2018年06月07日

ああ,憧れの軍艦島【後編】

軍艦島といえば

池上遼一先生の名作「男組」にでてくる

のと5.jpg 

この島。
ポパイも南条五郎もこの島で亡くなった(あ,漫画の中のハナシねw)。


そして,能登半島にある

のと3.jpg
2008年3月(当時のガラケーで撮った写真なので・・・)

この見附島が有名だったのだが(オレの中でねww),

いま最もメジャーな軍艦島である長崎県の端島。世界遺産である。

そして,僕は今まさにいよいよ上陸しようとしていた。


s-IMG_5268.jpg s-IMG_5272.jpg

300円の別チケットをここで回収されます。いろんな事情でこういうシステムになってるんでしょう。
まいいんだけどさ。

s-IMG_5273.jpg

ドルフィン桟橋を渡って上陸する。

s-IMG_5349.jpg

s-IMG_5345.jpg
閉鎖されている坑道

s-IMG_5344.jpg[
支柱だけが残ったベルトコンベアと奥には端島中学校,左奥は65号棟

s-IMG_5353.jpg

当時としては珍しい高層の学校。東京でもこんなハイカラな学校は当時なかったそうだ。

文化的には炭鉱の全盛期には文化的にも最先端を行っていたのがこの端島(軍艦島)だったのだ。当時まだほとんど普及していなかったテレビのある家庭も多かったという。

s-IMG_5330.jpg
高台に建つ貯水槽 灯台はこの島の閉鎖後に設置されたもの

s-IMG_5316.jpg


s-IMG_5299.jpg
30号棟アパート

1916年(大正5年)に建てられた30号アパートは,日本最古の7階建て鉄筋コンクリート造の高層アパートといわれています。鉱員社宅として建設され,内庭には吹き抜けの廊下と階段があり,地下には売店もありました。(パンフレットより抜粋)

軍艦島はほとんど毎日のように姿を少しずつ変えている。

s-IMG_5319.jpg

この学校↑の屋根が崩壊し始めているのだが,真ん中部分は数か月前に壊れ,端の部分が崩壊したのはほんの1ヶ月前だそうだ。パンフレットの写真では屋根がきちんと残っているんだよ。

そして,この軍艦島の遺産をこのまま保存することは現在の技術では不可能なのだという。熊本城でも思ったのだが金で解決できないことがたくさんあるんだ。科学はある分野では飛躍的に進歩しているけれども金にならないような技術にはやはり研究予算がつきにくいんだろうと想像される。耐候性のある接着剤などで固めてしまえばいいんじゃねなどとも思うわけだが,思いっきり日本海の荒波と台風による強風を受けるこの過酷な環境ではなかなか難しいんだろうと思う。
たぶん訪れるたびに少しずつ風景が変わるんだろうな。また何年後かに訪れてみたいところではある。ただ,ヨメとかはこういうの全く興味がなさそうだしなあ。実際僕の同行者もここの行きたかったのだがヨメに反対されていくことができず今回念願かなって上陸し出来たということでかなり喜んでいた。僕のアテンドは完璧なのだ(笑)



上記動画は第一見学所から第二見学所の間の一部を僕が撮影したものだが,Googleは長崎市の協力を得て立入りが禁止されているエリアを含め島全体を歩いて撮影し,その映像をもとに作成されたストリートビューを見ることができる。

https://www.google.com/maps/@32.628992,129.7386134,3a,75y,80.06h,112.95t/data=!3m6!1e1!3m4!1sW9OeMqdw-o94Il7EoQWSFw!2e0!7i13312!8i6656

そして,帰りにはうれしいサプライズ。
ガイドさんが,「あっちにイルカが見えますよ!」と。

慌てて撮った写真には残念ながらイルカの姿は写っていなかったが確かに僕は肉眼でイルカを見た(と思うww)。

s-IMG_5363.jpg
あの波しぶきがイルカ(のはず)

s-IMG_5372.jpg

軍艦島が見えなくなってもちょっとした観光スポットをガイドしてくれる。

s-IMG_5404.jpg
小菅修船場(国指定史跡)

1868年(明治元年)12月に完成した日本初の西洋式ドックである。小松清廉や五代友厚、トーマス・グラバーらが計画して造られた。翌年、明治政府が買収し、長崎製鉄所の付属施設となる。所長は平野富二。1884年(明治17年)、三菱所有となり、現在の三菱重工業長崎造船所の礎となる。
1969年(昭和44年)に国の史跡に指定。2009年(平成21年)1月、「九州・山口の近代化産業遺産群」の一つとして世界遺産暫定リストに追加掲載され、2015年に「明治日本の産業革命遺産_製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として世界遺産に登録された。
(wikipediaによる)

実はここ,前回来た時に陸の方から見物に来たことがあり当時はまだ世界遺産でもなくなぜこんなマイナースポットを訪れていたのかよく覚えていないのだけれど・・・。

P1140208.jpg P1140207.jpg
2010年9月撮影

そしてさらに陸が近づいてくると「あのあたりがグラバー園ですよ〜」って教えてくれるのだけれど

s-IMG_5406.jpg
(たぶん)グラバー園あたり

こうして僕の今回の旅のメインイベントである7年越しの軍艦島上陸ツアーは,大団円を迎えたのであった。





【お散歩・お出かけ(県外)の最新記事】
posted by poptrip at 19:50 | Comment(4) | お散歩・お出かけ(県外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ですよね〜
軍艦島といえば男組

ポパイ〜(T_T)
Posted by Herr Katze at 2018年06月08日 01:35
天気が良くてよかったね。写真が素晴らしい。行ってみたくなりました。
Posted by uchidaholic at 2018年06月08日 08:15
>Herr Katzeさん

おお!あなたもアレを読みながら涙を流していたクチですか(涙が出るのは目なんだけどw)。
岩瀬が死んだとき,大杉が死んだとき・・泣きましたなあ(もちろん連載中にリアルタイムで読んでいたわけではありませんが)
僕の中ではベスト20に入る漫画かもしれません(どないやねん)
池上先生だと「サンクチュアリ」もあるしなあ・・・
Posted by poptrip at 2018年06月08日 22:00
>宇さん

前日は雨だったのですが当日はこんなに晴れて。
マジでよかったっす。4000円くらいするのですが充分その価値はあると思います。
Posted by poptrip at 2018年06月08日 22:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: