお寺巡りもダメだし東尋坊もだめだろ。海を見にいくのもダメだし電車に乗るにしても日曜は代行バスだから・・屋内で楽しめるものと言ったら映画かカラオケ。僕はカロリーを消費したいしお金はあまりかけたくないとなるとカラオケだな。うん,カラオケ行って一緒にメシ食って帰ってこよう。

s-IMG_0700.jpg

行先はもちろんお馴染みジャパレン。
M氏とはスケジュール調整がうまくつかず1月はカラオケバトルは開催できず,2月も微妙な情勢。M氏を出し抜いて僕はこうしてヨメとカラオケに来ている(笑)

受付で「DAMにしますか?JOYSOUNDにしますか?」と尋ねられるといつもは「DAM」を選ぶのだが,この日は「JOYSOUND」を選んだ。

もちろん理由はある。

タモリ倶楽部で見た「鉄道カラオケ」というものに挑戦してみたかったからだ!

テツカラなのです。

歌わないカラオケ? 「鉄道カラオケ」がじわじわ人気(日経トレンディネット)

”多くの人は鉄道カラオケと聞いてもピンと来ないだろう。「鉄道唱歌」など鉄道を題材とした楽曲を歌うわけではない。「進行!」「まもなく 品川 品川です」「降り口は左側です」など、鉄道の運転士や車掌が普段から行うアナウンスをカラオケでやってみようというものだ。” (上記リンク先記事より)

入室し,さっそく鉄道カラオケを探そうとするが,曲名も歌手名もわからない(笑)

しばらく機械と格闘するが鉄道カラオケにたどり着かない。もしかしたら福井の片田舎のカラオケ屋にはそんな最先端の流行曲はないのか。普通のカラオケを歌いながら訝しげに機械を操作していると

s-IMG_0679_1.jpg

あ,あった。

s-IMG_0680.jpg
本人映像(笑)

マ・・・マニアックの極致。
曲名?は,やはり東京や大阪の大手私鉄が中心で(京急とコラボしてるらしく京急が充実しているようだ),もちろん福井鉄道やえちぜん鉄道はないw
困ったことに僕がしょっちゅう乗っている電車のカラオケが見当たらないのだ。

しょうがない。こいつにするか。

s-IMG_0684.jpg

もう20年近く前,僕が東京で働いていた時に通勤で乗っていた電車である。
都営13号線(現:大江戸線)で中野坂上まで行き,丸ノ内線に乗り換えて赤坂見附,さらに銀座線に乗り換えて1時間ほどかけて通勤していたのだ。車内アナウンスの記憶など全くないが・・・

s-IMG_0685.jpg s-IMG_0686.jpg

だいたいあの頃はまだ東京メトロではなく帝都高速度交通営団だったんだよ。「営団地下鉄丸ノ内線にご乗車いただき・・・」だったはず。

採点システムをいれているので五線譜みたいなのがかぶってて見にくいのだが,実際の赤坂見附~四谷間の映像が使われている(テイチクの映像)。地下鉄は暗くて全く面白くないね。ははは。

ところで,これも採点できるのか?できるんですよ(笑)
それにいちおうキーを変えることもできる。
車掌と運転士のデュエット曲だってあるんだから,まさにカラオケである。

ご存知の通り,車内アナウンスというのはずっと流れているものではないので間奏(カラオケだから無音部分は間奏なのだ!)が長い。「タモリ倶楽部」ではこの間奏で芸達者な鉄ヲタたちがアドリブをいれたりして楽しんでいたが僕には無理。

s-IMG_0687.jpg s-IMG_0688.jpg

なんとか四ツ谷駅に到着(丸ノ内線四ツ谷駅は地上駅なのだ)。

得点は

s-IMG_0689.jpg

まさかの70点(泣)
まあしょうがない。

さて,あとは普通の曲を歌おう。
ただの乗り鉄,しかも素人に毛が生えた程度のヲタである僕にはあまり楽しめなかったし,なによりヨメの冷たい視線が突き刺さっている。

【poptripのセットリスト】
1.HANABI/Mr.Children
2.どんなときも。/槇原敬之
3.鉄道カラオケ「赤坂見附~四ツ谷」編 東京メトロ丸ノ内線02系荻窪行き
4.CHU-RU-LU/BOφWY
5.HELLO ROCK&ROLL CITY/浜田省吾
6.向日葵はゆれるまま/小沢健二
7.今夜はブギー・バック(nice vacal)/小沢健二feauturingスチャダラパー
8.友人のふり/岡村靖幸


ヨメのセトリはヨメの許可を取るのが面倒くさいので省略(笑)
なお,コンピュータの採点による得点は僕よりもヨメが上回っていたという納得のいかない結果に・・・また機会があればリベンジだな。


この記事へのコメント

  • Herr Katze

    「ヨメの耳に念仏」「ヨメに真珠」
    とおっしゃいますが

    基本的にわたくしも同じ意見なのですが

    なんでクソ寒い中動物園に行かなきゃいかんのかと
    そういう嗜好ですわ~
    2018年02月01日 00:12
  • nipper

    ひどい・・・( ノД`)シクシク…「ヨメに真珠」はひどい( ノД`)シクシク…(雀の涙程度ですがw)というより、嫁の顔も三度ですよ!
    うん、私は雪が無かったら、行くかもしれないです^^;
    2018年02月01日 09:38
  • poptrip

    >Herr Katzeさん

    ああ,貴方もそっち側の人間だったのね・・・
    ていうかやっぱ俺の方がおかしいみたいですね(笑)
    2018年02月01日 21:49
  • poptrip

    >nipperさん

    貴女もそっち側の人間でしたか・・・シクシク。
    雪がなかったらヨメを引きずってでも連れていきます(ウソ)
    2018年02月01日 21:50