中目黒の夜

ムスメの受験の添乗員を買って出た僕。
大雪のせいで彦根に前泊することになり都合6泊7日のお受験旅行となりました(うち東京が5泊6日)。こんなに長い旅行は新婚旅行以来。最初の二日間は同じ部屋で寝泊まりしていたのですが,3日目に僕のいびきがうるさいとムスメが怒り出したため,そこからは別々の部屋に・・昔うちの父親が僕のアパートに泊りに来た時にいびきがうるさいと怒った記憶がよみがえりました(年を取るといびきをかくようになるのかね・・)。
ということで本日からしばらくはその旅行の模様が続きます。時系列には並べれないのでアップする記事は順不動です。

---

東京在住の高校時代の友人Kくんは,僕が東京に来るたびに飲みに行っている友人のひとり。昔は何人かそういう友人がいたのだが,少しずつ疎遠になり今は貴重な人材。
今回も連絡したところ,「どこに泊ってるの?」「市ヶ谷だけど」と返答すると数分後にお店のサイトへのリンクの張られた返事が返ってきて19:30に予約しといたから,って。相変わらず仕事早すぎやろ(笑)

中目黒駅から徒歩7分という地元の人間でなければまず来ないであろう穴場的なお店。「祐天寺に住む前はこの近所に住んでいたから。数年振りかな。」と。
やっぱジモティは強い。

前回も中目黒の路地裏にあるシンガポール料理屋さんで飲んでおり,中目黒駅の東側に喫煙所があるのはインプット済み。アイコスを1本吸ってからお店へ向かいます。最近のレストランは禁煙のところ多いからね。

山手通り沿いにある辰春というお店です。

s-IMG_1729.jpg

大きな看板が出ているわけでもなく,僕のようなおのぼりさんは絶対に行かないような店。やっぱ彼のチョイスするお店は興味深い。

僕は紹興酒のハイボールとウイスキーのハイボールの2杯で,あとはウーロンティーを。Kくんは青島ビールを手酌で。以下,食べたもの。

s-IMG_1722.jpg
アボカドとローストチキンのなんとかかんとか

s-IMG_1723.jpg
スルメイカとパクチーの云云かんぬん

s-IMG_1725.jpg
麻婆豆腐

s-IMG_1726.jpg
牛肉と唐辛子の野菜煮みたいな

s-IMG_1728.jpg
エビとカニのチャーハン

うむ。
どれもうまい。
かなりうまい。

デザートはどうする?コーヒーのとびきり美味い店があるから,とりあえずそこに行こうか。
はい,僕は貴方に着いていきます!

連れていかれたのは中目黒駅近くの裏通りの雑居ビルの3階にあるカフェ。
もちろんこんな店,おのぼりさんには無縁の・・・

ここよりうまいコーヒーを飲んだことがないとコーヒーにうるさいKくんのオススメのお店。そういえば前回来た時は満席で別のお店に行ったんだということを思い出しました。

s-IMG_1732.jpg
僕の頼んだなんとかブレンドとKくんの頼んだなんとかブレンドww

コーヒーは1杯,500~600円ほどと僕が時々行くようなチェーン店と比べたら圧倒的に高い。旅先でなければコーヒーにこの値段は払えない。でもね・・確かにうまいんだよ。

s-IMG_1731.jpg

「おかわりしようかな。」
と言ったら
「せっかくだから違うやつ頼んで味を比べてみようよ。」

と突然利きコーヒー大会が始まったわけです(笑)

s-IMG_1730.jpg
僕の頼んだなんとか(フルーティなコーヒー)とKくんの頼んだ東ティモールのなんとかかんとか

4種類のコーヒーを飲み比べ。
ホントにコーヒーって難解な飲み物。
フルーティなコーヒーって何よ。って飲んでみると確かにフルーティな気がしないでもないw
すこしずつ苦みや香り,味が違うのな。

美味しかったっす!!

「どうやってこんな店探したんだ?」と尋ねると,「ヨメのママ友にコーヒーにうるさい人がいてね,その人に教えてもらったんだ。」とのこと。やはり一番信頼できるのはネットの情報ではなく生の口コミなのですな。

「もし,ムスメが東京で生活することになったら頼りにできる人がいないからよろしく頼むよ。」とお願いすると「いつでも声かけてもらえればいいよ。今度一回ムスメさんと会っておきたいね。東京に引っ越して来たらたまにはいい店ごちそうしてあげるよ。今は子供が小さいから行ける店が限られてるんだ。ちょうどいい。」と心強い前向きな発言。いやいやいや。あんまり贅沢させちゃいかん。キミの選ぶ店はだいたい学生が行くような店じゃないじゃない。連れて行くならもっと庶民的で激安なチェーン店にしておくれよ(笑)
「いや,オレそういう店あんまり知らないから・・・」

そうか。
よろしく頼む。

実は知り合いの娘さんが警視庁に勤めているから,本当に困ったときにはその人を頼るつもりなのだが(←警察のご厄介になるようなことはしないムスメだと信じているがww),ちょっとした相談は彼に任せようと僕は決意を固くしたのでした。



この記事へのコメント