2018年05月31日

読書日記(2018年3月〜5月)

本日は世界禁煙デー。
例年は無視していたんですが今の僕は絶賛禁煙継続中なわけで。

さて,たまっていた読書日記。


クリスマスを探偵と/伊坂幸太郎

鯖江図書館で見かけて思わず借りてしまいました。
・・・微妙かな。面白い話ではあります。
ファンタジー・童話としては百田尚樹のファンタジー作品のほうが好みだったかも。



コンパス時刻表

時刻表を買うのなんていつ以来だろう?Yahoo!乗換案内とかって便利なんだけど,このルートでここでメシ食って乗換えをなるべく少なくしてなどというワガママなプランを立てることは難しい。特に青春18きっぷで長距離を移動する場合などはやはりちゃんと印刷された時刻表を見ないとね。書店へ行くのだけれど時刻表が見つからない。店員さんに聞くと週刊漫画雑誌の横に大量に積まれていた。ははあ,雑誌の扱いなのね・・・どうも月刊誌らしい(笑)



なぜ福知山線脱線事故は起こったのか/川島令三

図書館で借りてきた本。タイトルとは内容がちょっと違うんじゃねえの。ってのが感想。ハード面での検証(といってもあまり科学的とは言い難い)に重点が置かれ,ボルタレス台車でなければ,ATSがカーブ直前に設置されていてれば事故は防げたということが言いたいようである。鉄ちゃんでなければ読むのはちょっと難しい本だと思います。逆にモノホンの鉄には物足りない内容かも。


このとき図書館にカードを持っていくのを忘れてしまったのですが,ちゃんと専用の紙に名前と住所と生年月日と電話番号を書けば貸してくれるんですね。よかったよ。



s-IMG_20180428_0001.jpg
北陸政界

ここ1〜2年,毎号買ってる気がする。発売日が楽しみだったりもする。ヤバイ兆候です。中毒になってるかも・・・ww
内容はいつものとおりなので割愛(←オイッ!)




まく子/西加奈子

童話?ファンタジー?青春小説?まあ西加奈子ワールドであることは確かだけれども,「サラバ」と比べたらちょっとイマイチ分からないかなあ。というか「サラバ」以外の小説は正直イマイチピンと来なかったりもするんだよなあ。




銀翼のイカロス/池井戸潤

半沢直樹シリーズの4作目。相変わらずの勧善懲悪に,お馴染みのセリフ「倍返しだ」。楽しめました。




鉄道史の仁義なき戦い/所澤秀樹

鉄道会社ガチンコ勝負列伝ということで,官設鉄道対関西鉄道,阪神対阪急(昭和の日本シリーズみたいだなw),東急対東京地下鉄,西武対小田急の戦いを小林一三と後藤慶太を中心に書かれたなかなか興味深い本でした。




終わらない歌/宮下奈都

「よろこびの歌」の続編。前作に引き続き面白かった。とはいうものの前作の内容をほとんど覚えていないという悪い癖が出てしまい途中までこれが続編だと気づかなかった(笑)
この人の本を読むと,音楽の力ってすげえなあって思うわけですが,僕には好きな曲はあっても心を奪われたり運命を変えるような曲というものにはいまだに出会っていません。

posted by poptrip at 21:00 | Comment(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: