ダイヤモンド・プリンセス

この日は,フレックスタイムを使って早めに退社。
ふと思いついて港へ行ってみることに。

そう,ダイヤモンド・プリンセスという豪華客船がこの日夕方出航することになっていたのだ。僕のような関係者でもない人間もこの出港式に参加できるのかよくわから駆ったのだが,警備員に聞いてみるとどうぞ~ということで。

事情により写真はコンデジにて撮影しております。

s-P1030431.jpg

ちょうど地元の高校の吹奏楽部がお見送りの演奏をしているところだった。そしてこの手のイベントには必ずと言っていいほど登場するキャラクターも。

s-P1030434.jpg

沢山の人がこの桜の造花を手にして,それを大きく振ってお見送り。
それにこたえるかのようにたくさんの乗客がデッキに出てきて手を振っている。

よくわからないのだが,みんなに配っていたので僕もいただいた。
タダでもらえるものはなんだってもらう性格(笑)

s-IMG_3949.jpg 

こういうものの予算がどこから出ているのか疑問なのだが,たぶん県や市であると思われる。福井県,あるいは敦賀市にこの豪華客船を寄港してもらうために行政はかなり力を入れているようだ。県の職員と思われる人もたくさん見かけた。
前回の寄港では1泊2日みたいな感じだったため,敦賀に寄港してもそこから観光バスで遠方へ観光に出かけるお客さんばかりだった(よう)のだが,今回は朝7:00に敦賀に到着し17:00に出航というスケジュール。乗客の多数は敦賀市内で時間を潰したと思われる。敦賀市もおもてなしに必死なのだ。

s-P1030441.jpg

しかし,近くで見るとでかいな。ホンマに。
wikipediaによると全長290mで旅客定員2,704名,乗組員1,238名とある。乗客と乗組員の比がほぼ2:1。こんな乗り物ほかにないよな。そりゃあ金もかかるはずだわ。

s-P1030443.jpg

定刻の17:00になると汽笛が鳴り,いよいよ出航のとき。
僕は船の前方の方に移動する。と,見慣れた顔が。ああ,やっぱり知り合いに会ってしまったか(笑)
「どうも。」「おう。」「フレックスつかって見に来たんですよ」「めったにない機会だからね」と社交辞令も甚だしい会話を交わすとそれぞれがそれぞれの撮影ポイントへ移動。

s-P1030445.jpg

係留ロープがはずされ,

s-P1030454.jpg s-P1030455.jpg


エンジン音が鳴り響く。


s-P1030457.jpg

s-P1030473.jpg

s-P1030482.jpg
西方ヶ岳

船が港を出ていくとちょうど耐え切れなくなった空から雨が落ちてきた。




今のところ僕は船にはあまり興味がないのだが,そのうち僕の心をつかむこともあるかもしれない。





この記事へのコメント

  • うきょきょ卿

    こんにちは!よそでは寄港反対デモをやってるらしいですが、経済効果も見込めないと思います。でも誰かのふところは潤うのですね。
    2018年04月24日 13:47
  • poptrip

    >うきょきょ卿さん

    恥ずかしながら,反対デモやってるところがあるなんて知りませんで・・・すこしネットで調べた見たわけですが,確かに短期的な経済効果は微妙かなあと。ただ数値には表れにくいイメージ的なものはよくなるんじゃないかと。それに対して払う対価を地元の人がどう思うかってハナシですね。
    平日に,何人も動員して(高校生の吹奏楽とかほかにもいろいろイベントやってたっぽい),道路は通行規制して・・・本当に地元にメリットがあるのかねえ。
    2018年04月24日 22:13