2018年06月04日

長崎電気軌道【前編】

過去に2度,長崎で乗ったことのある路面電車だけれど,当時は電車になどこれっぽっちも興味がなくただの移動手段だったため殆ど記憶がないのである。長崎には数日間滞在したため鹿児島,熊本と違いかなり電車に乗ったわけで前・後編に分けて紹介する(興味のない人には申し訳ないが長くなってしまったので・・・)

鹿児島,熊本と違い長崎の路面電車は民間の事業者である長崎電気軌道により運営されている。

s-IMG_5044.jpg
3000形3001 リトルダンサーUタイプ(築町電停付近にて)

長崎にもリトルダンサーがいた(笑)

長電の一日乗車券は車内や電停で買うことができない代わりにホテルのフロントなどで購入が可能。夕方に長崎に着いた僕はホテルのフロントで一日乗車券を購入。

s-IMG_6409.jpg
ホテルのフロントで日付印を押してもらった

ホテルマンに「5回乗らないとモトがとれませんが大丈夫ですか?」と聞かれたわけだが僕は「余裕ですよ。」と。福鉄やえち鉄のように20〜30分に1本しかないような場合,夕方から5回乗るというのは少し難儀するけど,数分に1本電車が来るこの路面電車天国長崎では5回なんてあっという間だ。

この日は18:30に中華料理屋さんを予約してあったのでそれまではフリータイム。ホテルで昼寝をしていてもよかったのだが,そんなムダな時間を長崎で過ごすことは僕の中では許容されない。

まずは長崎駅前から1系統正覚寺下行に乗る。

s-IMG_5040.jpg
360形365(1961年製造)

s-IMG_5041.jpg

長電は全線にわたってセンターポールなのだが,

s-IMG_5042.jpg

ここはセンターポールにしなければ1車線分空いたんじゃねえのっていう。

s-IMG_5051.jpg

思案橋電停で下車,観光通電停から

4系統正覚寺下行300形305(1953年製造)に乗る

s-IMG_5055.jpg s-IMG_5054.jpg

途中からは乗客は僕のみとなる。終点の正覚寺下電停から1系統赤迫行300形310(1954年製造)に乗る。
この310はもうこのブログではすっかりお馴染みとなった,というかまたかよとツッコまれそうな水戸岡鋭治デザインである。愛称は「みなと」。

s-IMG_5058.jpg
とりあえず内装のみ

築町電停で

s-IMG_5064.jpg s-IMG_5065.jpg

5系統石橋行360形366に乗換え,終点の石橋まで。そのまま同じ電車で市民病院前電停で下りて

s-IMG_5071.jpg s-IMG_5074.jpg

南国気分のこの木と海を眺めて,大浦海岸通り電停から5系統蛍茶屋行1300形1302(1987年製造)に乗り

s-IMG_5075.jpg s-IMG_5077.jpg

賑橋(にぎわいばし)電停で下車。

s-IMG_5079.jpg

前回もここには来たのだけれど,鯖江の人間であれば眼鏡と名の付く橋を見に行かなければならぬ。

公会堂電停から

s-IMG_5081.jpg

5系統蛍茶屋行1800形1803(2002年製造)で終点の蛍茶屋電停まで。これで蛍茶屋〜石橋,正覚寺下〜長崎駅前間を制覇。残るは長崎駅前〜赤迫間のみ。ちょうどお店の予約時間となったので引き返す。

s-IMG_5088.jpg

この蛍茶屋電停。
複線の線路の間に設けられた島式ホーム1面。長崎電気軌道で唯一の島式ホームである。

左下の画像の通りその先には車庫がある。
電車は車庫に入るわけではないため3本列車がやってくると1番線に2本,2番線に1本の電車が停まることになる。そうすると先にやってきた電車の方が後に発車するということが起きるわけで。上写真の場合,手前に停まってる電車が一番最初に到着したのだけれど折り返しで発車したのは最後だったという・・・しょうゆうこと(このへたくそな説明で理解してもらえるかなあ)。

s-IMG_5090.jpg s-IMG_5092.jpg

僕は同じ1803に乗り,西浜町電停で下車すると中華料理屋さんへ向かった。

とりあえずここまでが長崎初日。

・・・のはずだったのだけれど,参加予定の軍艦島クルーズで船酔いしないように酔い止め薬を買いに行こうと酒宴が終わった夜の9時過ぎに思いついたぼくはホテルのフロントにこの時間に空いているドラッグストアはあるかと尋ねると,駅前の薬局に電話してくれたのだが営業は9時まで。ドンキホーテにならあるかもしれませんね。あそこは何でもあるし夜中の2時まで空いてますから!」とドンキホーテに電話をかけてくれて酔い止め薬があることを確認してくれた。ドンキホーテてすげえな!!そしてこのホテルマンの神対応に感謝!

ということで僕はまた電車に乗ってドンキホーテへ向かった。

ほら,余裕で一日乗車券のモトがとれてるじゃない(笑)


(つづく)

posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと!長崎電気軌道にまで水戸岡デザインのあったとですか!(←エセ佐賀弁)
私も路面電車好きです。昨年長崎に行ったときには、数分待てばすぐ乗れるので、本当に便利な乗り物があるもんだと思いました。しかし、popさんとの一番の違いは、乗り潰しまではしなかったことですね。滞在が丸一日しかなかったこともあり、あちこち観光に行くときの足として使っていました。郡山にも欲しいなあ。
Posted by 郡山人 at 2018年06月04日 21:51
>郡山人さん

僕も乗ったときは水戸岡デザインだとは気づかず,変わった内装の電車だなあと思っていたのですが帰ってきてから調べてみてびっくり。長崎電軌にまでとは!

長崎,熊本,鹿児島いずれの路面電車も数分に1本あってすごく使い勝手が良かったです。郡山くらいの規模の街ならあっても不思議ではないのですがね。
Posted by poptrip at 2018年06月05日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: