鹿児島市内散策とくろいわラーメン

起きた時間に合わせて行動を開始しようと思っていたら朝5時に目が覚めてしまったので,

s-IMG_4628.jpg s-IMG_4629.jpg

アサイチの特急「きりしま」で鹿児島へ向かった。

s-IMG_4636.jpg s-IMG_4637.jpg

鹿児島中央駅に到着すると,コインロッカーにキャリーバッグを預ける。
ちょっと大きさ的にきつかったのだが300円のコインロッカーに無理やりつっこむ(笑)

s-IMG_4659.jpg
鹿児島中央駅

初めての鹿児島。主たる目的は路面電車に乗ること。と言いたいところなのだけれどホントは知覧がメイン。

鹿児島市電・市バス・シティビュー一日乗車券を購入し,まずは市内を散策することに。

僕は大河ドラマ「西郷どん」を見ていないのだが,多少は幕末にうるさい男なのでちょっぴり観光もね。あ,幕末にうるさいといっても「竜馬がゆく」を10回くらい読んだのと,池波正太郎の大ファンてくらいのたいしてうるさくもないちっぽけな男なんです。

一日乗車券ではシティビューという市内の主な観光地を巡る周遊バスにも乗れるのですが,僕は市電と自分の足(いわゆる徒歩)だけでぶらぶらと。天文館通電停で電車を降り,歩く。

s-IMG_4663.jpg
西郷隆盛像

s-IMG_4666.jpg s-IMG_4667.jpg
鶴丸城(鹿児島城)跡と蓮

s-IMG_4669.jpg s-IMG_4672.jpg
薩英戦争と西南戦争時の銃弾の跡

s-IMG_4673.jpg
西郷隆盛洞窟

西南戦争の終盤,西郷隆盛がここで過ごしたという洞窟です。

s-IMG_4674.jpg

歩いて城山に登り,展望台から

s-IMG_4678.jpg

桜島を眺める。

歩いて下っていると「敬天愛人の碑」と書かれた案内板があった。
矢印の方を見ても見当たらない。

うーん。

目を凝らしてみると・・・

s-IMG_4683.jpg
トンネルの上にあった!

敬天愛人というのは別にいやらしい言葉ではなく(←当たり前だ),天を敬い人を愛するということです。真の意味が僕には分からないのですが興味がある人は自分で調べてみてくださいな。

上野の西郷さんの横にも

s-IMG_1608.jpg
2018年2月 ムスメのお受験旅行中の上野公園にて撮影

こんな石碑がありましたわ。

天文館に戻ります。
天文館って何?ってハナシなんですが,地名なんですよこれが。

天文館(てんもんかん)は、鹿児島県鹿児島市にある中心繁華街・歓楽街の総称。一帯は繁華街と歓楽街が隣接し、一大商業、娯楽エリアとなっている。 地元では、特に若年層を中心に天街(てんまち)という愛称で呼ばれている。江戸時代、第25代薩摩藩主・島津重豪が天体観測や暦の研究施設として明時館(別名「天文館」)を建設したことに由来する。(wikipediaより)

s-IMG_4703.jpg s-IMG_4704.jpg

天文館に再びやってきたのは早めの昼食をとるため。
友人オススメのラーメン屋さんが天文館にあるのだ。

ラーメンは週1回以下という自分ルールがあるため今回の旅行では熊本ラーメンを食べようと思っていたのだが,その友人が強力に推してくるものだから(笑),じゃあせっかくなんでおいどんは熊本ラーメンはパスして鹿児島ラーメンにするでごわす。ということになったのだ。

そのラーメン屋さんってのが,こちら。

s-IMG_4706.jpg

くろいわラーメンでございます。
開店の10:30と同時に入店。もちろん僕がこの日最初の客。

s-IMG_4705.jpg
くろいわラーメン(780円)

金髪の店主?にちょいとビックリしたんだけどすんげえ腰が低くて,丁寧な接客。
人は見た目で判断しちゃダメなんだよ。

あっさりめのとんこつラーメン。
ぼくはこってり系のとんこつが好きなもんでドストライクというわけではなかったのですが,まあ満足。

s-DSC_0421.jpg s-DSC_0422.jpg

スープは5口でフィニッシュ!

ごちそうさまでした~。

店を出ると,僕は知覧へ向かうことにした。



この記事へのコメント